スタッフブログ

青春アドベンチャー「ことのはワンダーランド」の脚本を書いていただいた樋口ミユさんから、メッセージが届きました。

 谷川俊太郎の詩と旅する ことのはワンダーランド (全10回)

言葉は種子。いにしえからの大地に眠る。僕は言葉探しの旅に出る

【NHK FM】

2021年3月1日(月)~3月5日(金) 午後9時15分~午後9時30分(1-5回)

2021年3月8日(月)~3月12日(金) 午後9時15分~午後9時30分(6-10回)

 

演出の小見山です。劇作家の樋口ミユさんとの青春アドベンチャーは、4シリーズ目で、いずれもオリジナルのドラマです。いつも一味違ったユニークな物語を描いてもらっていますが、今回は、そのいずれとも違ったファンタスティックなお話しです。いわゆるファンタジィーというのとも違う、まさに言葉の宇宙を旅する物語。もうこれは、ウソかホントか、聞いていただくしかないありません!

 

「詩」は完璧に完成されている。

だからわざわざ物語にする必要があるのか? と、

正直2回ほど頭を抱えて動けなくなった。

だって、新しく物語なんて付け足すより

「詩」の朗読を聞いたほうがよっぽど刺激的で豊かかもよ? 

と、自虐的に自分に浴びせる。

しかし待てよ、と冷静に問いかける。

完璧な「詩」を何度も自分で声に出して読んでみる。

声にした途端に、

「完璧な詩といえども、これもまた言葉であることにかわりはない」と気づく。

文字ではなく、声にする。

見えない、消えていく声にする。

物語を再度考え直す。

言葉の色や匂いや形や、

発した人間の心までも見える少年の姿が浮かび上がり、

そして旅が始まり物語が広がっていった。

 

さて、どの「詩」が出てくるのか、どうぞお楽しみに。

 

 higuchi.jpg

谷川俊太郎の詩と旅する ことのはワンダーランド (全10回)

 

【出演者】木津誠之 池田将 谷川清美 上田桃子 金井良信 日下由美 

玉置祐也 和田慶史朗 高橋理恵子 久井正樹 まどか 八幡みゆき 

大浦千佳 中田翔真

 

【作】樋口ミユ  【音楽】谷川賢作  【詩】谷川俊太郎

 

【あらすじ】

主人公の少年が言葉を見つける旅に出る。そこで出会った言葉は傷ついた少年の心を癒し、励まし、時に突き放す。

谷川俊太郎の詩にめぐりあった13歳の少年は、世界を救いたいと心に誓う。少年は、丘の上に立つ古い洋館で、古いトランクを持つお婆さんと出会う。

トランクから「言葉」が零れ出る。お婆さんは「ここは生きにくさを感じている子供たちの孤児院だ」と言った。

トランクを開け、少年が覗くと、そこには、お婆さんの面影の残る少女が見えた。破壊された町。1945年。父ちゃんは戦争に行けなかった。身体が弱くて兵隊にはなれなかったのだ。周りの人たちから「ヒコクミン」と言われた。父ちゃんは「詩」を書いた。トランクの中には言葉があった。

父ちゃんは言った。「明日、目を覚まさなくても泣くことはない。きっと新しい何かが始まるから」。翌日、父ちゃんは目を覚まさなかった。

「あたしだけが知っている。父ちゃんが世界を救ったって」。

お婆さんが言葉を折る。それは紙飛行機となって青空に飛んでいった。

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:16 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ