スタッフブログ

FMシアター『黄昏ペンライト』収録リポート その2

FMシアター『黄昏ペンライト』(全1回)

~崖から転がり落ちるように、私は愛を見つけた……はずだった!~

【NHK FM】

2021年4月3日(土)午後10時~午後10時50分

※「聴き逃し」対応の配信は、放送後~1週間

 Fmt_Tasogare3S.jpg

FMシアター『黄昏ペンライト』収録リポート、前回の大空ゆうひさんと彩吹真央さんにつづき第2弾として、遠山裕介さん、田村芽実さん、桜咲彩花さんからのメッセージをお届けします。

 まずは今回の「黒一点」、主人公ヒトミの“オタク仲間”新太役の遠山裕介さんから。

ToyamaYusuke.png

【遠山裕介さんのメッセージ】

青春アドベンチャー『悠久のアンダルス』に続き2回目の参加となります!

前回は初めてということで終始緊張していたのを覚えています。

慣れてきたかなと思ったらもう終わってしまって是非もう一度参加できたらなと思っていたところオファーを頂けてとても嬉しく思っております!

 

今回の作品は少人数でそして男性キャストが僕だけです(汗)

演じる新太はバイク便で働く韓国アイドル好きのオタクで仲間思いの可愛いやつ!

印象に残る役になればと思います。

好きなものを通じて知り合う仲間の絆や愛、そして繋がりを感じられ心が温かくなると思います。

 

是非ともお楽しみ下さい。

 

前回ご出演の青春アドベンチャー『悠久のアンダルス』では、相葉裕樹さん演じる偽王子ヒシャームの相棒、カーシム役。神出鬼没で逃げ足が速く、どこにでも侵入するのが得意なキャラクターでした。

今回お願いした新太はバイク便の配達員で、前回に負けず劣らずフットワークが軽快なナイスガイです。主人公ヒトミとはK-POPという趣味を通じてネットで知り合い、仲間と一緒にソウルのコンサートまで遠征する仲。韓国アイドルに惹きつけられる熱心なファンには、新太のような若い男性も数多くいるそうです。

 

続いては、NHKオーディオドラマ、初めてのご出演となる田村芽実さんです。

TamuraMeimi.jpg

【田村芽実さんのメッセージ】

今回、ラジオドラマは初めての挑戦で、台本を拝見した時は、ワクワクと、私にできるかな?という不安な気持ちがありました。そしてラジオドラマの台本に目を通すこと自体初めてだった私は、どんな作品になるんだろう?と、全く想像がつかず...ドキドキしながら本読みに向かったことを覚えています。緊張でガチガチに固まりながらも、他の出演者の皆様のセリフを聞いているうちに、船の上から見える青い海や、船上内の人々の姿が目に浮かび、出演者でありながらも、ラジオドラマ、そして、『黄昏ペンライト』の虜になってしまいました。収録日当日は緊張はしていましたが、とても穏やかな雰囲気だったので、落ち着いて挑むことができました。また、普段は相手と顔を合わせてお芝居をしているので、最初はマイクに向かってお芝居をすることが不思議な感じがしましたが、だんだんと声から細かなニュアンスや、お相手の表情まで受け取ることができ、最後は、体温、温もりも感じとることができたように感じます。

大変貴重な体験、素敵な作品に出演させていただきました。皆様にも、この作品の温もりが届きますように。ぜひ、お楽しみに。

 

ミュージカルの舞台でのパワフルな歌唱、堂々たる演技を拝見していると、とてもそんな風に緊張なさっていた心中を想像するのが難しいような芸達者ぶりの田村芽実さん。主人公ヒトミが船上で出会う女子高校生・恵麻を演じていただきました。

短い収録時間の中でしたが、リハーサルやテイクを重ねるたびに、より繊細なニュアンスを込めていただけて、あらためて、役を演じるということへの意欲が強い方なのだなぁと感嘆しました。

 

最後にご紹介するのは、去年のFMシアター『とどけ、風の如く』に続いてのご出演となる桜咲彩花さんからのコメントです。

OosakiAyaka.jpg

【桜咲彩花さんのメッセージ】

オーディオドラマへ挑戦させて頂くのは今回で2回目となります!

 

舞台やテレビドラマ、映画とも違う、声のみの表現。

マイクとの距離感、声の僅かなボリュームなど様々な"声"の表現で生まれていき、

音楽の彩りも重なって頭と心の中に情景が浮かんでくる。

 

今回もこのオーディオドラマならではの魅力的な世界にぐっと引き込まれていく時となりました。

 

今回の物語の主人公は"ディープなオタク"!

 

…私自身、宝塚や嵐や韓国ドラマの"ディープなオタク"なので、本読みをしながら、

『あぁ、この気持ちよく分かるなぁー!!』と心の中で大きく共感しておりました。(笑)

 

今、この様な状況下だからこそ、自分と向き合う時間が増え

日々を生きる中でふと

『自分はこれでいいのだろうか?』と立ち止まったり

『最近何をやってもときめかない』と感じる事もあったり、

逆に誰かの何気ない一言や、状況にものすごく心助けられた!なんて時もあると思います。

 

物語の主人公が、まわりの人間の”心”にふれることで、自分自身に気付かされていく。

関わる人々も皆それぞれに気付かされ、前に進んでいく。

 

今だからこそ、

心をそっと暖め、応援してくれるような物語『黄昏ペンライト』

 

聴いて下さる皆様の心が一時、ホッと暖まる時となります様に。

 

主人公の勤め先の同僚OL、栗原役を演じていただきました。ヒトミは職場では自分のオタク趣味を、ひた隠しにしています。後輩の栗原から見た彼女は、プライベートを見せずビシッと仕事をこなすクールな先輩。

ちなみに宝塚歌劇団でも大空ゆうひさんとは短期間ながら同じ花組の組子さんでした。ご自身が"ディープなオタク"でいらっしゃるとの自己申告。芸事に携わる方々にとっては研鑽の面も大きいのでしょうか。深くのめり込める対象に懸ける情熱を、温かな声のお芝居の奥に感じました。

 

春には出会いと別れがつきもの。悔いがないように精いっぱい心のペンライトを灯して、誰かを応援したくなるような季節。この2021年の春のひとときを、登場人物たちと一緒に過ごしていただけたら嬉しいです。

Fmt_TasogarePL.jpg

FMシアター『黄昏ペンライト』(全1回)

~崖から転がり落ちるように、私は愛を見つけた……はずだった!~

 

【NHK FM】

4月3日 午後10時~午後10時50分(全1回)

 ※ネット同時&「聴き逃し」配信(放送後~1週間)

 

【作】菊地百恵

【音楽】菅野由弘

 

【出演者】

大空ゆうひ 彩吹真央

遠山裕介 田村芽実 桜咲彩花

 

【あらすじ】

春だというのに、ヒトミ(大空ゆうひ)は部屋でK-POPのライブ映像を見ながら呆然としていた。1人暮らしの会社員、ライブ目当てのソウル遠征が生きがいのディープなオタクだ。なのに突然、まったく醒めてしまっている自分に気づき激しく動揺。実家の母が手術をするという報せを受け、久しぶりに帰郷しようと乗った瀬戸内海のフェリーの甲板で、同年代の女性に声を掛けられる。高校生の頃、同じ船で通学していた佐和子(彩吹真央)だった。学校も別々で性分もかけ離れていた、海の上の通学路だけの友との時を超えた再会だった……。現実社会の人間関係が希薄な暮らしを送ってきたヒロインに、ふと訪れる「人生の踊り場」のような特別な時間の物語。

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:16:19 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ