もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

映像の世紀プレミアム「戦場の黙示録」
映像の世紀プレミアム 第13集「戦場の黙示録」
みんなの
レビューは
こちら

映像の世紀プレミアム 第13集「戦場の黙示録」

  • 2019年6月22日(土) 午後7時30分(90分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

ヒトラー、チャーチル、マッカーサー等の若い頃が映像として残っててとても貴重な回だった。

投稿者:RYO/19歳以下/男性

世界の運命が変わった歴史の場面、もう一度見たいです。

投稿者:堀越民江/70歳以上/女性

有名な歴史上の出来事については映画等はありますが、映像という客観的事実により、それらの流れや前後関係を知ることができるこの番組は、とても貴重な知識をわかりやすく提供してくれて有り難いと思います。

投稿者:ようちゃん/60代/男性

戦争を違う角度から捉えていた番組で考えさせられました。

投稿者:スーパーユウジ/60代/男性

番組スタッフから

photo photo

第一次世界大戦の最大の激戦となった「ソンムの戦い」。100万もの死傷者が出たこの戦場を、ドイツ軍の伝令兵として駆け回ったのが若き日のアドルフ・ヒトラーでした。同僚の兵士はこう回想しています。

「ヒトラーは、タバコを吸わず、酒も飲まず、兵士としては熱心すぎる男だった。塹壕生活について不平をこぼすこともなく、平和にあこがれるそぶりも見せなかった。彼だけが軍隊生活の危険で殺風景な環境に順応して、これを楽しんでいたのである。」

ヒトラーは銃弾に倒れながらも、味方の窮地を救う活躍で第一級鉄十字勲章を授与されます。階級の低い兵士に与えられることは極めて異例なことでした。ヒトラーはこの勲章を誇りとし、生涯にわたって身に着けました。

一方、アメリカ軍で16個もの勲章を授与されたのがエリート将校のダグラス・マッカーサーでした。師団参謀長でありながら戦場の最前線に立って味方を勝利に導きました。こうした戦功によってマッカーサーは史上最年少の参謀総長へと上り詰め、部下たちにこう訓示しています。

「兵士とは、いかなる者よりも、自己犠牲を求められる存在だ。戦場では、神が人類に与えたこの自己犠牲という気高い精神が、試されているのだ。戦争は恐ろしいものであるが、祖国のために命を差し出すことを求められる兵士は、
人類の最も高貴な発展段階にあるのだ。」

第一次世界大戦の戦場は多くの英雄を生み、彼らは第二次世界大戦の指導者となっていきました。今回の「映像の世紀プレミアム」は、歴史を大きく動かした戦場の運命の瞬間を描きます。

ドイツ軍に包囲され、絶体絶命の状況にあった30万の連合軍がイギリスへの脱出に成功した「ダンケルクの奇跡」。1割も生還できれば成功と言われたこの危険な賭けが成功した裏には、ヒトラーが発した謎の進撃停止命令がありました。伝令兵上がりのヒトラーとドイツ軍のエリート将軍たちとの対立が、連合軍に奇跡をもたらしたのです。

日本海軍が航空機による奇襲でアメリカの戦艦部隊を壊滅させ、世界の海戦のありようを一変させた「真珠湾攻撃」。翌年には、特撮監督・円谷英二によって戦闘がリアルに再現された映画が国内で大ヒットを記録しました。しかし、映画公開時に既に日本海軍は「ミッドウェー海戦」でアメリカに惨敗を喫していたのです。敗因は、連戦連勝を続けた日本の“無敵海軍”という奢りでした。

“史上最大の作戦”としてハリウッド映画にもなった「ノルマンディー上陸作戦」。17万の連合軍将兵が投入された戦闘はわずか1日で大勢が決しましたが、その裏側には2年間に及ぶ連合軍とドイツ軍の頭脳戦がありました。アメリカ軍のアイゼンハワーとドイツ軍のロンメル、二人の稀代の名将の命運を分けたのは、暴風吹き荒れる英仏海峡に訪れた予期せぬ好天でした。

「東京大空襲」を断行し、“皆殺しのルメイ”と呼ばれることになったアメリカ軍航空部隊の司令官、カーチス・ルメイ。その背景には、アメリカ軍内部の陸海空の覇権争いがありました。膨大な開発費をかけた爆撃機B29の威力を証明することを大統領に求められた航空部隊は、軍事施設への精密爆撃を諦め、焼夷弾による無差別爆撃へ作戦を転換したのです。

北朝鮮の優勢で進んだ「朝鮮戦争」。追い詰められた国連軍に逆転をもたらしたのは、“オッズ5千倍”とも危ぶまれた奇襲作戦でした。国連軍司令官マッカーサーがこの作戦に踏み切った背景には、次期大統領候補と目されていた後輩アイゼンハワーへのライバル心がありました。しかし、勝利にこだわるマッカーサーは原爆の使用を訴えて司令官を解任され、大統領への夢も潰えます。

“戦争の世紀”と呼ばれた20世紀、戦場には、知略の限りを尽くし、命を賭けたからこそ起こる奇跡がありました。戦場の生と死の狭間で繰り広げられた極限の物語をご覧ください。

(NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー 伊川義和)

番組内容

映像の世紀プレミアム 第13集「戦場の黙示録」

ドイツ軍に包囲された30万の連合軍が脱出に成功した「ダンケルクの奇跡」。空母部隊による奇襲で海戦の歴史を変えた日本海軍の「真珠湾攻撃」とその成功に溺れて惨敗を喫した「ミッドウェー海戦」。神のいたずらとも言える、天候の変化が勝敗を決した「ノルマンディー上陸」。オッズ5千倍とも言われた、マッカーサーの奇襲作戦で逆転した「朝鮮戦争」。戦場で繰り広げられた極限の物語。歴史を動かした運命の瞬間である。

出演者ほか

【語り】山田孝之,山根基世

チャンネル

  • 2019年6月22日(土) 午後7時30分(90分)

編集部のおすすめ