スタッフブログ

青春アドベンチャー「ことのはワンダーランド」にでてくる、谷川俊太郎さんの詩について。

谷川俊太郎の詩と旅する ことのはワンダーランド (全10回)

言葉は種子。いにしえからの大地に眠る。僕は言葉探しの旅に出る

 

【NHK FM】

2021年3月1日(月)~3月5日(金) 午後9時15分~午後9時30分(1-5回)

2021年3月8日(月)~3月12日(金) 午後9時15分~午後9時30分(6-10回)

演出の小見山です。

「ことのはワンダーランド」は、少年が言葉の森にさまよいながら、忘れてしまった大切なものを見つけるまでの物語です。

探し求める言葉は、谷川俊太郎さんの詩を引用させていただいています。以下、第5回までの番組で使用した詩です。

第1回「月のめぐり」  

第2回「月のめぐり」、「芝生」  

第3回「ひも また」、「さようなら」

第4回「さようなら」、「除名」  

第5回「わかんない」

 0305IMG_2245.jpg

谷川俊太郎さんの数多い詩の作品群から、どれを選ぶかはたいへん迷いました。

これ知ってる!という詩もあるでしょうし、初めてお聴きになる詩もあると思います。

第6回以降にも、数々の谷川さんの詩が登場します。どうぞお楽しみに。

 

谷川俊太郎の詩と旅する ことのはワンダーランド (全10回)

 

【出演者】木津誠之 池田将 谷川清美 上田桃子 金井良信 日下由美 

玉置祐也 和田慶史朗 高橋理恵子 久井正樹 まどか 八幡みゆき 

大浦千佳 中田翔真

 

【作】樋口ミユ  【音楽】谷川賢作  【詩】谷川俊太郎

 

【あらすじ】

主人公の少年が言葉を見つける旅に出る。そこで出会った言葉は傷ついた少年の心を癒し、励まし、時に突き放す。

谷川俊太郎の詩にめぐりあった13歳の少年は、世界を救いたいと心に誓う。少年は、丘の上に立つ古い洋館で、古いトランクを持つお婆さんと出会う。

トランクから「言葉」が零れ出る。お婆さんは「ここは生きにくさを感じている子供たちの孤児院だ」と言った。

トランクを開け、少年が覗くと、そこには、お婆さんの面影の残る少女が見えた。破壊された町。1945年。父ちゃんは戦争に行けなかった。身体が弱くて兵隊にはなれなかったのだ。周りの人たちから「ヒコクミン」と言われた。父ちゃんは「詩」を書いた。トランクの中には言葉があった。

父ちゃんは言った。「明日、目を覚まさなくても泣くことはない。きっと新しい何かが始まるから」。翌日、父ちゃんは目を覚まさなかった。

「あたしだけが知っている。父ちゃんが世界を救ったって」。

お婆さんが言葉を折る。それは紙飛行機となって青空に飛んでいった。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:21:15 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2022年

開く

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ