スタッフブログ

『美女と男子』#16 「さらば、右京」

第13回「撮影中止」、いかがでしたか?
まさかの!急展開で、芸能界を去ることになった鷲見右京・・!
 
bijodan16_1.PNG
 
今夜のブログは・・・クランクアップを迎えたおふたりのインタビューをお届けしましょう。
 
まずは、右京役・中山麻聖さんインタビュー!
 
 
Q1 鷲見右京という人物を演じ終わって、どんな心境ですか?
 
そうですね・・
右京という役から離れたこともそうなんですが、
“オフィスイシノ”のメンバーや
スタッフの皆さんに会えなくなったことが、
すごく寂しいです。
右京の周りにはあんなにたくさん暖かい人達が居たんだと、
改めて感じました。
 
撮影が全て終わったら、
また皆さんに会いたいです
 
 
Q2 右京役を演じる上で、難しかったのはどんなところでしょうか?
 
右京が挫折するきっかけとなった
『うざい』という言葉に、
僕自身が心を折られないように気持ちを強く持つことでした。
 
芝居だと分かっていても、
マイナスの言葉を受けると
僕自身が言われている気持ちになってしまって。
 
かなりリアルに落ち込めました(笑)
 
 
Q3 ご自身と右京とで、重なるところはありますか?
 
 芝居が好きだというところだと思います。
 
同じ役者同士、
芝居をしていて楽しかったことや、
思うように表現できなくて悔しい気持ちも、
すごく共感できました
 
 
Q4 撮影現場で、一番印象深かったことは何ですか?
 
『上すべり』ですね。
 
僕はダジャレとかよく言う方なんですけど(笑)、
12話で『上すべり』という言葉が出てきてから、
僕が現場でくだらないことを言って場をシーンとさせると、
前川さんや仲間さんとかから
 
「麻聖君スベったねー、いや“マセった”ね~」
とからかわれるようになってしまい、
 
『上すべり』から『スベる』
そして『マセる』
と言葉を変えながら、
 
右京という役を通して僕に降りかかってきました(笑)
 
「美女と男子」の現場では、
監督をはじめ皆さんに本当に仲良くしていただきました。
仲間さん、

撮影の合間も控室に戻ることなく、

町田君、
前川さん、
本当にすべてのみなさん、
スタジオの前でずーっと話をしていたのが印象的でした。
 
なにより
その時間がスゴく楽しかったです。
 
 
Q5 視聴者の皆さんに向けてメッセージをどうぞ!
 
「美女と男子」をご覧いただいている皆さん
そして
鷲見右京を応援してくださった皆さん
本当にありがとうございました!
 
右京は芸能界を引退してしまいましたが
また新たな夢に向かって走り出しました。
 
僕も右京に負けないくらい
全力で走り続けます!
そして
この後の
「美女と男子」
引き続きお楽しみください!
よろしくお願いします!!!
 
 
麻聖くん、お疲れさまでした!!!
 
つづいて、朝倉かれん役・吉岡里帆さんのインタビュー!
 
bijodan16_2.PNG
 
ドラマでは遼や右京を翻弄する“小悪魔”な役どころでしたが、
素顔はとても素直な女のコで、スタッフや共演者に大人気だった彼女。
さっそくお話伺いましょう。
 
Q1 朝倉かれんという人物を演じ終わって、どんな心境ですか?
 
芸能界は一筋縄でいかないコワい場所だなと思いました(笑)
 
 
Q2 かれん役を演じる上で、難しかったのはどんなところでしょうか?
 
かれんが芸能界でどのようにデビューして、あのポジションを確保してきたのかを考えました。具体的にありそうな要素を考慮して、“勝手で自由気ままなスキャンダル女優・朝倉かれん”を作っていきました。
 
 
Q3 かれんは強烈なキャラですが魅力的な部分もあったのではと思います。吉岡さんがかれんに惹かれたところはありますか?また、ご自身とかれんとで、重なるところはありますか?
 
若手清純派女優と言われ、ドラマのヒロインにも使ってもらっている人って、現実だと恋愛のレの字も出してはいけないという暗黙のルールみたいなものがあると思うんです。
でもかれんの恐れを知らない、自由奔放さはとても魅力的だと思います。
自分との共通点は…んん…思いあたらないです!(笑)
 
 
Q4 撮影現場において、一番印象深かったことは何ですか?
 
劇中ドラマ「恋メロ」に使われたスタジオや、衣裳、台本、ポスターなどスタッフさんの愛情たっぷりのリアリティー&クオリティーに毎回感動していました。
私の出ていないシーンですが、劇中の料理番組や音楽番組も本物さながらで、
「すごいなぁ、こんな人達と仕事ができるって素晴らしいなぁ」とずっと思ってました。
“尊敬”の一言です!
 
 
Q5 共演者について、面白かったことや印象深かったことを教えて下さい。
 
主演の仲間さんが、お会いする前のイメージよりずっと気さくでチャーミングで、途中参加の私にもたくさん話し掛けて下さったのもあり、とてもリラックスできました。
遼くん(町田さん)はああ見えて三枚目で、「今日もおじいちゃんだよ~」とか言っているのが、微笑ましかったです。
右京くん(麻聖さん)とは劇中に使用した携帯で変顔を撮影して、尋常じゃない崩れすぎた顔を見て、バカにし合いっこしたのもいい思い出です。
 
そして、私にとっては三島AP役の大西礼芳さんと共演できたことが大きいです。
大西さんは京都の大学出身で、私も京都出身なので、地元の同じ監督の自主制作映画に出ていたり、また別の映画で同じ高校の同級生役をしていたりする縁のある関係で、大好きでした。今回また一緒に参加できて嬉しかったです。
 
 
Q6 視聴者の皆さんに向けて、メッセージをどうぞ!
 
『美女と男子』芸能界の裏側を本当に白黒どちらも見せている、稀なドラマだと思います。
一子さんと遼くんの行く末を私も皆さんと一緒に楽しみにしています!!
 
 
 
里帆ちゃん、お疲れさまでした!!!
 
そして、劇中ドラマ『恋メロ!』もクランクアップ。
 
bijodan16_3.PNG
 
このシーンの撮影は、実際に、
『恋メロ』メンバーの多くの役者さんがクランクアップする瞬間ともなりました。
 
bijodan16_4.PNG
 
皆さん、本当にお疲れさまでした!!!
 
 
さて、
次回は、第14回『 世界への第一歩 』
 
bijodan16_5.PNG
 
なぜか、必死の形相でバタ足している遼くん・・?
 
bijodan16_6.jpg
 
そしてなぜか、赤ジャージ姿の一子さん・・!
 
次回はさらに、いろんな新展開、そして急展開があります!
7月14日(火)夜10時から。お見逃しなく!!
 
番組公式ホームページで、次回予告動画が見られます。ぜひご覧ください。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:22:48 | カテゴリ:美女と男子

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ