スタッフブログ

『花子とアン』#34 第6週「腹心の友」(2)

ごきげんよう!!
 
『花子とアン』の‶アン″です。
連続テレビ小説『花子とアン』第32回、いかがでしたか?
b03.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
 
 
中庭で将来の夢を語り合ったはなと蓮子さんが寄宿舎に戻ってきて、
お互いにおどけてお辞儀をします。
 
anne_34.1.JPG
anne_34.2.JPG
 
 
このお辞儀、カーテシーと呼ばれる挨拶です。
 
カーテシー(courtesy)は、ヨーロッパの伝統的な挨拶であり、
片方の足を斜め後ろの内側に軽く引きながら、もう片方の膝を曲げて挨拶します。
 
 
低い姿勢を取ることにより、相手への敬意を表しているんですって。
 
 
背筋は伸ばしたまま挨拶する場合もあれば、腰を曲げて深々とお辞儀をする場合もあり、
挨拶の仕方は様々だそうです。
 
 
はなちゃんは、袴の裾を軽くつまんで持ち上げていたわね!
 
 
カーテシーは女性特有の挨拶であり、
そのやわらかい動きからは女性らしさ上品さなどを感じることができます。
 
 
お嬢様言葉と組み合わせると、より優雅さが引き立つわね!
 
 
 
それでは、また明日。
 
ごきげんよう、さようなら。
 
 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08:15 | カテゴリ:花子とアン

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ