土曜ドラマスペシャル 炎上弁護人

土曜ドラマスペシャル 炎上弁護人

ドラマのみどころ

土曜ドラマスペシャル『炎上弁護人』

渡会美帆(35)。大手の事務所で企業のリスクマネジメントを担当するやり手の弁護士だったが、大手企業の炎上案件をめぐり事務所を追われ、今は自宅兼事務所でネットをめぐる案件を主に担当している。
彼女に降ってくるのは、世間やマスコミにバッシングされ“社会の敵” となった人々の案件。そんな彼女の前に、ネットで炎上し“加害者扱い” された主婦・朋美が現れる―。
アウトローな弁護士・美帆と、彼女に助けられながらやがてタフに変わってゆく依頼人の“炎上主婦” 朋美。依頼人と弁護士という立場を越えて、二人の女が固い絆で結ばれていくヒューマンドラマ。

「岩田剛典自ら撮影!【炎上弁護人】衝撃の告白シーン」動画

2分の番組PR映像を公開!

脚本家のことば…井上由美子

失敗の許されない時代です。たった一度の失言で批判の的になり、「炎上」する例も少なくありません。インターネットが発火点ゆえ、誰もがいけにえになる恐れがあり、誰もが人を傷つけてしまう可能性があります。
しかし、インターネットを悪者にするだけでは空中戦は終わりません。ネットの向こうにいるのは怪物ではなく、人間です。人と人がどう付き合えば幸せに近づけるのか――。そんな普遍的な問いかけが炎上を解く鍵になるのではないかと思いながら脚本を書きました。逆境での強さを演じたら一級品の真木よう子さんが主人公を演じて下さることで、闇の中にも希望が見える物語になると信じています。

真木よう子 シーン写真1

演出のことば…笠浦友愛

「炎上」との闘いの果てに見える孤独

悪意や嫉妬が渦巻く「炎上」に、主人公美帆は、傷だらけで分け入っていきます。真木よう子さんと依頼人の仲里依紗さん、Web 記者の岩田剛典さんが本音でぶつかり合うネット生中継のシーンは、岩田さん自身が撮影した映像がゾクゾクするほどスリリングで圧巻です。さらに美帆の体を張ったある戦略が突破口になって物語は二転三転し、意外な真相へと至ります。得体のしれない炎上の奥にある、誰かを叩くことでしか社会とつながる術を持たない、ネットの奥のむき出しの孤独に迫っていく、臨場感あふれ熱く心に刺さる人間ドラマです。

真木よう子 シーン写真2

制作統括のことば…高橋練

ネット上で“炎上” することが当たり前となった今の時代に、一石を投じる新しい主人公が誕生しました。持ち前の行動力と正義感で闘う弁護士・渡会美帆。土曜ドラマスペシャル「炎上弁護人」はこの美帆を軸に、SNS で炎上した主婦・マザー・テレ美やネット中継を駆使するネット記者・馬場など、一癖も二癖もある今の時代ならではの登場人物が活躍します。2018年を象徴する炎上をキーワードとしたスリリングなドラマを、魅力的なキャストでお届けします。ぜひご覧ください!

真木よう子 シーン写真4

放送日時・スタッフ

【放送予定】
12月15日(土) ・総合・よる9時から10時13分(73分)・全1回
12月12日(水) ・BS4K・よる7時から8時13分で先行放送
【作】井上由美子
【音楽】未知瑠
【制作統括】高橋練
【演出】笠浦友愛

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む
NHKのサイトを離れます