もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

アメリカ 自由の国の秘密と嘘
映像の世紀プレミアム 第8集「アメリカ 自由の国の秘密と嘘」
みんなの
レビューは
こちら

映像の世紀プレミアム 第8集「アメリカ 自由の国の秘密と嘘」

  • 2018年2月10日(土) 午後7時30分(90分)
  • 2018年6月10日(日) 午後2時00分(90分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

メディアと人との関係が凝縮され、過去の映像なのに、いまこの番組を多くの人が見てほしいと思った。

投稿者:ohyamakan

アメリカの権力の内幕を描いてとても興味深かった。
ケネディの暗殺の真実に迫ろうとする姿勢、ニクソンの嘘を暴くなど知りたいと思うことがたくさん出てきた。

投稿者:キングコング

ジャーナリズムの本質に迫った良質な作品です。
今回の秘密と嘘、権力の罪と罰とも捉えられる。
良く放映出来ましたね。実際世の中は作られているものでスパイ小説さながらの事が現実に起きているとも云われています。知らない方が幸せという事もあるでしょう。
フェイクニュース、アメリカファーストの言葉は当時から有ったのは興味深い。ネット全盛期、一石を投じている。

投稿者:mk

番組スタッフから

photo

アメリカの歴史で最も謎に包まれた事件は、1963年11月22日のケネディ暗殺ではないでしょうか。現在も、アメリカ国民の6割が事件は陰謀であったと考えています。世界を揺るがしたこの激動の1日は、地元テレビ局などが撮影した膨大な映像が残されています。当日の朝のニュースはこう伝えています。

「こちらはダラス、ラブフィールド空港です。ケネディ大統領夫妻の到着を、大勢の人が待ち受けています。今日は一日、雨の予報でしたが、実際には一時間ほど前から空が明るくなり始めました。現在、空港はすっかり晴れ上がっています」

この天気が、世界の運命を変えることになりました。ニュースはこう続きます。

「さきほど、C-123輸送機が、大統領夫妻がパレードで乗るリムジンを運んできました。事前の情報で、屋根を付けるかは天気次第と聞いていますが、その情報は正しかったようです。もう雨の心配はないので、屋根は付けられていません。市内でパレードを見ようという人は、大統領夫妻をガラス越しではなく直に見ることができそうです」

この1時間後、オープンカーに乗ったケネディ大統領は暗殺されました。銃声は3発。その瞬間を撮影したのはダラス市民のエイブラハム・ザプルーダー氏でした。彼はすぐさま緊急報道番組に呼ばれます。

ザプルーダー「8ミリカメラをまわしていると、大統領の車がヒューストン通りを曲がりました。カーブの中ほどまで来た時、銃声が一発聞こえて大統領はこんな風にかがみこみました。そして、もう一発か二発、 銃声がして大統領の頭が割れて、血やらなにやら噴き出しました。私は撮影を続けました。本当にショックで・・・。」

キャスター「世界中の人が同じ気持ちだと思います。そのフィルムはカメラに?」

ザプルーダー「はい 持ってきました。」

キャスター「現像して、できる限り早く、皆さんにお見せします。」

このフィルムこそが、世界中の人々が繰り返し見ることとなる有名なカラー映像です。さらに、暗殺の容疑者であるオズワルドも、全米に生中継されている連行中に殺害されます。オズワルドを銃撃したジャック・ルビーは、服役中に病気で亡くなる直前にこう言いました。

「世界が真実を知ることは決してないだろう。あの事件で大きな利益を得た人々が、それを許さないからだ。」

自由の国・アメリカの歴史は、時として秘密と嘘が渦巻いていました。例えば、「カジノの都」ラスベガスも、そのひとつです。映画「バグシー」の主人公として有名なベンジャミン・シーゲルが、1946年にホテル「フラミンゴ」を建設したことから、砂漠の小さな街に過ぎなかったラスベガスの発展が始まります。実はこの街には、カジノ以外にも大きな観光の目玉がありました。原爆実験です。ラスベガスからおよそ100キロの場所にあるネバダ核実験場で地上地下を合わせて900回の核実験が行われ、昼夜を問わず街の空が輝きました。原爆実験を見る観光ツアーも企画され、フラミンゴのバーでは「原爆カクテル」が看板メニューとなりました。さらに、「ミス原爆コンテスト」まで開催されています。当時、アメリカ政府は核実験の危険性を認識していたのですが、国民に対してはその事実を隠していたのです。あるカメラマンが、当時をこう回想しています。

「実に無邪気な時代だったんだ。ミス原爆コンテストなんてこともやった。女の子の水着に綿をつけて、キノコ雲の形を作った。こんな軽薄なことが他にあるだろうか。軽薄で罪なことなんだが、当時は起きていることの深刻さに気付いていなかったんだ。」

大統領の秘密を握り、意のままに操ろうとした人物もいます。8人の大統領に仕えた初代FBI長官ジョン・エドガー・フーバーは、違法捜査によって秘密ファイルを作り大統領たちから恐れられました。メディア界に君臨した新聞王ハーストは、フェイクニュースによって戦争を煽り、「アメリカファースト」を掲げて大統領選挙の趨勢までも左右しました。地獄と化したベトナム戦争は、テレビ報道によって政府が隠していた戦場の実態が暴かれました。アメリカ政治史上の最大のスキャンダルとされるウォーターゲート事件では、ホワイトハウスに設置されていた録音テープによって大統領の秘密と嘘が明らかになりました。発掘映像と貴重な肉声によって、自由の国・アメリカのもうひとつの顔を描きます。

(NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー 伊川義和)

番組内容

映像の世紀プレミアム 第8集「アメリカ 自由の国の秘密と嘘」

超大国アメリカの理想の裏側を描く。秘密ファイルによって大統領たちに恐れられた初代FBI長官フーバー、フェイクニュースによって戦争をあおった新聞王ハースト、今なお陰謀論がささやかれるケネディ暗殺、テレビ報道によって隠された戦場の実態が明らかとなったベトナム戦争、ホワイトハウスに設置された音声テープによって大統領のうそが暴かれたウォーターゲート事件。秘密とうそに覆われた自由の国のもうひとつの物語である

出演者ほか

【語り】山田孝之,山根基世

チャンネル

  • 2018年2月10日(土) 午後7時30分(90分)
  • 2018年6月10日(日) 午後2時00分(90分)

編集部のおすすめ