もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

老舗ワンダーランド 佐藤健・物々交換の旅
東京ミラクル 第4集「老舗ワンダーランド 佐藤健・物々交換の旅」
みんなの
レビューは
こちら

東京ミラクル 第4集「老舗ワンダーランド 佐藤健・物々交換の旅」

  • 2020年1月1日(水) 午後10時15分(50分)
  • 2020年1月2日(木) 午前4時10分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

昔からの精神が感じられた。
今の企業に見習ってほしい

投稿者:ぽん/男性/40代

東京。まだまだ見落としていたワンダーランド。老舗のイメージがかわりました。そうだ、港区の「芝百年会」なんて活動もあったっけ

投稿者:ながちゃん/男性/50代

何か我々が忘れてしまっていたことを思い出させてくれたように思います。

投稿者:MS/男性/50代

千年もつ和紙で作られた日記も手で編んだホウキも使ってみたくなりました。
ずっとずっと続いていって欲しい文化ですね。もっと世界に発信できたら良いのにと思いました。

投稿者:也佑香/女性/50代

和紙づくり、三方よし!いい言葉ですね。職人、お店、お客様、関わる全てが満足できるバランスの良さがいいですね。永く続く秘訣ですね。また、佐藤健さんのコメントもよかったです。誰かの気持ちを思うこと、祖先を思い、親を思う大切さ。感動しました。

投稿者:とも/男性/50代

物々交換をしながら老舗の店を巡る人力車の旅、私も巡ってみたくなりました。東京のあちこちに江戸時代から続く店があることは他の番組でも見て知っていましたが、代々続く職人技を守り繋げようとする方々の、柔軟さと芯の強さをこの番組で初めて知りました。歴史あるお店がこんなに東京にあることも。その心意気に心から感動し美しい技を見にぜひ足を運んでみたいと思いました。

投稿者:haru/女性/40代

東京から離れた東北に住んでいます。番組を見て大変感動を受けました。商品を手に入れたいと思っても買いに行けずオンラインを調べても発送する店が少なく本当に残念です。今度上京した時にお店を訪ねてみたいと思います。

投稿者:kumasann/女性/60代

老舗を守る大変さがよく伝わる番組でした。

投稿者:ラビ/女性/60代

人柄、素敵な言葉を残してくれましたね。いい番組でした。

投稿者:あっぴー/女性/60代

長く続く老舗、素敵ですね!

投稿者:とんどん/女性/40代

結果的に老舗になった理由は必ず、見つけることができることが分かりました。

投稿者:岡部 六雄/男性/60代

100年以上続く老舗の本質が分かった。情熱を持った人が残れば震災で何も無くなっても再建は出来る。

投稿者:アトム/男性/60代

年齢故かもしれませんが、シリーズの中で一番興味深い内容でした。

投稿者:花/女性/50代

100年以上続く老舗の名店の商売の秘訣がなかなかに意味深くて、ためになりました。

投稿者:えすて/女性/50代

面白い。行ってみたい。老舗の魅力。

投稿者:クマ/男性/70歳以上

楽しく拝見させていただきました。時々通る道でしたが気づかずに通り過ぎていました。303年も続くその桜餅が食べたくなり、翌日早速桜餅をお土産に買わせていただきました。素朴な味で家族で美味しくいただきました。

投稿者:デコポン/女性/50代

職人のこだわりを感じた。

投稿者:テリー菊池/男性/50代

佐藤健さんの大ファンな妹とお正月に実家で見ました。
安物のコピーが溢れる中、どうか老舗を守り抜いて頂きたいと願いました。佐藤健さんの視聴者目線に寄り添うようなナビゲーターも良いです。静かに思いや考えを自分の言葉で伝えようとされていてガチャガチャせず落ち着いて番組を見られて好感でした。
今後も続けてほしいです。

投稿者:まあろん/女性/30代

番組内容

東京ミラクル 第4集「老舗ワンダーランド 佐藤健・物々交換の旅」

百年以上の長寿企業が世界一多い東京に今、世界が注目している。震災や空襲で壊滅してきた東京で老舗が生き残ることができた秘密とは?佐藤健が、物々交換しながら老舗をめぐる旅に出発、長寿の秘密を探っていく。壊滅に耐え抜いた江戸玩具店、文明開化以来のすき焼き店、300年間桜もちだけを売る店、皇室にも納める和紙専門店…。驚きの商売哲学が浮かび上がる。物々交換の末に、佐藤健が最後に手にしたものは…。

出演者ほか

【出演】佐藤健,【語り】門脇麦

チャンネル

  • 2020年1月1日(水) 午後10時15分(50分)
  • 2020年1月2日(木) 午前4時10分(50分)

編集部のおすすめ