スタッフブログ

『花子とアン』#22 第3週「初恋パルピテーション」(5)

ごきげんよう!!
 
『花子とアン』の"アン″です。
連続テレビ小説『花子とアン』第18回、いかがでしたか?
a02.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
 
 
 
心惹かれていた北澤さまに思いを告げられ、
嬉しくもこれまでの嘘がつらくなり、本当のことを打ち明けたはな。
 
anne_22.1.JPG
 
はな「本当ははなです。両親につけて貰った名前は花子じゃありません。
でも、花子って呼んで貰えて嬉しかった…」
 
 
はなは小さなころから二言目には、「花子と呼んでくりょう!」と言うほど、
「花子」という名前で呼ばれることを熱望していました。
 
当時、「子」の付く名前は、皇族や良家の子女といった特権階級の女性に
よく使われていました。
 
大正時代、女性の名前は二文字がスタンダードで、
「子」のつく名前の優美な響きに、
はなちゃんは女の子ならではの憧れをもっていたのでしょうね…
 
 
憧れとか、ワクワクする気持ちとか、
そういったものが人を前に突き動かしてくれると、ワタシは思うの。
 
だから、それが少し背伸びしたものであっても、
それを糧に頑張っていける人は、やっぱり素敵だと思うわ!
 
 
はな、失恋なんかに負けないで!
 
 
 
 
続きは、また来週。
 
ごきげんよう、さようなら。
 
 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:08:15 | カテゴリ:花子とアン

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ