もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

駅ピアノ アイルランド・ダブリン
駅ピアノ「アイルランド・ダブリン」
みんなの
レビューは
こちら

駅ピアノ「アイルランド・ダブリン」

  • 2019年6月24日(月) 午後9時00分(45分)
  • 2019年6月26日(水) 午後6時00分(45分)
  • 2019年6月27日(木) 午後1時00分(45分)
  • 2019年6月30日(日) 午後8時00分(45分)
  • 2019年7月4日(木) 午後1時00分(45分)
  • 2019年7月13日(土) 午後3時00分(45分)
  • 2019年7月21日(日) 午後10時00分(45分)
  • 2019年8月8日(木) 午後1時00分(45分)
  • 2019年10月11日(金) 午後6時00分(45分)
  • 2019年11月5日(火) 午後1時00分(46分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

駅ピアノ、空港ピアノとも家族でファンです。弾いてる姿が皆んな素敵だなぁとどんな方のどんな音でも楽しく観て聴いてます。弾いてる人々にあるストーリーにほろりとすることも。ノーナレなのも好きです。私も幼少期から今もピアノやってます。これからも長く続いて欲しい番組です!

投稿者:チョコチップクッキー/30代/女性

とてもステキなドキュメンタリーでした。映画「ONCE」を観て、ダブリンが大好きになり、去年行きましたが、本当に音楽に溢れ、テンプルバーも音楽に溢れていました。優しいアイルランド人達に囲まれているピアノは幸せですね、沢山の人に歌って、弾いてもらって。そんな多幸感溢れる番組でした。

投稿者:rockb/50代/女性

素晴らしいな!慌ただし毎日を過ごす中で、曲が聴こえて、足を止めて聴けたらいいですね。音楽は世界共通です。弾ける人はどんどん増えたらいいですね。先日、新神戸駅でもピアノが置かれていて、年配のご婦人が無心に曲を弾いていて、それを囲むように通りかかった方が聴き入っていました。終わった時、大拍手でした。音楽はいいですね。今回の放送ありがとうございました。

投稿者:しげちゃん/60代/男性

空港・駅に置かれた1台のピアノ。世界中から訪れた人々が、思い思いに音を紡いでいく…。今回は「アイルランド ダブリン/コノリー駅」で演奏された楽曲を紹介します。

1曲目 01:09~ 駅の近くに住む大学生
『ボヘミアン・ラプソディ』クイーン(1975)

2曲目 04:56~ ダブリン郊外に住む子ども
『朝』ルドヴィコ・エイナウディ(2004)/映画「最強のふたり」より

3曲目 06:09~ 市内に住むフランス人
『バラ色の人生』エディット・ピアフ(1946)

4曲目 09:01~ イタリア人の留学生
『幻想即興曲』フレデリック・ショパン

5曲目 09:36~ イタリア人の留学生
『花は咲く』菅野よう子(2012)

6曲目 11:00~ ワーキングホリデーで滞在中の女性
『オール・トゥー・ウェル』テイラー・スウィフト(2012)

7曲目 12:55~ アメリカ人の旅行者
『アメイジング・グレイス』作曲者不詳/賛美歌第2編167番

8曲目 14:35~ ダブリンに滞在中のブラジル人
『ドント・ルック・バック・イン・アンガー』オアシス(1995)

9曲目 17:40~ イタリア人の大学生
『彼こそが海賊』ハンス・ジマー他(2003)/映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』挿入曲

10曲目 19:06~ オランダ人の旅行者
即興のため曲目不明

11曲目 19:54~ 北部在住の少年
即興のため曲目不明

12曲目 21:05~ 盲目の男性
『ダニーボーイ』アイルランド民謡

13曲目 24:21~ サングラスをかけた留学生
『フェアリーテイル メインテーマ』高梨康治(2010)/アニメ『FAIRY TALE』から

14曲目 26:03~ 地元の高校生
『カチューシャ』マトヴェイ・ブランテル(1938)

15曲目 27:16~ システムエンジニアの男性
『カラー・ブラインド』カウンティング・クロウズ(1999)

16曲目 29:55~ 北部在住の経営コンサルタント
『マイ・ロマンス』リチャード・ロジャース(1935)

17曲目 31:31~ 地元の大学生
『シャロウ』レディ・ガガ&ブラッドリー・クーパー(2018)/映画『アリー/スター誕生』挿入曲

18曲目 34:17~ ボランティア活動をしている女性
『ジ・エンターテイナー』スコット・ジョプリン(1902)/映画『スティング』主題歌

19曲目 34:59~ ボランティア活動をしている女性
『ナポリの踊り』P. l. チャイコフスキー/『白鳥の湖』劇中曲

20曲目 36:09~ 教会の礼拝帰りの女性
『いとしのクレメンタイン』作曲者不詳

21曲目 36:38~ 教会の礼拝帰りの女性
『モリー・マローン』作曲者不詳/ダブリンの市民歌

22曲目 37:26~ 地元の音大生2人組
『こんなハズじゃなかったラヴ・ソング』サラ・バレリス(2007)

23曲目 38:50~ フィリピン人のミュージシャン
オリジナル曲のため曲目不明

24曲目 40:50~ イギリス人の男性
『悲しみのジェット・プレーン』ジョン・テンバー(1969)

25曲目 43:03~ 親戚の集まりでやって来た男性
『イマジン』ジョン・レノン(1971)

番組スタッフから

photo

駅や空港に置かれた1台のピアノを前に、人々がいろいろな想いで音楽を奏でる姿を定点カメラでとらえた番組「駅ピアノ」と「空港ピアノ」。

6月に放送する「駅ピアノ」は、“音楽の街”アイルランド・ダブリン駅からお届けします。

今回は、番組の企画段階からたずさわってきた尾崎竜二ディレクターに、印象に残ったエピソードや演奏者、シナリオのない番組ならではの苦労話を伺ってきました!NHK_PR 番組ページ どんな人が駅でピアノを弾いているんだろう?◇駅ピアノ「アイルランド・ダブリン」

番組内容

駅ピアノ「アイルランド・ダブリン」

「街角に音楽があふれている」といわれるダブリン。コノリー駅に置かれたピアノでも人々が自由に音を紡いでいく。恋人にプロポーズした思い出の歌を弾き続ける男性。ピクニック帰りの初々しい大学生カップル。ホームレスをピアノで元気づけるボランティアの女性。母に習った曲を幼子に聞かせる女性。故郷フィリピンに残した家族に仕送りを続けるミュージシャン。ピアノにこめた思いを定点カメラとノーナレーションで見つめる。

出演者ほか

チャンネル

  • 2019年6月24日(月) 午後9時00分(45分)
  • 2019年6月26日(水) 午後6時00分(45分)
  • 2019年6月27日(木) 午後1時00分(45分)
  • 2019年6月30日(日) 午後8時00分(45分)
  • 2019年7月4日(木) 午後1時00分(45分)
  • 2019年7月13日(土) 午後3時00分(45分)
  • 2019年7月21日(日) 午後10時00分(45分)
  • 2019年8月8日(木) 午後1時00分(45分)
  • 2019年10月11日(金) 午後6時00分(45分)
  • 2019年11月5日(火) 午後1時00分(46分)

編集部のおすすめ