スタッフブログ

「百合子さんの絵本」 ♯6ストックホルム取材③―スウェーデンの夏至祭(げしさい)を再現??

薬師丸ひろ子&香川照之出演。終戦スペシャルドラマ 「百合子さんの絵本~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争~」  予告編がHPで絶賛公開中。(ホームページは、こちらです)  放送は、7月30日(土)夜9時~10時30分です。

hyousi-yuriko.JPG

私たちが、ストックホルムに下見に行ったのは、ちょうど1年前の今ごろでした。最初の計画では、6月20日前後に行く予定だったのですが、現地のコーディネーターに問い合わせたら、「その時期はダメです。来て頂いても仕事になりません。市内には誰もいないし、殆どの人が仕事をしませんから」と言われました。もちろん私達は「???」訳が判りませんでした。

その理由は、これです。

gesisai3-yuriko.JPG

夏至祭(げしさい)です。夏至は、1年の間で最も日照時間の長い日です。それは、日本も北欧のスウェーデンも変わりません。ただ、北欧の人達にとって、夏は特別です。というのも、北欧の冬はほとんど日が照らないからです。(例えば12月。朝は9時ごろから明るくなり、その後はずっと斜陽が続き、昼の3時には暗くなり夜となるそうです)

gesisai4-yuriko.JPG

北欧特有の長い冬が終わってようやく春となり夏を迎えた頃、花々や木々が一斉に芽吹く瞬間、スウェーデンの人々は生命の豊かさを実感します。雪と氷に閉ざされた無色の世界が、太陽の光が燦々と降り注ぎ花々が芽吹く事で急にカラフルな世界に変わる・・・いわば「光の季節」の到来を歓ぶスウェーデン人の歓喜が絶頂に達する時…、それがこの「夏至祭」です。

gesisai1-yuriko.JPG

夏至祭は、聖ヨハネの日である6月24日に一番近い週末に行われます。広場にシンボル的存在であるポールを建て、花や木の葉で飾りつけます。祭りが始まると、このポールの回りに民俗衣装をまとった人々が集まり、フォークソングを歌って踊って…、疲れたら食事をしてお酒を飲んで語らい…宴は延々と深夜まで続くといいます。

gesisai2-yuriko.JPG

 

 

 

(⇔夏至の精)

 

 

私たちが描く小野寺百合子さん(薬師丸ひろ子)は、1941年の6月にストックホルムにやって来た、というのが史実です。もしかすると、百合子さんはストックホルムに着いた時に、いきなり「夏至祭」に遭遇したかも知れません・・・。というような事を考えて、ドラマの中でも少し「夏至祭」を描く事にしました。1940年代、人々はどんな民俗衣装を着て夏至祭に参加していたのか?どんな音楽を奏でていたのか?食事は?飲み物は??ストックホルムの様々な人たちのご協力を得て、少しだけその当時の「夏至祭」を再現しています。どんな風に描いているかは、お楽しみに!!

sityousaya-yuriko.JPG

さて、みなさんに嬉しいお知らせが。主人公の小野寺百合子を演じる薬師丸ひろ子さんが、7月22日(金)の「スタジオパークからこんにちは」(13:05~)に出演します。このドラマに賭けた思いなどもたっぷり話していただく予定なので、是非ともご覧ください。

posuta-yuriko.JPG

『ムーミン』など児童文学の翻訳者として知られた小野寺百合子。その原点には、今まで決して語られる事のなかった過酷な戦争体験があった…。

陸軍武官として諜報の最前線を生きた夫・小野寺信と共に、北欧スウェーデンを舞台に繰り広げられた命がけの情報争奪戦の中で、彼女が見たものは??

第二次世界大戦のヨーロッパを舞台に繰り広げられたスパイ合戦の中を生き抜いた女性の姿を通し、夫婦の愛と絆を描く、終戦スペシャルドラマ

「百合子さんの絵本~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争~」
【 作 】池端俊策
【原  案】岡部 伸「消えたヤルタ密約緊急電」
【音  楽】千住 明
【出  演】薬師丸ひろ子  香川照之
              イヴォ・ウッキヴィ  千葉哲也  利重剛  戸田昌宏  加藤剛
              小林勝也  山本龍二  菅田俊  三田村周三  小倉一郎  金田明夫  佐野史郎  吉田鋼太郎  ほか
  
放送は、7月30日(土)夜9時~10時30分、です。
どうぞお楽しみに!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:00:00 | カテゴリ:百合子さんの絵本~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争~

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ