スタッフブログ

新米APの〝つれづれ螢草日記〟 その二「初めての記者試写」

 

7月18日(木)に『螢草 菜々の剣』の「記者試写」が行われました。

記者試写とは、記者の皆さんに放送よりひと足早く内容をお披露目する場です。

 

新米APとしてもお松自身としても初の記者試写体験でした。

今回はその模様をお伝えします!

 

上映後、大きな拍手と共に登場する菜々役・清原果耶さん、市之進役・町田啓太さん。

清原さんはとても17歳とは思えないくらいしっかりした受け答えをしていました。

 

kisya001.jpg

華やかな会見の光景を前に「これテレビで見たことある」と感動するお松。

 

kisya002.jpg

 

会見後は写真撮影が行われましたが、やはり絵になるお二人。

一瞬の隙も逃さぬようにたくさんフラッシュが焚かれました。

 

しかしどの瞬間を切り取っても素晴らしいので、さすがとしか!

普通なら眩しくて半目になりそうなのに……!

 

終了後、二人は「北村さんの話もしたかったなぁ」と話していました。

 

設定上話して良いのか迷って、結局は話す機会を逸してしまったようなのですが、

このドラマで非常に重要な立ち位置となる轟平九郎を演じた北村有起哉さんのことが

大好きな二人は、話したくてたまらなかったようで。

 

「質問があったらね」

「話せたかもなぁ」

 

と残念そう。

菜々、市之進とそれぞれ大きく絡むことになる轟平九郎と、

その轟を演じた北村有起哉さんの存在感は、撮影現場で見ていてもそれ程凄まじいものでした。

 

第一回でもここぞという場面で登場しますのでぜひ御覧ください!

 

撮影中はゆっくり話せるタイミングがなかったため、

今回の記者会見でようやく落ち着いて話ができたようなのですが、

見ている方も顔が綻ぶほど仲良さそうに話していました。

子どもたちや佐知さんも含め風早ファミリーで培われた絆は、撮影を終えても健在です。

 

記者試写では、爽やかな時代劇だったという声も聞かれました。

あらすじを読んだだけでは重い話のように思われるかもしれませんが、

題名の通り、優しい風が吹くような物語となっております。

 

それはひとえに清原果耶さん、町田啓太さんをはじめとしたキャストの皆さんが作る雰囲気のおかげです。

 

初めて携わった作品がこうして完成を迎えて、

多くの方々の目に触れる様子を見ることが出来たのは、本当に感慨深かったです。

お松は嬉しすぎて、出ている記事すべてブックマークしました。

 

清原さんと町田さんの会見の様子はこちら!

<会見動画公開中!>

hotaru_kisyasisya.jpg

投稿者:スタッフ | 投稿時間:14:00 | カテゴリ:螢草 菜々の剣

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ