スタッフブログ

『弟の夫』ノート ~おとうとのおっとのおと~ #3 「音楽の、阿南亮子です。」

今回のオリジナル劇伴音楽を作曲・演奏された、阿南亮子さんから、メッセージをいただきました!

以下にご紹介します。

 

×  ×  ×  

 

こんにちは。

音楽を担当させていただきました、阿南亮子と申します。

 

打ち合わせから完成までを振り返り、

色々な感情が駆け抜けていきましたが、

その多様な色彩を一言で表現するなら

「幸せ」

だったなと思います。

 

繊細なテーマを扱った作品でしたので、

音楽作りに際し台本をいただいた時は、

「注意深く内容を読み取り、

大切なメッセージを見落とさないよう、よく考えて作曲しなければ」

と力んでいたのですが、本を開き、

弥一、マイク、夏菜、みんなと出会い、

読了する頃にはすっかり「弟の夫」の世界で夢中で感情体験をしていました。

そうすると、自分と「弟の夫」の間に、命の交流が生まれ、

私見で恐縮ですが、

登場人物みんなが、馴染みの大切な人達に感じ、

自然なタイミングで曲が形になっていける予感がしました。

つくづく、

このようにして曲作りさせていただけることを、ありがたく思います。

 

実は今回、テレビドラマでは初めて、

「編集作業」にも同席させていただいたのですが、

こちらも深く心に刻まれる経験となりました。

音楽における編集作業では、実際のドラマ映像を観ながら、

曲の方向性や長さなどを確認し、調整していきます。

 

その作業中、私はドラマ「弟の夫」に大感動し、

(それまでにも何度かみていたのですが)

またもや新鮮に泣いてしまい(こっそりですが笑)恥ずかしく思っていたところ、

なんと、まわりの制作スタッフみなさまも涙されていて。。

 

このように一流のプロフェッショナルの皆様が集まって、

本気で、とても愛情深く丁寧に作品が作られていることを目の当たりにし、

改めて、心が震えました。

 

そんなたくさんの愛が詰まった、ドラマ「弟の夫」

otouto0315_1.jpg

あさって日曜はいよいよ最終回です。さみしいです。このさみしさで1曲できそうです(笑)

ですがみなさま、もちろん、必見でございます!!

これほどの優しい眼差しの中で、物語はどこに向かっていくのか。

 

そしてこの度生まれた音楽は、

ドラマ「弟の夫」から

ご縁のあるすべてのみなさまへの、ラブソングなのだと感じています!

(勝手な発言ばかりを、お許し下さいませ。)

 

それでは長々と乱文失礼しました。

 

最終回を、どうぞお見逃しなく!!

 

『弟の夫』最終回は、18日(日)夜10時から。 

プレミアムドラマ「弟の夫」公式ホームページはこちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:17:50 | カテゴリ:弟の夫

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ