スタッフブログ

海外ドラマ『アンという名の少女』テーマ曲はカナダの国民的バンドThe Tragically Hip

9月13日(日)に総合で始まった海外ドラマ『アンという名の少女』。第1回はお楽しみいただけましたか? マリラは、女の子の養子はいらないからアンを孤児院に戻すと言っていましたが、結局、アンを連れて帰ってきましたね。このままアンは無事にマリラたちと暮らせるのでしょうか? 次回、9月20日(日)放送の第2回「運命は自分で決める(後編)」もどうぞお楽しみに!

ところで、第1回をご覧になって、オープニングと最後に流れたステキな曲が気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
曲のタイトルは「Ahead by a Century (アヘッド・バイ・ア・センチュリー)で、アーティストは「The Tragically Hip(ザ・トラジカリー・ヒップ)です。

The Tragically Hipは、80年代から活躍するカナダの国民的バンドです。アルバムを出せばチャート入りし、カナダのグラミー賞といわれるジュノー賞(Juno Awards)の数々の部門で受賞しています。2005年にはカナダの音楽の殿堂入りを果たしており、まさに国を代表するバンドの1つで、同じくカナダを代表する小説『赤毛のアン』を原作とした本作『アンという名の少女』のテーマ曲にはピッタリです。今回使用されている「Ahead by a Century」 は、1996年にリリースされ大ヒットしたバンドの代表作です。

実は残念なことに、バンドのボーカル、Gord Downie (ゴード・ダウニー)は、病により2017年10月17日に53歳で亡くなりました。前年2016年の5月に脳腫瘍を患っていることを発表し、夏のツアーを敢行。ツアー最終日のライブはカナダ国内のテレビやラジオで生中継されました。そこで最後に歌ったのが「Ahead by a Century」でした。

ゴード・ダウニーをはじめ、The Tragically Hipのメンバー全員が、2017年にカナダ勲章(The Order of Canada)を受章。同年10月に彼が逝去した際は、ジャスティン・トルドー首相が哀悼の意を表するなど、カナダの多くの人々がその死を悼みました。

ゴード・ダウニー亡き後、The Tragically Hipはライブ活動などは行っていませんが、彼らが生み出した数々の名曲は今も生き続けています。興味をもった方は、ぜひほかの曲も聞いてみてください。

『アンという名の少女』
第2回「運命は自分で決める(後編)」
総合 2020年9月20日(日)よる11時00分
※放送予定は変更になる場合があります

投稿者:ぽこぺん | 投稿時間:11:00 | カテゴリ:海外ドラマ

新着記事

新着ブログ

月別から選ぶ

2021年

開く

2020年

開く

2019年

開く

2018年

開く

2017年

開く

2016年

開く

2015年

開く

2014年

開く

放送終了番組

開く
ページトップへ