スタッフブログ

ドラマ10「聖女」その9 制作者よ、視聴者は見抜いているぞ!

第1話の放送中に生ツイートをし続けた、プロデューサーの後藤です。

ドラマはテレビ画面を凝視するもの・・・という固定観念が木っ端みじんに破壊され
てしまい、終了後はスポーツを終えたときのような爽快感があって、これはこれで
クセになる感じでした。

 

 seijo2105.jpg

 ツイート作業中のP後藤と
 HPスタッフ。

 TVモニターは横にあるので
 映像を見るというよりは、
 ラジオドラマを聴いている
 ような感じで、ひたすら
 キーボードを打ちこむ!

 

 

 

そう、そう。音だけで聴くと、広末さんの声って・・・これが映像を見る以上に
ゾクゾクするんですね。なんだか首筋を撫でられているような、不思議な感じ。

興味のある方は一度、画面を見ないで第1話を見直してみて下さい。
けっこう楽しめますよ。(こちら→ 再放送予定

 

放送終了後、番組HPのトップ画面に開設された
「聖女のつぶやき@150文字」に“つぶやき”をお寄せ下さいとお願いしたところ
たくさんいただきましたので、その中からいくつかご紹介します。

今回は「あなたがグッときたシーンは?」「あなたは(登場人物の)誰派?」
いう二つのお題に対して投稿いただきました。


グッときたシーンで多かったのは、
やっぱりラストの接見室、基子と晴樹の再会のシーンです。

 

seijo2346164909_1.jpg

 

No.20 受験生 さん
 あの二人が再会した時の、広末涼子(先生)の驚きの目が自分の目に焼きついて、
 とても忘れられるシーンじゃない。

No.35 極楽とんぼ さん
 基子と晴樹が接見の場所で見つめあったシーンにグッときました。晴樹は、初恋を
 純粋に理想の恋愛だと位置付け、忘れられない万感の思いが出ていました。

No.40 mikarin さん
 最後、基子&晴樹が目が合うタイミングでJUJUの歌声がハマった瞬間。


あの緊張感は半端ない・・・というのは撮影中のスタジオもそうでした。

 カメラマン 「ピントがボケたらどうしよう・・・」
 音声マン  「ブームマイクがガラスに映り込んでNGになったら大変だ!」
 私と高石P 「携帯のバイブが鳴りだしたら、袋叩きに遭いそうだ」

と、本番中は緊張しっぱなしでした。

 


あと、私が面白いと思った投稿のうち、いくつかをあげると、

No.32 みかん さん
 いっぱい勉強して、誰にも見下されない立派な人になって・・・私を恋人にして
 というセリフにドキリとさせられました。誰にも見下されないという部分は基子の
 過去や考え方と何か関係があるのかな?
→そう、ちょっと不思議な、とても胸が泡立つようなセリフですよね。私を恋人に
 してという言葉に哀しさが透けて見える気が僕はしました。
 基子の過去に関係ある?とは、みかんさんは眼力鋭いお方です。

 

seijo2346164909_2.jpg

 

No.17 エスプレッソ さん
 基子の胸元を見ていてそれを気づかれ、あっどうしよう〜みたいなあわてた晴樹。
→この晴樹のリアクション、絶妙でしたよね。落ち着いて言い返すこともできず、
  かと言って、笑ってごまかすほどの機転もなく・・・思春期の男の子という感じ
  が満点で、絢斗くんグッジョブ!と言いたくなりました。


このほか、晴樹に問われて基子が「好きよ」と涙ながらに答えるシーン、たくさんの
方の琴線に触れたみたいですね。

No.23 タ―キー さん
 グッときたのは「好きよ」という台詞の前の涙。不幸な境遇の主人公が心に決めた
 生き方には晴樹を受け入れることが出来なかった、、、の、涙かと(*^_^*)
→うーん、この読解力、晴樹と一緒に東大に入れるレベルかも。さらに言うと、あの
  短い芝居の中で、見ている人にそんなメッセージを送っていた広末さんの演技
  力には、感服仕りました。


ほかにも、いろいろと取り上げたい投稿がたくさんありましたが、紙面も限られてい
ますので、本日はここまでにしとうございます。


みなさま、ぜひ、ご投稿を!

 お題に答える150文字投稿は→「聖女のつぶやき@150文字」

 何でもどうぞ!たっぷり投稿は→「ご感想掲示板」

 


ドラマ10『聖女』

第2話「愛を乞う女」 26(火)よる10時~ (総合)で放送です。

第1話「運命の再会」の再放送は 
             24(日)午後4時40分~(総合)
             26(火)午前1時25分~(総合)です。

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:22:10 | カテゴリ:聖女

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ