スタッフブログ

BS時代劇「雲霧仁左衛門2」 #2「堕ちる」

みなさまこんにちは!番組制作スタッフのヤマダです。

初回の放送はいかがでしたでしょうか? 第2回も、金曜夜8時からの放送です。

 

(美術セットについて:「美濃屋」)

さて、「雲霧仁左衛門2」の撮影の中で、

今回は、美術セットについて、少しだけご紹介させて頂きます。

テレビドラマには、様々な家や建物、部屋が登場します。

それらを、既存の家や施設などを撮影用にお借りして、

ロケーション撮影する事もよくあります。

逆に、部屋や建物を撮影用に作る事もあります。

それが美術セットと呼ばれるものです。

時代劇、そして本作「雲霧仁左衛門」の世界観を映像で表現するため、

美術デザイナーがアイデアに工夫を凝らし、美術セットを設計しています。

脚本の内容、そして監督の頭の中のイメージと合うように、打ち合わせをしながら、

かつ撮影日に間に合うように、建物のセットを建てていくのです。

本作の仁左衛門の隠れ家の一つが「旅籠(はたご)美濃屋」です。

kumokiri2_2_1.jpg

 

表向きは普通の旅籠で、おもん達が働いていますが、

その実は雲霧一党が活動拠点として、

仁左衛門やお千代らの居室もある、盗人宿(隠れ家)なのです。

建物の裏側は船小屋になっており、裏を流れる川と繋がっている構造なのです。

 

この美濃屋の撮影際しては、セットを使い分けています。

まず、撮影所のスタジオ内に建てたセットで、

旅籠の部屋の中と船小屋のシーンを撮影しました。

階段を下りると、小部屋と船小屋があるセットなのですが、

精巧に作り込まれた美術セットと装飾物、そして照明(ライティング)の効果で、

実際に裏口から外と繋がっているようにしか見えません。

そして、撮影所の屋外(オープン)セットに、新規に「美濃屋」を建てまして、

外観と玄関付近の撮影をしました。

第7回(3/20放送予定)では、

とある人が美濃屋の裏口から外に出ていくシーンがありますが、

そのシーンだけはロケーション撮影をしています。

kumokiri2_2_2.jpg

 

様々な工夫を凝らした空間で、仁左衛門ら雲霧一党が活躍する、

今週の第2回「堕ちる」もお楽しみに!

 

BS時代劇「雲霧仁左衛門2」 番組ホームページ

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:雲霧仁左衛門2

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ