もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

英雄たちの栄光と挫折
映像の世紀プレミアム 第4集「英雄たちの栄光と悲劇」
みんなの
レビューは
こちら

映像の世紀プレミアム 第4集「英雄たちの栄光と悲劇」

  • 2017年3月18日(土) 午後7時30分(90分)
6月4日(日)午後1時00分〜 [BSプレミアム]で再放送

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

何度も見たい。再放送を希望します!

投稿者:protein560

人は卑しきものを抱えながらも崇高なものに憧れ、そうありたいと願い、努力しながらも自分の弱さに負ける。しかし、そうではいけないと思いながら毎日自分と戦う。今回、メッセージを私なりに受け取りました。私にできることを精一杯します。これからも魂に響く放送を待っています。ありがとうございます。

投稿者:kikuzou

チェ・ゲバラの本を読みたい。

投稿者:のぶをさん

ケネディが松葉杖を使っていたのは驚きました。

投稿者:いけさん

「映像の世紀 プレミアム」今回は、英雄たちの栄光と挫折というテーマで20世紀の偉人たちを取り上げていました。 4回目の今回が一番面白かったです。僕は、録画してリンドバーグとナチスの軍人ロンメル将軍を取り上げた前半とケネディとモハメド・アリを取り上げた後半を2日間に分けて見ました。

投稿者:渡辺 翔太郎

生き来し時の貴重な復習であった。

投稿者:Tozanjin

番組スタッフから

photo

映像の世紀プレミアムの第4集は、20世紀に現われた英雄たちが登場します。これまで写真や活字でしか知ることのできなかった英雄たちが、映像に記録され、生き生きと私たちの前に現われました。
登場人物をざっとご紹介します。大西洋横断飛行を成し遂げた、空の英雄リンドバーグ、南極点到達をかけて争ったスコットとアムンセン、ホームラン王ベーブ・ルース、60年代反乱の声を上げた若者たちのアイコンとなったチェ・ゲバラ、戦後の日本人に勇気を与えた力道山、キューバ危機を救ったケネディ、そしてリングの外でも活躍し、人種差別撤廃やベトナム戦争に抗議したボクサーのモハメド・アリなど。もちろん、この人がいない、あの人は登場しないのか、などご不満を持つ人はいらっしゃるかと思います。とはいえ、今まで見たことのない貴重映像満載で描く、英雄たちの物語は感涙必至です。

今回、編集をしていて私が思ったのは、英雄とはその時代の必然性の中から生まれ、また、その時代を自分の信念で泳ぎきる人であり、その姿が周囲の人の心を動かし、結果時代を、歴史を、動かしていく人なのだなということでした。そして最終的には時代に抹殺されるという運命も持っています。
例えば一介の郵便飛行士だった25歳のリンドバーグが大西洋横断飛行に成功し一夜にして世界の英雄となったのは、その当時地上のフロンティアを失った世界が新たな冒険談を必要としていたことと、また始まったばかりの映像というメディアのよき題材として必然性がありました。
番組では、リンドバーグの人生を当時始まったばかりのニュース映画の中で追っていくのですが、番組を見ている方には、ぜひ当時の人の気分でリンドバーグに夢中になって頂き、彼の数奇な人生を共に感じていただければ幸いです。世間に持ち上げられたり落とされたりしながら、自分の進むべき道に信念を持ち、歩むリンドバーグは、最後にまた一介の飛行士に戻ります。

20世紀の英雄たちをざっと見渡し、強烈に印象に残ったのは、英雄たちのメッセージが時空を越えて届き、連鎖反応を起こしていることです。たとえば、ケネディ大統領は、アポロ計画を推進しましたが、刺激を与えたのは、リンドバーグの存在でした。大西洋を飛行機で渡るという無謀な試みは、数十年後ロケットで月を目指すというチャレンジに姿を変えて受け継がれたのです。

オバマ元大統領のホワイトハウスの書斎には、ひとつの写真が掲げられていました。モハメド・アリが、リング上で勝利した瞬間の写真です。オバマ氏は、「この写真は一番の宝物」と語っています。同じアフリカ系アメリカ人として英雄視していました。「IMPOSSIBLE IS NOTHING(不可能なことは何もない)」という言葉は、あるスポーツ用品メーカーのコピーとして有名ですが、この言葉は、アリが発したものです。オバマ氏もまた、「IMPOSSIBLE IS NOTHING」をアリから学んだのです。
同じような言葉をキューバ革命の中心人物であり、1960年代、反乱の声を上げた若者たちの英雄ともなった、チェ・ゲバラも残しています。

「もし、私たちが空想家のようだと言われるならば、
 救いがたい理想主義者だと言われるならば、
 できもしないことを考えていると言われるならば、
 何千回でも答えよう“その通りだ”と。
 全ての人間が自分の卑しさを乗り越えながら、
 前進することが可能なのだと答えよう」

世界を変えたいと願う、今の若者たちの心にもゲバラの言葉が強く響くのではないでしょうか。
「映像の世紀プレミアム」は、4月以降も1年の4本程度制作の予定です。これからも貴重映像と歴史のダイナミックさ、不思議さをお伝えしていきたいと思います。
 
(番組ディレクター 河合明子)

番組内容

映像の世紀プレミアム 第4集「英雄たちの栄光と悲劇」

英雄たちの知られざる姿にスポットを当てる。大衆に追い回され、息子の誘拐事件までがマスコミに連日報道された「空の英雄」リンドバーグ。「砂漠の狐」と恐れられ、敵国の首相チャーチルまでが賞賛したドイツの将軍ロンメル。大国と戦い続け、日本など世界の国々を回ってキューバの自立を目指したチェ・ゲバラ。黒人差別にあらがい、徴兵拒否によってリングの外でも戦い続けたモハメド・アリ。英雄たちの栄光と悲劇を群像劇で描く

出演者ほか

【語り】山田孝之,山根基世

チャンネル

  • 2017年3月18日(土) 午後7時30分(90分)

編集部のおすすめ