もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

白川義員 “天地創造”を撮る
白川義員“天地創造”を撮る
みんなの
レビューは
こちら

白川義員“天地創造”を撮る

  • 2018年2月7日(水) 午後9時00分(90分)
  • 2018年5月23日(水) 午後3時00分(90分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

まさに、神がかった最後の「写真家」。単なる自然や風景を撮るのではなく、自身の思想、メッセージが強く背景にあり、御歳を全く感じさせないバイタリティあふれる姿に感動を超えて涙しました。

投稿者:佐々木直樹

82歳にしてあの情熱!
82歳にしてあの執念!
学ぶべき事が多い、すばらしい番組でした!

投稿者:しずてっちゃん

挑戦の心は人にエネルギーを与えますね。自然の力は人を受け入れ、そして生を与えます。番組はすばらしいですね。

投稿者:竹井ちゃん

アメリカ旅行に数回行っていますが,この光景、この場所の雄大さアメリカの大きさに圧倒されます。今回録画をしていなかったので是非とも再放送を希望いたします。

投稿者:野瀬昭男

私と同年齢で活躍している姿に感動した

投稿者:猪

自然の造形美に驚愕した。それを追い求めて来た白川さんの写真家としての凄(すご)さを感じた。写真家としての白川さんの世界を切り取ってしまったドキュメンタリーだった。

投稿者:小林房雄

ご高齢になられた白川さんが命を懸けて肉体の限界で撮影に挑戦され宇宙規模で地球の平和を訴えられる姿に感動を覚えました。どうか最後までお元気で撮影を続けていただきたいと願っています。

投稿者:ロッキー2

白川さんの迫力・執念がすごかった。
あそこまでの気迫で迫れば、写真の神様もほほえんでくださるのでしょう。
風景写真を撮影するときの参考になりました。

投稿者:ふりーぱ

見たことがない世界を、撮影する命をかけた取り組みに心から感動した。
ぜひ再放送していただきたい。

投稿者:おーた

若い頃憧れの写真家三番手だった白川さんのお元気な姿に体が震えた。
昔、アメリカ大陸の写真展で度肝を抜かれたが体当たりの取材に胸が熱くなった。マッターホルンの朝焼けの美しさに鬼の白川がシャッターを押すのを忘れた!。私にも経験が有ります。大台ケ原の日出ヶ岳でシャッター押すのを忘れて立ち尽くして一瞬シャッター押すのを忘れベストショットを逃した。鬼も我を忘れさせる美!

投稿者:カイアシ

ご高齢で体調も十分でない先生の姿と撮影に対する執念に感動しました。
涙が出そうになりました。とてもすばらしい番組です。是非,再放送を望みます。以前に,飛行機からヒマラヤの山々を撮影する番組も見ました。
あれから何年経ったのでしょう。先生もお年を召されましたね。少し寂しい気もしますが,壮大な仕事の達成を心からお祈りいたします。

投稿者:ヤンT

写真によるメッセージは、大変なことですね。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者:rakki

白川氏の写真にとても惹(ひ)かれるものを感じておりましたが、写真集を買えるほどでなし‥そんなおり、BSで密着取材を見られてうれしかったです。白川氏の撮影に対する執念と言うか、生きた証を残す執念が身近に感じられました。怠惰な我が身を反省する機会にもなりました。

投稿者:いたにっち

雑誌の巻頭を飾られた写真を見た時に、色使いやダイナミックな構図に、新鮮さやエネギッシュな若さを感じておりました。放送を拝見してただただ驚くばかりで、1カットにかける執念を学ばせていただきました。
これからも私たちの世界の天地創造を後世に残してほしいと思います。

投稿者:おとうくん

空中写真の取り組み方がすごい。富士山やヒマラヤなど見ていたのでこの番組も録画・・っと思っていたら残り30分がとれておれず是非再放送をお願いします。

投稿者:HOIHOI
  • 写真家 白川義員さん、82歳 人生で最後の作品を撮影する旅へ
  • 旅の始まりは、無数の岩が大地を埋め尽くす、アメリカ南西部 コロラド高原
  • 「地球再発見による人間性回復」をテーマに、命をかけて大自然と向き合う

どんな番組?

photo

自然が作り出す造形が
ある時間の中でだけ見せる、奇跡の姿

photo

写真家
白川義員さん
半世紀以上
大自然と
向き合ってきた

82歳を迎え、人生で最後という作品
『天地創造』を撮影するため世界を巡る旅へ

photo

数千万年という時をかけ
風雨に刻まれた大地

地球の、いのちの根源にあるものとは何か?

photo

「写真家は現場に立つことが生きがい」

白川さんは、自然の光だけを頼りに
移り変わる大自然の瞬間を切り取る

過去の撮影で
失った左の肺
砂漠の暑さと疲労
が体力を削る

photo
photo

「我々の住んでる世界は、これほどまでに
鮮烈で荘厳で感動的なんだってことを
見てもらいたい」

“地球再発見”の先に追い求める
“人間性の回復”

photo

「自分のイメージするものを
1枚の写真にすることに、命がけ」

白川義員“天地創造”を撮る
2月7日(水)午後9時00分放送
BSプレミアム

番組スタッフから

photo

孤高の写真家、白川義員。地上に姿を現した最初の人類が見たであろう「原初の光景」を追い求めて、82歳を超えた今なおファインダーに向かい続ける、日本よりもむしろ世界でその名を知られた写真家だ。これだけ開発が進んだ地球、しかもアメリカ大陸の一体どこに、「原初の光景」が残されているのか?そんな途轍もなく困難な課題を自らに課し、挑み続ける白川氏の姿には、NHKの多くの先輩ディレクターたちが魅かれ、過去にいくつもの番組が生み出されてきた。私たちもそんな白川氏の姿に共感し、その思想に迫り、メッセージを伝えるべく、奮闘した。古き良き日本人の姿と、途方もなく広い視野と発想。白川氏の姿そのものに、現代を私たちがどう乗り切って生きて抜いていくのかのヒントが隠されている。

(番組プロデューサー 依田 一)

番組内容

白川義員“天地創造”を撮る

世界的な写真家・白川義員氏が、人生最後とする旅に出る。作品『天地創造』の撮影が目的で、スタートに選んだのは、アメリカ・コロラド高原だ。標高1500mを超える広大な高原には、古生代・中生代・新生代などの地層が堆積し、地殻変動によって、不思議な景観が広がっている。人類が誕生する以前の「地球原初の姿」を写し取ることをライフワークとする白川氏の旅に密着ドキュメントする。

出演者ほか

【出演】写真家…白川義員,【語り】三宅民夫,【朗読】古野晶子

チャンネル

  • 2018年2月7日(水) 午後9時00分(90分)
  • 2018年5月23日(水) 午後3時00分(90分)

編集部のおすすめ