スタッフブログ

『花子とアン』#31 第5週「波乱の大文学会」(4)

ごきげんよう!!
 
『花子とアン』の‶アン″です。
連続テレビ小説『花子とアン』第29回、いかがでしたか?
b03.jpg
 
 
ジュリエットのセリフを完璧につぶやいてらっしゃった富山先生。
富山先生は、ジュリエット役をやったことがおありだったのね!
 
anne_31.1.JPG
 
日本において、「ロミオとジュリエット」が初めて翻訳されたのは明治19年
河島敬蔵が翻訳し、「露妙樹利戯曲・春情浮世の夢」という題で出版されています。
 
img_3.jpg
 
「露妙樹利(ロミョージュリー)戯曲」だなんて、
いまでこそ「ロミジュリ」なんて略し方もするけれど、
初めて翻訳された当時から近い略称を使っていただなんて、驚きね!
 
 
日本人による「ロミオとジュリエット」の上演は、
明治37年伊井容峰一座によるものが初上演だったと言われています。
 
はなたちが大文学会で「ロミオとジュリエット」を発表したのは明治42年ですから、
今ほど「ロミオとジュリエット」は浸透していなかったと思われます。
 
そんな中、学生たちだけで一からつくりあげるのは、
とても大変なことだったのでしょうね…
 
さて、明日はいよいよ待ちに待った大文学会当日!お楽しみに!!
 
 
 
それでは、また明日。
 
ごきげんよう、さようなら。
 
 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08:15 | カテゴリ:花子とアン

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ