もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

コーヒーで世界を変える 川島良彰
ザ・ヒューマン「コーヒーで世界を変える 川島良彰」
みんなの
レビューは
こちら

ザ・ヒューマン「コーヒーで世界を変える 川島良彰」

  • 2019年12月14日(土) 午後10時00分(50分)
  • 2019年12月17日(火) 午後9時00分(50分)
  • 2020年1月14日(火) 午後9時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

凄い執念と生産者に対する誠意を感じた。

投稿者:ミーャン/男性/60代

日本人の誇りです。

投稿者:makoto/男性/60代

見ごたえのある内容だった。川島良彰氏のコーヒーにかける想いや情熱がダイレクトに伝わってきて、こちらも熱くなった。生産者の生活を向上させるために、情熱を傾けている姿も素晴らしかった。

投稿者:けんぱっぱ/男性/50代

コーヒー『ティピカ19世紀』飲んでみたい…チョコレートの香りルワンダ他外国の(コーヒー搾取されている)農民を救うには、ブランド化させることを実践した。キューバにも実現の道付けをした。すごい人
現地の人達と会話できることの素晴らしさも教えてくれた。

投稿者:o_nkmr/男性/70歳以上

感動しました!川島さんの冒険に満ちた生きざまと、それが多くのひとたちの役に立つこと。力強くあきらめないこと、それが周りの他人をまきこんでいくこと。
とてもすてきなドキュメンタリーでした。
オンデマンドで見れたら周りの人にもすすめたい。

投稿者:アンジェリカ/女性/40代

NHKの番組で川島氏のことを知った。私が熱烈なコーヒ愛飲者であるせいもあって、19世紀の幻のコーヒー「ティピカ」をキューバを舞台に探し回る話には、中学生のころに触れた冒険小説もどきにドキドキ、わくわくと引き込まれた。こういう偉大な個人の絶大な情熱によって歴史にうずもれた銘品を今再び味わう事が出来ると思うとたまらない感動が起こる。

投稿者:ぴゅー太/男性/70歳以上

コーヒー好きな家族です。幻のコーヒーテイピカを捜し求め苦難を乗り越えて川島良彰さんはキューバの人たちの助けでついにその木を見つけました。かれら全員の歓喜した姿に胸を打たれました。その土地の貧しい人たちに大きな収入源をもたらすことを祈ります。

投稿者:fumichan/女性/70歳以上

素晴らしいドキュメント

投稿者:郵便局から国民を守る党/男性/50代

たまたま1人で見たので家族にも見せたい

投稿者:あっちゃん/男性/60代

番組スタッフから

photo photo

【シリーズ コンセプト】
先の見えない混沌の時代だからこそ、人間の確かな息づかいを深く見つめ直すー。この新番組は、様々なジャンルで新たな世界を切り開こうとする〔ヒューマン〕たちの、心揺さぶられる生き様を描く本格派ヒューマンドキュメンタリーです。
激動する時代の中で、新しい一歩を踏み出そうとする人。常識を覆す発想で、未踏の世界を切り開く人。心の傷跡を抱きしめながら、他の誰かの力になろうとする人・・・。主人公たちの願いや挑戦、葛藤に深く迫り、リアルな生き様を見つめます。BS1ならではの挑戦的で、心に刺さるドキュメンタリーをお届けします。
(番組プロデューサー)

【第1回 コーヒーで世界を変える 川島良彰】
ハイチ革命で逃れたフランス人が持ち込んだ「失われた宝」。その宝を探すハンターに密着取材しないか。プロデューサーの誘い文句に乗せられ、やってきたのが雨季の終わりのキューバだった。葉巻とラム酒、そしてヘミングウエイの小説に出てくる島国。あと野球かな・・・今までそういう印象しかなかった。しかし、今回の主人公 川島良彰さん(63)によると、かつては「コーヒー王国」だったという。

川島さんは、1年の3分の1はコーヒー生産国をとびまわる生活をしている。そんな暮らしを40年以上続けてきた。生産者に栽培指導するかたわら、マスカロコフェア、ブルボン・ポワントゥ、ピンクブルボンなど、希少種のコーヒー豆を世界中で探し、世に送り出してきた「コーヒー・ハンター」だ。
川島さんのキューバでのミッションはジャングルの奥に眠っている幻のコーヒー、ティピカの眠りを覚まし、コーヒー王国を復活させること。古文書から200年前の歴史を掘り起こし、地元の長老に話を聞き、ティピカのありかを探っていく。ときには悪路の泥沼にはまり、ジャングルで迷子になり、熱射病で倒れた。奴隷の処刑場、ヒアリの大群、「ほらふきおじさん」との出会いなど、コーヒー版インディージョーンズの舞台装置にはこと欠かなかった。果たしてティピカを見つけることができたのか・・・は、番組をご覧下さい。

最後に、放送にのらなかったが「コーヒー・ハンター」のカバンには七つ道具が入っている。
①地図、②土壌測定器、③糖度計、④ネック枕(悪路を数時間移動するため)、⑤虫刺され、⑥あめ、
そしておそらく使用回数が一番多い⑦ポラロイドカメラ。出会ったコーヒー生産者やその家族を撮影して、プレゼントする。画像が浮かび上がり、鮮明になるにつれ、みんな笑顔になる。生産者との距離をグッと縮めるアイテムなのだ。
川島さんがキューバのあと、すぐに向かったのがルワンダ。農業指導しているときにひとりの少年が近づき、1枚の写真を見せてくれた。そこには幼いときの彼がいた。かつて川島さんが撮ったポラロイド写真だったのだ。少年は「学校を出たらコーヒー農家になりたい」と川島さんに熱く語ったという。

(ディレクター オルタスジャパン 加藤伸)

番組内容

ザ・ヒューマン「コーヒーで世界を変える 川島良彰」

世界を旅して「幻のコーヒー」を発掘するコーヒーハンター・川島良彰。今回、絶滅したとされる最高品種ティピカの原木を探してカリブの島国キューバの森林地帯へ。もし見つかれば、世界のコーヒー地図を塗り替える世紀の大発見だ。キューバはかつて世界有数のコーヒー産地だったが、近年、サイクロンの直撃と病気のまん延で生産量が激減。地元の農家は、ティピカ発見はコーヒー産業復活の起爆剤になると川島への期待を高めている。

出演者ほか

【出演】コーヒーハンター…川島良彰

チャンネル

  • 2019年12月14日(土) 午後10時00分(50分)
  • 2019年12月17日(火) 午後9時00分(50分)
  • 2020年1月14日(火) 午後9時00分(50分)

編集部のおすすめ