スタッフブログ

クロスロード3 群衆の正義 スタッフブログ♯1

 皆様、お待たせいたしました。

 熱い声援とご期待の声に応え、人気ドラマシリーズ「クロスロード」が第三弾『クロスロード3 群衆の正義』としてBSプレミアムに帰って来ます。これもひとえに「クロスロード」を視聴して頂き、応援して下さる皆様のお陰です。本当にありがとうございます。

 『クロスロード3 群衆の正義』は12月2日(日)夜10時スタートとなっており、放送開始まで一ヶ月を切りました。放送までに、皆様に本作の魅力を伝え、より多くの方に見て頂きたいと思っております。

 ということで、アシスタントプロデューサーの伊藤が様々な番組の情報を発信していきます。よろしくお願いいたします。

 

 今回はスタッフブログ第一弾、ということで先日行われました、『クロスロード3 群衆の正義』の記者会見の様子をお伝えしたいと思います。

 

 記者会見はNHK内で行われました。当日は私も準備で朝からNHKにてバタバタと動いておりましたが、気になるものがあり、足を止めて写真を撮りました。それがこちら。

 S__9093147.jpgS__9093148.jpg

 NHK内では現在放送されている番組や近く放送される番組がピックアアップされ、館内の液晶画面に映るようになっています。記者会見を機にいよいよクロスロードもこの画面に映しだされました。

 ここに来るまで長かった…何せ撮影が今年の春先でしたので、完成してから放送まで半年程の時間があったのです。遂にここに辿り着いたという感無量の想いを抱きながら会見の準備を進めます。

 

 会見に登壇して頂くのは、舘ひろしさん、神田正輝さん、志田未来さん、神田穣さんの四名です。私は皆さんをお部屋へお連れする役目でしたが、迷路のような施設ですので迷わないように進むだけで大変です。支度が済んだ後はいざ会見場へ。当日は沢山の報道陣の方にお越し頂き、非常に盛り上がった会見となりました。

 DSC_6960_1107N.jpg

 

 舘さんは「ネットのことが全くわからないが、わかったふりをして捜査している私を見て下さい」と会場を笑わせてPR。数年前に民放のドラマで共演した志田さんの印象について「それ以来、師匠と呼んでいます。神田(穣)も引っ張られていい演技をしている。自分もお芝居がうまくなった気になっちゃった」と語り、会見は更に盛り上がります。

 続いた神田正輝さんも、志田さんを「師匠!」と絶賛しながら、「ネット社会は顔が見えないのが怖い。ただ私はネットに疎遠な世代なのであまり詳しいことは聞かないで下さい」と作品のテーマを交えてPR。こちらも報道陣を笑いに包みました。

 志田さんは「舘さんの愛のあるいじりや神田さんの優しさに助けられた」とあいさつ。「師匠」と呼ばれていることについては「冗談ではなくて本当に現場でも呼ばれていて、“なんでこのタイミングでそう呼ぶのー!”ということもあり本当に困っていました」とエピソードを語って下さいました。

 神田穣さんは「クロスロード 声なきに聞き形なきに見よ」で俳優デビューして以来、シリーズに続けて出演。「成長した姿を見せたい」と緊張気味に意気込みを語り、舘さんから「志田さんと神田穣のラブシーンが見所です」とアピールポイントを指摘されていました。志田さんと神田穣さんのラブシーンは第三話に登場します。是非注目して下さい。

 

 当日は登壇されていませんが、他にも風間俊介さん、SixTONESの松村北斗さん、橋本マナミさん、徳重聡さんなど話題のキャストが多く出演されております。他のキャストの方々についても今後ブログで紹介していきたいと思います。

 

 無事に会見も終わり、皆様に番組を届ける体制が整いました。ネットニュースや新聞でその様子をご覧になった方もいらっしゃると思います。

 いよいよ12月2日(日)夜10時スタートです。皆様是非楽しみに待って頂ければと思います。

 それまで、このブログでもドラマの裏話など発信して盛り上げていきたいと思います。「面白そう!このドラマ見てみよう!」と思われた方は是非周りの友達や親戚の皆さんにも宣伝して下さい。後悔させない面白さを約束いたします。

 

 それではまた第二回のスタッフブログでお会いしましょう!See You Next Time!

『クロスロード3 群衆の正義』をよろしくお願いいたします!

 HPトップは→こちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:クロスロード3 群衆の正義

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ