スタッフブログ

朗読の友☆ブックカバー!「この声をきみに」ブログその4

スタッフの上田です。
今週金曜日は、いよいよ最終回!!
放送をより深く!細かく!楽しんでいただくために
今日は「灯火親」メンバーのブックカバーをご紹介します。

「灯火親」のレッスンでは、朗読にぴったりの詩や小説がおさめられたアンソロジー本を
生徒たちが思い思いのブックカバーに包んで使っている、という設定です。
このブックカバー、美術スタッフが気合を入れて集めた70種類以上の中から
ひとりひとり、イメージに合ったものを選んでいきました。

【京子】
kyoko1.jpg

白地にお洒落な模様が浮かび上がっています。
これ実は、革でも布でもありません。「壁紙」です。
壁紙で作った、ブックカバーなんです。
シンプルで美しく、だけど人を寄せ付けない。
京子の複雑で繊細なイメージを求めてたどりついた特注品です。

 

【孝】

2.jpg

シンプルな茶色の革のカバー。
教室に通うと決めて、慌てて買いに行ったんでしょうか。
表面に刻まれた傷は、孝の成長の証!

 

【実鈴】
3.jpg
可愛らしいピンクのカバーは、
いくつもの布やレース、チャックを縫い合わせたスタッフの手作りです。

 

【雄一】
4.jpg
ブルーとイエローのストライプ。
爽やかさと可愛らしさが同居した、教室のアイドルにぴったりです。

 

【喜巳子】

5.jpg
そこにいるだけで、パッと場が明るくなる喜巳子さん。
ブックカバーも華やかです。

 

【絵里】
6.jpg
クールなようでいて情熱的な絵里は、シックな色合いと大胆な模様のカバー。
この模様、“殻が解けて本能が溶け出して”いるようにも見えたり…

 

【泰代】

7.jpg
シンプルな革に、ポケットがひとつ。
孝のカバーと、ちょっと似てますね。
泰代らしい色合いを求めて、スタッフが染めました。

 

【邦夫】
8.jpg
船乗りらしく、世界地図!
愛称クニーのアップリケ「Kunny」か「Kuny」か悩んでいたスタッフに
邦夫さんご自身が一言、「Knyでいいでしょ!」豪快!

 

【佐久良】

9.jpg
最後は佐久良先生。クロコダイル柄の、黒の革。大人です。
使い込まれた年月を、革の柔らかさ、ツヤで表現しています。

個性がにじむ皆のカバーも、17日(金)で見納めです。
最後まで、応援どうぞよろしくお願いいたします!!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:19:44 | カテゴリ:この声をきみに

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2022年

開く

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ