スタッフブログ

夫がUFOに遭遇したら、妻はどうする!?【我が家の問題】★1

どんな家にだって、ひとつやふたつ、問題はある。
そう、たとえどんなに幸せそうに見える家でも、ね。

端から見れば些細なことも、当人にとっては大問題!
そんな「我が家」のアレコレを、オムニバスでユーモラスに描き出していくのが、プレミアムドラマ『我が家の問題』です!

原作は、女性に人気の作家・奥田英朗さんの短編小説集。
ある4つの家族に巻き起こる、ささやかで、時にバカバカしく、だけど本人たちにとっては切実な出来事を、全4話でお届けしていきます。

1話ごとに1家族、つまり全4話で4家族が描かれるのですが、
主人公はなんと、水川あさみさんお一人!

wagaya_0129a.jpg

事情も、状況も、境遇も、問題も、まったく違うそれぞれの妻を、水川さんが1人4役で演じています。

毎回、違った“若妻キャラ”に扮する水川さんの演じ分けは、このドラマの大きな見どころです。そして、夫を演じる俳優陣も個性派揃いなのです。

「夫役は、水川さんとペアになった時のギャップや、面白さを考慮してお願いしました」

とは、制作統括の管原浩プロデューサーのお言葉。
ということで第1回の夫役、小泉孝太郎さんをご紹介します!!

wagaya_0129b.jpg

文句なしの頼れるイケメン…な小泉さんですが、第1回はそんな小泉さんが「会社からの帰り道でUFOを見た」と、すごいことを言い出すのがはじまりです!!!

wagaya_0129c.jpg

平良英プロデューサーは
「特にこれといって事件が起きるわけじゃなくて」
と、のんびり話していましたが、いや、いや、いや。

夫がいきなり、UFOだの宇宙人だのと言い出したら、家庭にとっては十分に事件ですからっ! なにそれ、怖い。
リアルにそんなことがあったら笑えないと思うのですが、撮影現場は、笑いに満ちあふれていたようです。

特に、小泉さんが自らアイデアをひねり出した「UFOを呼ぶポーズ」には、水川さんも大爆笑。
思わず、撮影が止まってしまったとか…(笑)

撮影の合間に、あーでもない、こーでもないと、UFOを呼ぶポーズを真剣に考え続ける小泉さんを想像すると、ちょっと面白いですよね。

記者発表で水川さんが言っていましたが、小泉さんはいつも現場に来る時も、帰る時も、イメージ通りの「爽やか」「まじめ」な印象。
その小泉さんがUFOを呼ぶというギャップが、周囲の笑いを誘っていたのでは…。

ちなみに平プロデューサーによると

「UFOを呼ぶシーンの撮影中、小泉さんと夜空を見上げたら、静止した光点が横に3つ並んでいるではありませんか。しばらく小泉さんと凝視していたのですが、飛行機にしては動かないし、特に建物もないし、何なのだろうと不思議に思っていました」

とのこと。いやいやいやいやいや、マジですかそれ。
もしかしたら小泉さんが、本当に「UFOを呼ぶポーズ」を完成させてしまったのかもしれません…?!

wagaya_0129d.jpg

ある日、真面目だった夫が、妙なことを言い出した。
平凡だった毎日が変わっていく? 崩れていく?
いきなり降ってわいた「我が家の問題」に、妻はどう対処するのか…。

突拍子もないようで、実は身近でリアル。
甘くないけど温かい家族ドラマ「我が家の問題」は、2月4日(日)、BSプレミアムでスタートします。

夜10時からの第1回をどうぞ、お楽しみに!!!

あ、言い忘れてました。
生活感がハンパない、美術さん渾身の「社宅」も必見ですよ!

 


プレミアムドラマ『我が家の問題』
放送予定:2018年2月4日(日)スタート
BSプレミアム 毎週日曜 よる10時から10時49分(全4回)
原案:奥田英朗
脚本:飯野陽子 矢澤春樹
音楽:新井誠志 きだしゅんすけ
出演:水川あさみ
小泉孝太郎(1回)、大谷亮平(2回)、勝地 涼(3回)、小池徹平(最終回) ほか
制作統括:管原浩(NHK)、平良英(パオネットワーク)
演出:萩生田宏治

⇒『我が家の問題』番組ホームページ

投稿者:スタッフ | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:我が家の問題

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ