スタッフブログ

BS時代劇「鳴門秘帖」今回のみどころ #3

BS時代劇「鳴門秘帖」プロデューサーのYです。

BS時代劇「鳴門秘帖」は、毎週金曜20:00~BSプレミアムで放送中です!

 原作・吉川英治。主演・山本耕史。幕府転覆計画を記したとされる鳴門秘帖を巡る争奪戦‼!江戸から大阪、そして阿波へ……ロードムービー感覚のスパイアクションと、波乱のラブストーリーが展開されます。是非ご覧ください!!!

 今回は龍ヶ崎のセットとともに、「鳴門秘帖」の重要な舞台となるオープンセットのお話です。

「鳴門秘帖」は、茨城県つくばみらい市にあるワープステーション江戸のオープンセットにて撮影されています。

大河ドラマをはじめ数多くの時代劇が撮影され、つくばみらい市の観光地のひとつでもあります。
naruto04241.jpg 広大な敷地には、江戸時代の町家の街並みや生活感あふれる長屋、旅情たっぷりの旅籠、そしていまにも戦国武将が現れそうなお城などなど……まるでタイムスリップしたような体験ができます。

ぜひ、お出かけください。

1月下旬にワープステーション江戸からスタートした「鳴門秘帖」の撮影ですが、ここで私たちスタッフ、キャストを和ませてくれたのは、小さな黒猫でした。

首輪はつけていましたが、名前も?愛嬌があるわけでもなく、ただ、私たち撮影隊が動き出すと必ず横切っていきました。それに写真を撮ろうとすると嫌がりました。(私が下手なだけかもしれませんが)

ワープステーション江戸にお出かけの際は、この黒猫のことも思い出してみてください。

 naruto04242.jpg

  さて、時代劇ならではの撮影といえば、オープンセットでの夜の撮影が挙げられます。

電気がなく街灯もネオンもなかった江戸時代は、夜になれば真っ暗闇でした。その闇の中を蠢く人間たちこそ「鳴門秘帖」の登場人物たち。その吐息を伝えるために、全スタッフ・キャストの英知が注がれました。

古き言葉に、「闇あればこそ、光は引き立つもの」とあり。我らが主人公・弦之丞をめぐる女たち男たちは、闇となり光となって物語を展開します。

naruto04243.jpg

 BS時代劇「鳴門秘帖」(連続10回)

毎週金曜20:00~BSプレミアムで放送です。 

BS時代劇「鳴門秘帖」公式ホームページはこちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:50 | カテゴリ:鳴門秘帖

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ