スタッフブログ

『花子とアン』#102 第24週「生きている証」(1)

ごきげんよう!!
 
『花子とアン』の‶アン″です。
連続テレビ小説『花子とアン』第139回いかがでしたか?
a01.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
 
戦争の影響で仕事が激減してしまった青凜社。
 
anne_102.1.png
 
花子の翻訳の仕事も、今はなかなか回ってこないし大変ね…
 
これまで花子が翻訳してきた本には、いろんなものがあったけど、
一番最初に翻訳した本は何だったか覚えてらして?
 
 
答えは…
 
anne_102.2.png
 
そう、ウィリアム・シェイクスピア作『ロミオとジュリエット』!
この本を訳したことがきっかけで、翻訳の道を志すことになったのよね。
 
anne_102.3.JPG
花子が訳した本として、作成された洋書の小道具
 
 
テニスン作『テニスン詩集』
マーク・トウェイン作『王子と乞食』
ディケンズ作『オリバー・ツウィスト』
ディケンズ作『古い骨董店』
イソップ物語
エレナ・ポーター作『スゥ姉さん』
エレナ・ポーター作『少女パレアナ』
など、花子が翻訳した本はたくさんありました。
 
みなさん、どれかしら一度は読んでみたことがあるはず。
 
まだ読んだことのない本がある人は、読書の秋に読んでみてはいかがかしら?
 
 
つづきは、木曜日。
 
ごきげんよう、さようなら。
 
 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08:15 | カテゴリ:花子とアン

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ