もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

井上陽水 Love Songs シュールな愛の詩人
深読み音楽会「井上陽水~Love Songs シュールな愛の詩人」
みんなの
レビューは
こちら

深読み音楽会「井上陽水~Love Songs シュールな愛の詩人」

  • 2019年11月27日(水) 午後9時00分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

生と死が隣り合わせの町、筑豊・田川で暮らした者の一人として、一つひとつの歌詞やメロディーに陽水の生死観が窺えたような気がした。いい企画でした。再放送を期待しています。

投稿者:to_ru/男性/50代

ずっと好きなアーティスト! 今回詩を深読みしていただけて 17歳くらいから65歳まで 今回リバーサイドホテルの深読みがとても面白く興味深かった!

投稿者:FUMI/女性/60代

今まで陽水の曲は好きで何度も聞いあて、メロディーありきで、深く考えること無かったので、今回の深読みを見て目からウロコ!
深いです、陽水の歌詞は。
作家の先生方の解説わかりやすく面白く興味深いものでした。
陽水様、天才!
是非もう一度この番組見たいです。

投稿者:チコ/女性/60代

大変楽しい時間を過ごさせていただきました。面白かったです。元々洋楽が好きなので、普段は曲に流され、歌詞を深く掘り下げることなどしませんので。色々なバックグランドをお持ちの方から、思いがけない切り口からの読みを聞かせていただきました。保存版にします。

投稿者:KITA/男性/60代

新しい視点で聴き直したくなった

投稿者:八巻孝洋/男性/70歳以上

長年の疑問が 少し明かされた感じで 面白い内容でした。

投稿者:Godzi37/男性/60代

中島みゆきをやらないわけないでしょうね

投稿者:真昆布/男性/60代

今の世の矛盾とからくりを謎めいたメッセージコードで怪しく歌ってくれる陽水さん
何度も楽しませてもらえますね

投稿者:康の掌 こうのて/男性/60代

陽水の詞や曲に惹かれてコンサートに何度も行ってます。深読みは出演者の解釈が興味深かったし、イチオシがみんな、私のイチオシと一緒だったことが嬉しかったです。

投稿者:cherry/女性/60代

傘がないの「君」は先に大学に進学し全共闘活動で挫折した同級生?、帰れない二人は心中の歌?、リバーサイドホテルのリバーは三途の川?、陽水さんの歌詞だからこそ深読みできる楽しい1時間でした。

投稿者:ヒロ/男性/50代

今年songsを観て感動しコンサートに3回行きました。陽水さんの曲は小学生の時から兄の影響で、聴いていましたが。
もっと早く行動に移せばよかったのに、とくやまれます。
陽水さん大好きです。天才、神様、日本の宝です。ファンの方のコメントで陽水さんに2倍の寿命があったらいいのに、というのを読んだことがあります。同感です。お元気でご活躍されることを願っています。

投稿者:ケイ/女性/50代

裏があるというか、表面的な読み方聴き方では分からない、それこそ深読みならではの意味があるものだと、感じた

投稿者:シマフクロウ/男性/70歳以上

是非、地上波で再放送をお願いいたします。

投稿者:akimi/女性

不思議な魅力にとりつかれて聴いた曲がたくさんかかりました。
やっばり魅力的なシンガーだったのですね。(^-^)/

投稿者:Doすずき/男性/50代

興味深い。知らなかった曲についてもきちんと聴きたくなった。

投稿者:ニコ/女性/20代

これぞ!まさに深読み音楽会!!
四人それぞれの観点から深く、鋭く、掘り下げた陽水さんの詩への解釈
興味深く、面白く、新鮮で、陽水さんの世界の新たな発見が広がります。
もっと、ずーっと味わっていたい素敵な時間でした。
是非とも、再放送を!もう一度見たい!!!

投稿者:mukkuk/女性/60代

なぜか癒される。
不思議な陽水の声、メロディー、歌詞。

投稿者:ペイ/男性/60代

井上陽水のスゴさをあらためて再認識、再発見した番組でした。出演者のそこまで読み取るか! 凄い想像力! 感心させられるコメント楽しめました。
次はどのアーティストが題材になるか楽しみです。

投稿者:かめえみ/女性/50代

陽水の詞を深読み。「ンン~ 深い」酒を呑みながら、じっくり聴きたい。

投稿者:バゥア~/男性/60代

陽水の詩の素晴らしさを再認識出来ました

投稿者:enbe/男性/60代

貴重な番組を拝見させて頂き有難うございました。私にとっては近年で一番興味深く、実に有意義で共感出来る内容でした。新発見も多々ありました。井上陽水さんは名曲の宝庫です。深読みして頂きたい曲がまだまだ沢山あります。第2、第3弾のオンエアを是非宜しくお願い致します。期待しています。

投稿者:がじろう/男性/50代

どんだけ深読みするんだぁ、という面白さでした。
陽水の曲はどれも「深読み」候補になりそうですね。
陽水大好きです。また是非取り上げて下さい。

投稿者:かっちゃん/女性/60代

楽しかった。再放送希望

投稿者:佐藤喜夫/男性/60代

番組では触れていませんでしたが、英訳されたロバート・キャンベルのお話では「傘がない」の「傘」は人類全体にさす傘というようなお話をされていました。陽水さん凄い!

投稿者:hana/女性

陽水の歌とともに青春時代を過ごした私
当時は歌詞のまま、すんなり陽水の世界に浸って心震わせていました。久々に陽水の透き通った声を聴いて今も新鮮さを感じます。歌詞も曲も声も陽水は天才だと改めて思います。深読みするとこんな解釈もできるのかと、興味深く番組を視聴しました。

投稿者:ハスキー/女性/70歳以上

とても面白かった。物の見方の角度について勉強にもなった。

投稿者:正/男性/40代

音楽が判らない私ですが20代から陽水が別格に好きでした。
意味不明の歌詞ですが透明感の有る声に癒され、別次元の世界に誘われる。
深読みしすぎの解釈に芸術的なきらめきを知る時「好きで良いのだ」と、陽水と関わる時間がタイムスリップしてあの頃の私が居る。

投稿者:富山のマリア/女性/60代

先日、某新聞にて 陽水の歌詞を英訳する記事が有りました。
「傘がない」→ "僕" に無いのではなく、"人間・人類" に無い…とか。英訳っていうのは大変難しいのだなぁ。陽水は特に…と、感じたばかりの時でしたのに、番組に気付かず録画をしておりませんでした。是非、再放送をお願い致します。
陽水の日本語の使い方の引出しの豊富さには、本当に驚かされます!

投稿者:ザキ/女性/60代

10代の頃、初めて聴いた陽水は衝撃でした。陽水は声、歌唱力、メロディーに優れたシンガーソングライターですが、なんといっても最大の魅力は、その歌詞にあります。視点、言葉の選択、表現力、すべて素晴らしい、まさに天才詩人です。四人の名曲探偵家の深読み解釈もそれぞれなかなかユニークで面白い。陽水を語り合う、こんな番組を私は待ち望んでいました。

投稿者:おろししょうが/男性/60代

勝手な深読みが主旨の番組なので、勝手に討論されても何の問題もありませんが、井上陽水さんが、この番組を観て、どう感じたのかを知りたいところです。詩の本意は、ご本人しか語れない(語ったら詩ではなくなりますし、語らないでしょうが)し、一人一人が想像するから詩の宇宙感を楽しめるのに、こんな読み込み方が出来る…と、サンプルを見せられたような空しさを感じながら観ました。

投稿者:みどすけ/女性/60代

とても面白かった。今年観たテレビ番組の中のベストワン!NHKさんありがとう!あなたにお金を取り上げるとは意外でした。是非、陽水第2弾をやっていただきたい。ビルの最上階、マイハウス、娘がねじれる時、ミスキャスト、覚めない夢…まだまだ深読みできる曲たくさんあります。

投稿者:あのかどを曲がれば/男性/50代

とても見応えある番組でした。
第2弾、第3弾も是非やっていただきたいです。
他のアーティストで、ここまで語られ得るアーティストは日本にいるのでしょうか?

投稿者:陽水病患者/男性/50代

唯一無二の陽水世界。その不思議な世界に魅了され続けてきたが、この番組によって謎の一端がつかめた気がする。出演の皆さんの深い洞察に感動しつつ見入った。ただ「氷の世界」が、「え、これだけ」と思えるほど尻切れトンボだったのがとても心残りだった。この歌の意味や世界をもっと掘り下げるべく、もう再度の参集を願う。いずれ素晴らしい番組だった。ありがとうございました。

投稿者:なめとこ山のくま/男性/60代

非常に興味深く拝見しました。
ぜひ次は、中島みゆきさんでお願い致します。
(次回の放送予定日はいつでしょうか?テレビ欄をよほどきちんと見ていないと見落としてしまいます)
中島みゆきさん・井上陽水さんは日本の宝です。
現在、民放で良質な音楽番組がないため、以前放送されていたミュージックポートレートの再開か再放送をしてほしいです。

投稿者:KEN/男性/40代

今まで何気なく聞いていた陽水さんの歌詞の深い意味、もう一度じっくり聞いてみたいです。再放送切にお願いします。

投稿者:深読 K/男性/70歳以上

途中からしか見れなかったのですがこの上なく刺激的な内容でした。40年前からのファンです。どうか再放送をお願いします!

投稿者:ダンゴウオ/男性/50代

「あなたにお金」を取り上げてくださったの、嬉しかったです。陽水さんの歌詞をそのまま絵にするとシュールなものが多いんだけど、この曲は思い描くほどに優しくて、ホロっとしてしまいます。

投稿者:カナリア/女性/40代

シリーズ「深読み音楽会」。Jポップを代表するソングライターの歌詞にこだわり、曲の魅力と謎をふか~く掘り下げます。
今回は、シュールな愛の詩人・井上陽水さんの歌詞の世界。題して「深読み音楽会 井上陽水 Love Songs」。

愛の詩人「井上陽水」誕生

“深読み”する名曲探偵は…
作家・高橋源一郎さん、版画家・山本容子さん、芥川賞作家・朝吹真理子さん。さらにミュージシャンの小室等さんと、安藤裕子さん。
番組でとりあげた名曲の中から4曲を、探偵たちの“深読み”とともに紹介します。

愛の詩人「井上陽水」誕生

『傘がない』

------

都会では 自殺する若者が増えている
今朝来た新聞の片隅に書いていた
だけども問題は今日の雨 傘がない
行かなくちゃ 君に逢いに行かなくちゃ
君の町に行かなくちゃ 雨にぬれ

つめたい雨が 今日は心に浸みる
君の事以外は考えられなくなる
それはいい事だろ?

------

『帰れない二人』は、なぜ帰れない?

安藤裕子さん(以下、安藤):陽水は何を言いたかったんですかね?傘がない。
高橋源一郎さん(以下、高橋):僕ら要するに「ない」っていうのに反応したわけね。それまで、何にしろ「あれ」だったのが「ない」って。
だから上を見ていたのが下を見る、足元を見る、はっと我に返る、みたいな。
長嶋甲兵プロデューサー:全共闘世代からシラケ世代への転換の歌、というふうに言われていますけれど。
高橋:僕はちょっと違うんじゃないかっていう気が。まず1つはね、陽水さんは全共闘世代、浪人したけど。恋愛の歌になってるんだけど本当に恋愛の歌なんだろうか?
「君」って自分より先に大学に入っていろいろなことがあって、雨の中を散っていった友人じゃないか…、とか。
安藤:僕も友達と同じラインに行かなければ、ということですか?
高橋:結局、行かなかったよねって。それはいいことだろって。だからね、恋愛の“ラブソング”なんだけれども、社会参加の歌って考えても、ちゃんと読めるように。
小室等さん(以下、小室):そうやって読み取ることが出来るなら、凄い歌ですよね。
安藤:さすが深読みですね。

『帰れない二人』は、なぜ帰れない?

『帰れない二人』

------

思ったよりも 夜露は冷たく 二人の声も ふるえていました

「僕は君を」と 言いかけた時 街の 灯が消えました
もう 星は 帰ろうとしてる 帰れない二人を残して

------

『帰れない二人』は、なぜ帰れない?

安藤:映画だなと思ったんです、この瞬間離れられない二人、でも進めない二人みたいなものが、映像でポンと出てくるっていう。
小室:これは僕、ピュアだと思います。
朝吹真理子さん(以下、朝吹):私も、もちろん愛し合ってる二人なんだけど。なんか、心中しようとしてできない歌だったと勝手に思っていて。
安藤:心中まで持っていったんですね。でもすごくロマンチック。
山本容子さん(以下、山本):確かにそう思ったら、この帰れないっていうのがどこへ帰れないのか。「生の道へ帰れない」という帰れないなら壮絶だよね。
安藤:『帰れない二人』って、メロディーもすごく洋楽的というか…
小室:ところがその後に気持ちよく、“♪僕は~”っていってくれるから、ほっとするんですよ。
山本:そうそう。確かに。
安藤:“♪僕は君をと言いかけた時~”って、日本歌謡のメロディーになっているんですよね。
小室:その後はまた洋楽的に “♪帰れない二人を残して”って、もうおしゃれ感満載。
山本:じゃあやっぱり死んでない。モダンすぎる。

宮沢賢治に向けたラブソング!?

『ワカンナイ』

------

雨にも風にも負けないでね 暑さや寒さに勝ちつづけて
一日 すこしのパンとミルクだけで
カヤブキ屋根まで届く 電波を受けながら暮らせるかい?

君の言葉は誰にもワカンナイ 慎み深い願いもワカンナイ
明日の答えがわかればつまんない 君の時代のことまでワカンナイ

------

宮沢賢治に向けたラブソング!?

小室:陽水さんは、一言で言うと“?マーク”の人で、とにかく何に対してもハテナ、ハテナって言っていないと気が済まないっていう。だから、この宮沢賢治の凄い詩に対して、“♪君の言葉は誰にもワカンナイ”って言うんですよね。
山本:そのまま真に受けて要約したり、説明したりしていないところが面白い。やっぱり音楽大事ではめ込んだ形の「南に貧しい子供が居る/東に病気の大人が泣く」って書いているんだけど、“♪南(ミ~ナミ~)に~”って三つ言ったから、“♪東(ヒ~ガシ~)に~”って。南と東を選んできたのは、そういうことかな。
安藤:なるほど。音三個欲しいっていう。
高橋:この詩の面白いところは、いったん宮沢賢治を否定する立場になっているんだよね。だから“ワカンナイ”し、ダサいし。でも否定しきれないね、っていうところで歌を作っている。ついでに言うと宮沢賢治を擁護しつつ、これは自分の立場だよね、理解されないっていう点では。
朝吹:抜かりない(笑)。
高橋:宮沢賢治のことを歌いつつ、実は、自分のことを歌っているんじゃないかな。

80年代 バブルな愛

『リバーサイドホテル』

------

誰も知らない夜明けが明けた時 町の角からステキなバスが出る
若い二人は夢中になれるから 狭いシートに隠れて旅に出る

昼間のうちに何度もKissをして 行く先をたずねるのにつかれはて
日暮れにバスもタイヤをすりへらし そこで二人はネオンの字を読んだ

ホテルはリバーサイド 川沿いリバーサイド
食事もリバーサイド Oh リバーサイド

------

80年代 バブルな愛

朝吹:何度も「リバーサイド」を言い続けるので、すごい不思議な歌だなって思っていたんですけど。二人が心中をしている歌じゃないかと私は思っています。
「誰も知らない夜明けが明けた時」から、すごく不思議で。「夜明けが明けた」ってそもそも言わないけど、生きているとみられない夜明けで。「狭いシートに隠れて旅に出る」のは、きっと黄泉の旅路。
「チェックインなら寝顔を見せるだけ」っていう言葉も、すごく気になっていて。
高橋:謎だよね。
朝吹:チェックインはホテルと交わす契約だから、なんで寝顔なんだろうっていうと…
安藤:死んでる。
朝吹:そう、やっぱり永眠している顔がパスになる。死者のホテル。
山本:なるほど、衝撃的な聴き方で。
高橋:でも僕もそうだと思いますよ。リバーサイドホテルって、生と死の中間の場所だと思う。
安藤:意識の裏側に、もう既に存在しているような近さがありますね。
高橋:だから僕らの中にある、もしかすると生と死の狭間を行っているのかもしれない。

「井上陽水」の「Love Song」とは?

「井上陽水」の「Love Song」とは?

安藤:井上陽水のラブソング、私が語っていいのかわかりませんが、「はぐらかしの達人」というか。
小室:一言で言ったら、何か「危険な感じ」じゃないんですかね。言い方を変えると「フェロモン」。
山本:私は何か「臆病な感じ」がして好きなんですね。20歳の頃から聞いていますから。臆病なボーイフレンドっていう感じがして。
朝吹:私は流れる人間の、時間は流れていくんだけど、「2人の感情だけ係留されたまま動かない」ような。せき止められている場合もあれば、どんどん過ぎ去っていってしまう感じもして。
高橋:一言でいうと「複雑」。さらに、両性具有的じゃないかと思うんですよ。男?あれ女?っていうような歌詞が意外と多くて。両性具有的で、しかもそれを隠してる。
朝吹:何か本当の山師って自分が山師だっていう事をわかんないみたいなことですよね。
安藤:「本心を明かさない」、意識的というよりは明かせないっていうような。

番組内容

深読み音楽会「井上陽水~Love Songs シュールな愛の詩人」

70年代以降の若者たちが、シンガーソングライターとしてリアルな感情や社会問題を歌にして、ポピュラーソングを劇的に変えた。今回は井上陽水のシュールで不思議な歌詞を持つラブソングを取り上げる。文学や美術、音楽などのエキスパート(=名曲探偵)が、歌のフレーズやディテールに徹底的にこだわって、その曲の時代や社会背景、主人公の心理分析、音楽理論など、魅力と謎をあらゆる観点から勝手に「深読み」する。

出演者ほか

【出演】安藤裕子,高橋源一郎,小室等,山本容子,朝吹真理子,【語り】桑子真帆

チャンネル

  • 2019年11月27日(水) 午後9時00分(60分)

編集部のおすすめ