スタッフブログ

ジョン・マルコヴィッチ主演『ABC殺人事件』12月28日(月)から3日連続放送!

【このブログは、『ABC殺人事件』2019年BSプレミアム初回放送時の内容を再編集し掲載しています。】

ミステリーの女王アガサ・クリスティー原作ドラマ3作品『ABC殺人事件』『検察側の証人』『無実はさいなむ』を年末~来年3月にかけてBSプレミアムで再放送!

まず年末の来週、3日連続で放送するのは、名優ジョン・マルコヴィッチが主役の名探偵ポワロを演じる『ABC殺人事件』
BSプレミアムで12月28日(月)、29日(火)、30日(水)午後5時の放送です。

原作は1936年に出版された長編です。「名探偵ポワロ」が登場する作品で、アガサ・クリスティー作品のなかでも有名で評価も高い作品の一つです。ポワロに挑戦状のような手紙が届いた後、アルファベットのABC順に殺人事件が起きていきます。Aのイニシャルの町でAのイニシャルの人物が殺され、次はBの町でBのイニシャルの人物が被害者に…。ポワロは犯人を突き止め、次々と起こる殺人を止めることができるのでしょうか?

名探偵ポワロ役といえば、NHKで現在ハイビジョンリマスター版を放送しているドラマシリーズ『名探偵ポワロ』(BSプレミアム 毎週土曜 午後5時台)のデビッド・スーシェが有名ですが、今回の作品では、なんとアメリカの名優ジョン・マルコヴィッチ(映画『太陽の帝国』『コン・エアー』『ザ・シークレット・サービス』)名探偵ポワロを演じます。それも年老いて、ほぼ引退しているような状態のポワロ。個性派のジョン・マルコヴィッチがどんなポワロが見せてくれるのか、ぜひお楽しみに!

また、そんなポワロのことを快く思わないロンドン警視庁の若き警部、クロームを演じるのは、映画『ハリー・ポッター』シリーズでロン・ウィーズリーを演じていたルパート・グリントです。ヒゲをはやした貫禄ある姿で、ポワロに横柄な態度をとるクローム警部。ロンとはまったく違うキャラクターで、こちらも注目です。

そして、『ハリー・ポッター』シリーズで、レギュラーではありませんが印象的なキャラクターを演じていた方も出演しています。映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』でトイレにいるゴースト(幽霊)「嘆きのマートル」を演じたシャーリー・ヘンダーソンです。本作では風変りで愛想の悪い下宿の主人ローズを演じています。

ちなみに、原作のポワロのシリーズでおなじみのキャラクターのうち、ヘイスティングスは残念ながら出てきませんが、ジャップ警部は登場します。詳しくは言えませんが、原作ファンはちょっとビックリするかもしれません。

脚本サラ・フェルプスによる、少しダークでスリリングな雰囲気のアガサ・クリスティー原作ドラマ。どんな『ABC殺人事件』になっているか、ぜひ、お確かめください!

アガサ・クリスティー ABC殺人事件』(全3回)
BSプレミアム 2020年12月28日(月)、29日(火)、30日(水) 午後5時00分
※放送予定は変更になる場合があります

投稿者:ぽこぺん | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:海外ドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ