もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

行くぞ、最果て!
行くぞ!最果て!秘境×鉄道「メキシコ・チワワ太平洋鉄道」
みんなの
レビューは
こちら

行くぞ!最果て!秘境×鉄道「メキシコ・チワワ太平洋鉄道」

  • 2017年7月26日(水) 午後9時00分(90分)
  • 2017年9月3日(日) 午後2時30分(90分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

今回も面白かったですヽ(´∀`ヽ)
家族で見ました!あんな秘境には生涯行けそうにないので(いろんな意味でw)、見たことない景色が見られて、おーーーすごーい高~い怖~い」って楽しませてもらいました!やすくんよくしゃべってておもしろくてお茶目で面白かったですし、マラソンおつかれさま(*´∀`*)また次回もあったら終着点をもっと長く見たいです(笑)

投稿者:ゆわわ

ヤスくん最高!!!!一つ一つの出来事に対する純粋な反応にとても好感が持てました。また、有働さんのアナウンスも、ヤスくんに対するツッコミがとても面白くてよかったです!

投稿者:りりー

続編を待っていました!カナダに続いてメキシコもとても面白かったです。景色が良いのはもちろん、軽快なナレーションとやすくんのおとぼけも見てて飽きませんでした。ワクワクしながら見てたらあっと言う間に90分が過ぎていました。

投稿者:山羊

ヤスくんの人柄だからこそ出せる雰囲気がある番組だなぁと思いました。
もともと旅番組は好きですが、見ていて親近感がわき、楽しく拝見させていただきました。

投稿者:山羊

メキシコの旅傑作でした!誰にでも気さくに話し掛け、気になることにはドンドン挑戦して、見ているコッチまで、本当に楽しい気持ちになりました!!列車が着て、キャンディをあげた少年とヤス君が、パチンコ玉で遊べなかったのは残念でしたが、本当に残念だったのは…
終始、一緒に旅をしている感覚に陥り、この番組を録画出来なかったこと…!早く再放送が見たいです!

投稿者:じゅんぴ

古原君の感想通り、マジ!スゲーッ!でした。
チワワ駅降りると駅前にチワワがウジョウジョのくだり、笑えます。
な訳ないだろう!!
マラソンチャレンジのシーン、テロップで「良い子は真似をしないように」と出すべき。

投稿者:もんどのすけ

行ってみたい。
絶景にびっくりしました。

投稿者:スミ63

つまらない番組が多いので、こんな番組が増えるとうれしいです。

投稿者:16

人懐っこい古原さんが良い味でて現地の人との交流に癒されました。有働さんのナレーションも良いですね。再放送リクエストします。

投稿者:よん

すごく面白かったです。ヤスくんの現地の人とすぐに親しくなれるところすごいと思いました。

投稿者:けいこ

今回カナダの続編が放送されるということでスゴく楽しみにしていました!過酷だった前回にくらべたら平和な旅になっていた感じはありましたが歴史や暮らしなどたくさん学べておもしろかったです☆ヤスくんの視点で発見したものや感動したものが見れておもしろかったです!現地の子供と絡んだり、マラソンに参加したりが特に良かった!またヤスくんの秘境への鉄道旅を楽しみにしています!

投稿者:はにまる

カナダに引き続き第2弾をやるということで、とっても楽しみにしてました!今回も雄大な高山地帯を走る鉄道と周りの自然がみせる景色、そしてヤス君の素直で自然なリアクションが見ていて本当に心を癒やしてくれました。ヤス君だからこそ、すてきな番組になってるんだと思いました。続編も是非期待しています!

投稿者:wolfgirl

メキシコのローカルの方々とのふれあい、とてもよい経験をされてるなーと思いながら拝見させていただきました。ただ、メノナイトの男性に、これからも頑張ってください、はないでしょー。君の方ががんばれ、です。都会に住んでるからって偉いわけじゃない。少し勘違いしてるかな。

投稿者:CUbabe
  • 世界の“秘境”を鉄道で旅する 第2弾はメキシコの山岳地帯へ
  • 海抜2300mの高地を走るチワワ・太平洋鉄道 旅するのは古原靖久さん
  • ナレーションは有働由美子アナウンサー 初体験がいっぱいの旅に出発!

どんな番組?

世界には思いもよらないところを走る鉄道がある

photo
photo

「すごい!なんて綺麗なんだ」

photo

メキシコ「チワワ太平洋鉄道」
走行距離は653km
標高差はなんと2300m!

photo

旅人は
“やすくん”こと
古原靖久さん

鉄道は1日わずか1本
太平洋を臨むロスモチスから
内陸のチワワを目指す

photo

駅は断崖絶壁の上?!

岩の上で
仙人ポーズ!

photo
photo

先住民
タラウマラの
人たちとの
出会い

photo

「すごい。秘密基地だよ、ここ」

洞窟で古くからの暮らしを続ける家族

photo

「僕チワワ飼ってたので、すごい楽しみです」

photo

終点チワワ駅で第一チワワ発見!

photo

見たことのない景色へ
秘境×鉄道の旅、いざ出発!

行くぞ!最果て!秘境×鉄道
「メキシコ・チワワ太平洋鉄道」
7月26日(水)午後9時00分放送
BSプレミアム

番組スタッフから

photo

【どんな番組ですか?】
やすくん(旅人・古原靖久さん)の天然ボケに有働由美子アナがツッコミを入れる番組です。

【この番組を企画したきっかけは?】
秘境を走る鉄道路線で、「観光ガイドに載っていない」「誰もが降りない」「何もない」。無い無いづくしの駅で街ブラしたら面白そうだと思ったのがきっかけです。

【番組の見どころは?】
秘境×鉄道ならではの「車窓映像」がひとつの見どころです!
第2弾の舞台は『太陽の国・メキシコ』。太平洋を望むロスモチスから内陸部のチワワまで653kmを走るチワワ太平洋鉄道を旅します。この路線は『アメリカ大陸で最も景観の良い鉄道』とも言われていて、グランドキャニオンの4倍の広さを誇る大峡谷などメキシコ北部の壮大な自然を列車に乗りながら満喫することができます。
番組では乗った気分を味わっていただけるよう、車窓映像をたっぷりと使用しています。

【この番組を取材するなかで新しい発見や、驚いたことはありましたか?】
秘境×鉄道では、いわゆる観光地には行きません。よって、どう考えても普通の番組では訪れなさそうな駅に降りて取材をするのですが、そんな一見何もなさそうな場所にも面白い発見がありました。
大峡谷の中には先住民族・タラウマラが住んでいるのですが、なんと洞窟に住み続ける方々にお会いすることができました。もちろん電気もガスも水道もない秘境の洞窟です。我々からするととても不便で退屈な生活に思えてしまうのですが、彼らはとても幸せそうに暮らしていました。明日を迎えるためだけに必死に今日を生きる。そんな単純な「何もない」生活は不幸せなことではなく、むしろ文明社会に生きる我々のほうが不幸せなことが多いのではないかと考えさせられました。そもそもなぜ彼らが洞窟に住み着くようになったのか。など疑問は様々ありますが、それはぜひ番組をご覧になってお確かめください。

(番組ディレクター 渡辺秀太)

番組内容

行くぞ!最果て!秘境×鉄道「メキシコ・チワワ太平洋鉄道」

人気企画の第2弾!舞台はメキシコの山岳地帯を走る「チワワ・太平洋鉄道」。海抜2300メートルの高地を走る鉄道は魅力いっぱい。停車駅はなんと断崖絶壁の上。そこからグランドキャニオンの4倍の広さを誇る大峡谷が一望できる。また峡谷の洞窟で暮らす先住民タラウマラに遭遇。“走る民族”とも呼ばれる彼らの秘密に迫る。終点チワワではチワワ犬の原種を発見!ワクワクどきどきの89分間【出演】古原靖久【語り】有働由美子

出演者ほか

【リポーター】古原靖久,【語り】有働由美子

チャンネル

  • 2017年7月26日(水) 午後9時00分(90分)
  • 2017年9月3日(日) 午後2時30分(90分)

編集部のおすすめ