もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

第65回全国高等学校演劇大会に密着
青春舞台2019
みんなの
レビューは
こちら

青春舞台2019

  • 2019年9月7日(土) 午後10時00分(60分)
  • 2019年9月14日(土) 午前0時00分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

ほかの学校の紹介ももっと沢山観たかった。

投稿者:スズキ/女性/30代

総文祭の演劇ドキュメント見たいです。

投稿者:マーコ/女性

逗子開成高校、面白かった。これからも、高校生の演劇が見たい。

投稿者:アレンジk/女性/60代

素晴らしい!ぜひ継続して放映してください!

投稿者:Tokyolullaby/男性/50代

録画予約していたのに取れていないかった(泣)
今日も演劇部で頑張ってきた。
帰って観るの楽しみにしてたのに。
お願い!NHKさんっ。もう一度チャンスを!!

投稿者:演劇女子/女性/19歳以下

2日続けての公開、ありがとうございました。全国大会に行けなかったので、とても有難かったです。全国からよりすぐりの素晴らしい高校演劇、その高校演劇に青春をかける高校生、先生方の想いや葛藤を見れて、私も頑張ろうと思いました。今回はフルバージョンでは、最優秀賞を獲得した学校のみでしたが、出来れば他の学校の演劇も見たいです。
ご検討よろしくお願いします。

投稿者:鯉/女性/19歳以下

高校演劇は、大会で生徒が照明を設置したり、舞台専門の道具を動かしたりと、とてもすごい世界です。ですが、私の県では演劇部は年々減少し、大会も厳しい地区もあります。ですが、この放送で少しでも高校演劇に興味も持って、将来の部員に繋がったらと思います。そのためにも是非、最優秀賞だけではなく優秀賞も放送して欲しいです。私達演劇部員はこの「青春舞台」は誇りに思ってます

投稿者:ふぁざぁー/女性/19歳以下

素晴らしい番組でした。来年以降もずっとやって欲しいです。

投稿者:ながっち/男性/40代

毎年、この番組を楽しみにしています。特に今回は出身地の高校がでていたので、より興味深く拝見しました。なかなか他の番組で取り上げられることがない大会なので、毎年放送していただけて嬉しいです。

投稿者:ジジョ/女性/40代

TBSのラジオ番組で紹介され昨年から見ています。あの純粋な熱さは見ていてほだされます。是非最優秀作品だけでなく、優秀作品も放送お願いします。

投稿者:河野 正利/男性/50代

観たかったがどうしても観ることが出来なかったなど、演劇、高校演劇のすばらしさを伝えるためにも再放送を望む。

投稿者:ゾンビのパパ/男性/50代

TBSラジオの影響で去年から見ています。
非常に面白いです。
出場全校は難しいとは思いますが、配信などで受賞校の「完全版」を放送してもらえないでしょうか?

投稿者:damezaemon/男性/40代

優秀校作品の再放送も是非お願いします!!!
高校生演劇に胸熱くなり、かつ考えさせられる内容も多く、たくさんの方に見ていただきたい作品ばかりです。

投稿者:みょん/女性/30代

自分も演劇部で、毎年この番組を楽しみにしています!最優秀校の演劇が取れていなかったので、再放送をお願いします!

投稿者:あき/女性/20代

娘に薦められて観ました。最優秀作品は、高校演劇特有の大仰なせりふ回しもなく(すみません!先入観あります)、大変観やすく、一時間があっという間でした。ドキュメンタリー編だけでなく、こちらも再放送してほしいです。

投稿者:食わず嫌い/女性/50代

今年も素晴らしい放送内容でした。
生徒が舞台を通じ、学校生活、私生活、自分、友人…と様々なものと向き合い成長していく。本来、目には見えないその精神的な成長が演技という形でアウトプットされるので、高校野球などのドキュメンタリーよりも感動できる。2時間など長い尺で観たい。

投稿者:橋本/男性/30代

演劇に命を燃やす部員達に感動しました!!
なかなか高校演劇の現場を観ることが出来ないので、とても面白かったです。録画していなかったので、是非再放送して下さい。

投稿者:おきょう/女性/40代

どんな番組?

地区大会を勝ち抜いた12校が
“演劇日本一”をめざす
「全国高等学校演劇大会」

photo

鹿児島県立屋久島高校
作品名「ジョン・デンバーへの手紙」

photo

大谷高校(大阪府)
作品名「ふじんど」

photo

埼玉県立新座柳瀬高校
作品名「Ernest!?」

全国大会に向かう高校生の格闘の日々と 晴れの舞台に迫る

青春舞台2019
2019年9月7日(土)午後10時00分放送
Eテレ

番組スタッフから

photo photo

【この番組を企画したきっかけ】
高校演劇部2000校の中から日本一を決める「演劇の甲子園」といわれる高校演劇全国大会。演劇に青春をかけて日本一を目指す高校生たちに、高校演劇出身の女優の松本穂香が密着しました。
なんといっても、持てる力をすべて使って全身で演じ切り、上演後、仲間と抱き合って涙する高校生の姿は感動的です。
また昔から「演劇は社会の鏡」といわれます。高校演劇には一般の演劇にはない魅力があります。高校生たちが今の社会を、世の中をどう捕えているのか、その一端を垣間見ることが出来るのも高校演劇です。
高校演劇には、高校生ならではの若い感性がほとばしっています。「東大を目指すアイドルの育成」を計画する高校生オタク達の物語(香川県立丸亀高校)や、本来しゃべることのないゾンビが自らの思いを語ることによって、人間のエゴと弱者としてのゾンビを描く(逗子開成高校)、また、震災でつらい過去を経験した演劇部員たちが自分自身を演じる群像劇(福島県立ふたば未来高校)など、全国の地区大会から勝ち上がってきた12校の舞台はそれぞれが特徴的で魅力的です。舞台に青春を懸ける高校生たちを追いました。

【制作にこだわった点、もしくは、苦労した点】
九州ブロック代表は屋久島高校演劇部。女優・松本穂香が屋久島高校を訪ね、全国大会に初出場する彼らに密着しました。演目は「ジョン・デンバーへの手紙」。高度成長期、屋久杉の大量伐採を食い止めようと奮闘した高校教師の実話を舞台化した作品です。資金のない中、伐採の様子を3年間映像に取り溜めた記録映画で全国に惨状を訴えて、屋久島が日本初の世界自然遺産となる礎をつくった物語です。題名のジョン・デンバーは「カントリー・ロード」の歌で知られる世界的なカントリー歌手です。直接彼に惨状を訴える手紙を書いたところ、彼からは無償で音楽を提供する申し出がありました。
樹齢2000年の屋久杉の原生林は島の誇りです。高校生がその島の歴史をどう演じるのか、演劇部の部室で初めて練習を見た松本穂香の目には思わず涙がこぼれます。

【印象に残った言葉】
主人公となった屋久島高校の理科教師であった大山勇作さん(75)のお宅を松本穂香が訪ねます。そこで大山さんは『2000年も生きてきた屋久杉がチェーンソーでわずか17分で切り倒されていく。大きな木が2000年も生きている木が17分で命が終わってしまう。空しくて、こんなに簡単に切っていいものだろうか。人間の勝手で』といって、ハゲ山となった1枚の写真を見せてくれました。屋久島に生まれ、屋久島の自然を愛してやまない大山さんの思いのこもった言葉です。

(プロデューサー原 正隆)

番組内容

青春舞台2019

高校生が演劇日本一をめざして熱戦を繰り広げる全国高等学校演劇大会を紹介する青春ドキュメント。7月に鳥栖市でおこなわれた本大会のハイライトを中心に、演劇に青春をかけた高校生たちの熱い戦いに、高校演劇部出身の女優・松本穂香が迫る。屋久島の原生林伐採に心を痛め、故郷の自然を守ろうと立ち上がった青年教師の「実話」に基づいた創作劇に挑む屋久島高校演劇部にも密着。晴れ舞台で、見事、最優秀賞に輝いた高校は?

出演者ほか

【出演】松本穂香,栃木県立小山城南高等学校,大谷高等学校,島根県立横田高等学校,鹿児島県立屋久島高等学校,佐賀県立佐賀東高等学校,帯広北高等学校,福島県立ふたば未来学園高等学校,逗子開成高等学校,埼玉県立新座柳瀬高等学校,岐阜県立長良高等学校,日本大学鶴ヶ丘高等学校,香川県立丸亀高等学校

チャンネル

  • 2019年9月7日(土) 午後10時00分(60分)
  • 2019年9月14日(土) 午前0時00分(60分)

編集部のおすすめ