スタッフブログ

『花子とアン』#94 第21週「ラジオのおばさん誕生」(2)

ごきげんよう!!
 
『花子とアン』の‶アン″です。
連続テレビ小説『花子とアン』第124回いかがでしたか?
b01.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
 
とうとう、ラジオのおばさんが誕生しました!
 
anne_94.1.JPG
 
東京放送局はNHK(日本放送協会)の前身。
東京放送局のコールサインであるJOAKが、呼称として使われていました。
コールサインとは、電波を発している放送局には必ずある符号です。
 
JOAKの最初の一文字は、「日本(JAPAN)」を表すJ
二文字目の「O」と四文字目の「K」は、
特に意味はなく、発音しやすいアルファベットが選ばれたのだとか。
 
のこりの「A」は、日本で一番最初に開局されたことを表した「A」
大正14年3月に開局された東京放送局に続き、
同年6月に開局した大阪放送局はJOBK
7月に開局した名古屋放送局はJOCKとコールサインが付けられました。
 
とはいえ、これ以降は必ずしもアルファベット順になっているわけではなく、
使われていない文字もあるんですって。
 
「花子とアン」スタッフの元には、視聴者の方から日々お便りが届いていて、
子どもの頃に村岡花子さんのラジオを聴いていたって人も多いそうよ!
「村岡花子さんって、あのラジオのおばさんの人ですか?」という質問が意外と多く、
翻訳者としてではなく、ラジオのおばさんとして知っていたという方も多いみたい。
 
いろいろな顔を持っている方なのだと、あらためて感じるわね~
 
 
anne_94.2.JPG
 
歩ちゃんを演じた横山歩くんは、この場面が撮影の最終シーンでした。
 
小さな花束を渡され、スタッフにこれまでの撮影の感想を聞かれた歩くん。
いつもはおしゃべりなのに、下を向いたままだんまりを決め込んでいました。
一日中撮影していたし疲れちゃったのかな?とスタッフも出演者も思っていたところ、
スタジオを出る直前で泣き出してしまいました。
どうやら撮影が終わってしまったのがさみしかったようです。
 
そんなかわいい歩くんに思わず、みんなも温かい笑顔に。
監督がもらい泣きをして、こっそりこぶしで目をぬぐっていたのを、
わたしは見逃していなくてよ♪
 
歩くん、またどこかでお会いしましょうね!
 
 
つづきは、土曜日。
 
ごきげんよう、さようなら。
 
 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08:15 | カテゴリ:花子とアン

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ