スタッフブログ

FMシアター『恋するシェイクスピア』に出演の奥田一平さんからメッセージが届きました。

FMシアター『恋するシェイクスピア』 
2020年11月28日(土) よる10時~10時50分 FM
NHKネットラジオ「らじる☆らじる」での同時配信、「聞き逃し」サービスの配信(放送終了後から1週間)でもお聞きいただけます。


演出の小見山です。奥田一平さんは舞台を中心に活躍している俳優さんで、文学座アトリエ公演『冒した者』での演技は、心情溢れる、大変心うたれるものでした。
今回のドラマは、一体どれが本当の心情なのか、演じる方も、演出する方も、あれやこれやの可能性を求めて、いい意味で楽しい混乱の連続でした。聞いていただく皆様にも、いい意味で混乱を楽しんでいただければと思っています。

poster_gera01_s.jpg

 

伴一彦さんの脚本でラジオドラマに参加させていただくのは2回目ですが、
いつも男女の機微にとても心動かされます。
今回の台本を読んだ際の素直な感想は、「ワクワク」でした。

ippei.jpeg

 奥田一平さん

男女のやりとりがコロコロと変わり、
読み進めるほどに頭の中で色々な解釈が浮かび上がっていきました。

そして実際に現場で読み合わせをすると、
更に色々な読み方ができる脚本で、とても楽しい現場でした。

演者・脚本・演出・スタッフが各々の想像力で作り上げたこの作品を、
さらに皆様の想像力で完成させて頂けたら幸いです。(奥田一平)

 

FMシアター『恋するシェイクスピア』

【出演者】西尾まり 奥田一平 新上貴美 山岸門人 富岡英里子

【作】伴一彦 【音楽】村井秀清

【あらすじ】
世界で最も有名な恋物語は?と問われたら、誰もが「ロミオとジュリエット」と答えるでしょう。400年以上経っても、シェイクスピアの作品が多くの人から共感を得るのは、人間の深層心理を巧みに語っているからなのでしょう。さて、今どきの恋愛事情は?
若者は結婚したいの? 多様な結婚の形があり、結婚しない自由もある。でも、年上の女性が年下男に恋心を抱くのは? 勿論OK、なんの問題もない。
だけど…。

「ロミジュリ」上演の劇場前。男(奥田一平)が当日券の列に並んだ。
恋人(新上貴美)のためにチケットを買うためだった。ところが、後ろに並んだ女(西尾まり)に一目惚れしてしまう。チケットは取れた。でも、男は恋人に電話し、チケットが取れなかったと嘘を言う。男は女と並んで観劇し、終演後、彼女が次に観る舞台公演の話を聞く。だが、いつ行くのか日時が分からない。男は連日その劇場に通い、ついに、再会を果たす。驚く女に男は言う、「好きです。会いたかった」。私もと言って、女は男の腕の中に飛び込んだ。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:オーディオドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ