スタッフブログ

『4号警備』ウラ話#3 「上野役・阿部純子さんよりメッセージ!」

 

はじめまして!上野由宇役の阿部純子です。

土曜ドラマ『4号警備』第2話
ご覧いただいてありがとうございます。
皆さん、いかがでしたでしょうか? 
image_abe.JPGのサムネイル画像
少しだけわたしもブログを書かせていただくことになりました!
どうぞよろしくお願いいたします。(*^_^*)

第2話、
4号警備の朝比奈と石丸が担当することになった事案である、
苛烈なストーカー被害。

撮影前に、
被害を受けた方々のお話を資料で読ませていただき、プロの4号警備の方に実際の警護体験をお聞きしました。
また、ストーカー被害者・加害者のカウンセリング・支援をされている、小早川明子さんに直接お会いして、お話を聞かせていただきました。小早川さんのお話はとても印象的でした。

ドラマでも描かれていましたが、
SNS絡みのストーカー相談は近年増えているそうです。
SNSの場合、想いばかりが先走り、その欲求の矛先がそのまま相手に向けられてしまいます。そのため、一度も面識がないのに、殺意にまで至るストーカーが生まれているようです。

実際に演じてみると、正体不明のストーカーにつけられている感覚は、
人として極限状況にまで追い込まれてしまうように思いました。

一体、誰を信じていいのか分からない、
そんな気持ち。

仕事中も家にいる時もこんな疑念にかられていたら
誰だって気力が失われてしまうと思います。

yongou2_ueno3.PNGのサムネイル画像

「二人が傍にいてくれるから、ほんと、安心して外を歩けるよ。」
ピンと張っていた糸が緩んでいくシーンでの一言が印象的でした。

こういったストーカー被害に悩まされる方々の
最後の防波堤として「4号警備」のお仕事がある、ということを
はじめて知りました。

4号警備は、身の安全だけでなく、
人の笑顔を守る仕事なのですね。

銃は持てない、攻撃できない、そういうなかでも、
身を挺して被害者を守ってらっしゃる4号警備の方々に、本当に頭が下がる思いです。


そして第2話のミソは、
やはりこの方ではないでしょうか。

yongou2_ogawa.PNGのサムネイル画像
ストーカー犯小川役・スピードワゴンの小沢一敬さん

演じている時はものすごく怖いんですけど、
カットがかかるとすぐ、こちらに駆け寄って
「怪我はないっ!? 」と気遣ってくださる小沢さん。

役柄との落差に、思わずほころんでしまいました。m(__)m


こんな面白い小沢さんだけれど、
実は、加害者側にも、孤独感があるから
そういった行為に出てしまったんですよね・・。

さて、
こうして助けられた上野は
これから前を向いて生きていくことができるのでしょうか。

第3話以降も、
ぜひご覧になってください!(^O^)
yongou2_ueno.PNGのサムネイル画像
それでは、みなさん良い週末を!

阿部純子

        ×   ×   ×

皆さんこんばんは。番組プロデューサーの須崎です。

阿部さんのメッセージにもありましたが、
私たちは今回、この第2話を構想するにあたり、ストーカー問題に取り組むNPOの代表・小早川明子さんに、取材をさせていただきました。

小早川さんは、ご自身もかつてひどいストーカー被害に遭っており、その時に経験したこと、そして自分がそれを乗り越えた事を拠りどころにして、ストーカー被害に遭っている人たちの相談やカウンセリングを行っています。さらには、ストーカー加害者への接触や面談をも実施しています。
「加害者のことを知らなければ、ストーカー問題の本質は見えないです。彼ら、彼女らがストーキングをやめようとしなければ、被害はなくならないと思うから」とおっしゃっていました。

壮絶なストーカー被害に遭った上野由宇。心に深い傷を負ったであろう彼女は、どのようにして克服して行けば良いのか。小早川さんに伺ったところ、こんな答えが返って来ました。
「“被害者である”ということから、まず脱していかないと」

上野は次の第3話で、心機一転を図ろうとします。彼女がこれからどうやって生きて行くか。朝比奈、石丸とともに、どうか見守っていてください。


土曜ドラマ『4号警備』、
第3話は、22日(土)夜8時15分から。

今度はブラック企業の社長を警護します。
yonngou_nakayama2.jpgのサムネイル画像
ゲストは、久々のドラマ出演となる中山秀征さん

お見逃しなく!
http://www.nhk.or.jp/dodra/yongou/


投稿者:スタッフ | 投稿時間:20:39 | カテゴリ:4号警備

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ