スタッフブログ

AP・Kの惜しいブログ ♯1

皆様はじめまして!

アシスタントプロデューサーのKと申します。

 

プレミアムドラマ「おしい刑事」が、

いよいよ5月5日(日)夜10時スタート!

 

今回は主な登場人物と、

撮影現場の裏話をお届けいたします。

 

 

主な登場人物

押井 敬史(おしい たかふみ)

宇戸橋警察署 刑事課強行犯捜査係 刑事。

ずば抜けた推理力で華麗に犯人を追いつめるが、

あと一歩のところで必ず推理を間違えてしまう。

出世知らず、彼女おらずのとことん惜しい”刑事

 

そんな押井を演じるのは風間 俊介さん。

押井のトレードマークであるこのインバネスコート

oshii1.jpg

クランクインを前に行われた衣裳合わせで

ずらっと並んだインバネスコートを目にした風間さんは若干引き気味…!?

それでもスタッフとああでもないこうでもないと相談を重ね、

このデザインに決定いたしました。

 

独特な衣裳に身を包んだ風間さんを見て

思わず失笑してしまうスタッフもいるなか、撮影は無事にスタート。

実はクランクイン一発目に撮影したのが、いきなり最終局面の推理シーン。

スタッフも探り探りで撮影を進めるなか、

風間さんはまるで原作の小説から飛び出してきたかと錯覚するほど

ばっちり押井のキャラクターを掴み

スタッフの想像すら超えるほどの熱演ぶりとハマりっぷりで、

ひたすら驚いたのを覚えています。

回を増すごとに更に完成されていく押井をお楽しみに…!

 

 

横出 徹(よこで とおる)

oshii2.jpg

刑事課強行犯捜査係 刑事。

出世に興味がなく、仕事よりも合コンを優先することもしばしば。

「~っす」が口癖のTHEゆとりだが、どこか憎めない男。

 

モテ男な横出を演じるのは犬飼 貴丈さん。

初の刑事役だそうで、ご本人もわくわくしたご様子。

 

現場では風間さんのあとをてくてくとついて行く犬飼さんをしばしば目撃し、

その和やかな光景に癒されていました。

しかし風間さんいわく、「撮影が3日間くらい空くと関係性がリセットされてしまう」ほど

人見知りだという犬飼さん。

このエピソードには思わず私も笑ってしまいました。

今ではすっかりキャストの皆さんやスタッフとも打ち解け、

現場を楽しんでくださっているように感じます。

 

灰田 絵奈(はいだ えな)

ishi1.jpg

刑事課強行犯捜査係 刑事。

8カ国語を操るバイリンガルで、国際犯も担当する。

ある事件に巻き込まれた過去をもつ。

 

ツンデレでクールビューティーな灰田を演じるのは石川 恋さん。

劇中では硬い表情が多いですが、

カットがかかると笑顔の絶えない石川さん。

そのころころした笑い声に現場は癒されています。

 

また、真面目な性格の灰田らしくひとつ結びが多い石川さんですが、

髪をほどいたシーンも度々ございます。

その艶やかでさらさらなストレートヘアに

現場の男性陣がざわつくほど印象がガラリと変わるのも

今作品のみどころの1つです!

 

 

長宗我部 正善(ちょうそかべ まさよし)

oshii4.jpg

議員。

3年前に押井が追っていた事件の容疑者で、

押井が広報課に異動になった原因をつくった男。

 

どこか怪しい雰囲気を放つ長宗我部を演じるのは鶴見 辰吾さん。

時にはご自前の自転車で現場へ向かうこともあるというほど、

アクティブな鶴見さん。

優しい笑顔も、撮影本番になると一気に渋い表情に。

コメディ要素が強い今作品を、

キュっと引き締めてくださっています。

押井との間に何があったのか…徐々に明らかになる過去についても、

ぜひご注目ください。

 

 

伊多田 清(いただ きよし)

oshii5.jpg

刑事課強行犯捜査係 係長。

押井の直属の上司だが、捜査は常に他力本願。

上司へのごますりにしか精を出さない、頼りがいのない男

 

プライドゼロの伊多田を演じるのは板尾 創路さん。

板尾さんの独特な間のとり方や、

ときにアドリブで放つワードはやはりセンス満点

カメラが回っていてもおかまいなしに吹き出してしまいそうなほど

こみあげてくる笑いを我慢するのに必死でした。

緊迫したシーンの後でも伊多田が登場するとなんだかほっとするような、

頼りなくとも温かみのあるキャラクターを見事に演じきってくださっています。

 

 

榎下 主税(えのした ちから)

oshii6.jpg

刑事課鑑識課 巡査部長。

仕事を確実にこなし、信頼できる人柄。

押井と灰田の過去を知る人物でもある。

 

今作品一まともと言っても過言ではない榎下を演じるのは佐野 史郎さん。

優しくおだやかで頼もしい榎下のキャラクターは、

まるで佐野さんご本人の人柄がそのまま反映されたかのようです。

 

撮影の合間には若いキャストの皆さんと演技について語り合う場面もあり、

まさに頼れる兄貴といった様子でした。

 

「縁の下の力持ち」をもじって生まれた榎下 主税という名前どおり、

今作品を支えていただいています。

 

以上、主な登場人物のご紹介でした!

この他にも、各回個性豊かなゲストが登場しますので、

どうぞお楽しみに!!!

 

最後にもう一度放送日のお知らせです。

記念すべき第1回は

月5日(日)夜10時~10時49分 BSプレミアムで放送です。

少し遅い時間にはなりますが、

ぜひリアルタイムでご覧ください!!!

 

さて、今さらながら「このブログタイトルは何?」と思った方もいらっしゃるでしょう。

このブログタイトルはプロデューサー自ら命名し、

「毎回Kの惜しいエピソードが欲しい」というご要望にお応えした次第でございます。

次回より、私の惜しいエピソードもほそぼそと綴らせていただきますので、

乞うご期待…!(?)

 

長々と書いてきましたが、

お楽しみいただけましたでしょうか?

まだまだ撮影現場の裏話等発信していきますので、

今後ともご愛読のほど、何卒よろしくお願いいたします

 

HPトップは→こちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:おしい刑事

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ