スタッフブログ

BS時代劇「雲霧仁左衛門2」 #3「盗人の純情」

みなさまこんにちは!番組制作スタッフのヤマダです。

次回、2/20(金)夜8時からは、第3回「盗人の純情」が放送されます。

 

(ロケ地について② 滋賀県近江八幡市)

今回登場する、雲霧一党の富の市。

前シリーズから引き続き、渡辺哲さんが演じています。

富の市は、按摩の腕を武器に、狙いを付けた大店に入り込み、

その店の内部情報を雲霧一党にもたらす「引き込み」という役回り。

雲霧が信条とする、

“一人も殺さず、傷つけず、雲か霧のように消え失せる盗み”を働くには、

富の市の様な「引き込み」が不可欠なのです。

 

その富の市が出会うのが、黒沢あすかさん演じる「おかね」という女。

 

江戸の油問屋、井筒屋という店で二人は知り合います。

 

当時の江戸の町は、堀や川が数多く流れ、

水路は大川(今の隅田川)や江戸湾へと繋がっていました。

縦横に流れる水路を使った水運が盛んに活用され、

船便は江戸の人々にとって不可欠な交通手段だったようです。

 

昨年(2014年)11月。

富の市とおかねが井筒屋からの帰り道、歩くシーンの撮影です。

何気ない、水路沿いの道。

そんな江戸風情あふれる堀や川の風景を撮影するため、

今回は、滋賀県の近江八幡市まで、ロケにお邪魔しました。

 

京都市右京区の松竹京都撮影所から、自動車で約1時間半の移動です。

 

青々とした草の茂る水路、堀沿いの石垣や、白壁の土蔵など、

江戸時代そのままの風景が残るお堀で、撮影させて頂きました。

荷物を載せた小舟は、撮影用に浮かべています。

kumokiri2_3_1.jpgkumokiri2_3_2.jpg

江戸時代は、正にこのような景色が広がっていたのでしょう。

江戸の町を舞台に、今週の雲霧仁左衛門は、どの様な活躍を見せるのか?

第3回「盗人の純情」の放送をお楽しみに!

 

BS時代劇「雲霧仁左衛門2」 番組ホームページ

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:雲霧仁左衛門2

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ