もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

「蜜蜂と遠雷」 若きピアニストたちの18日
「蜜蜂と遠雷」 若きピアニストたちの18日
みんなの
レビューは
こちら

「蜜蜂と遠雷」 若きピアニストたちの18日

  • 2019年1月14日(月) 午後3時00分(60分)
  • 2019年4月14日(日) 午後2時30分(60分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

ピアノに人生を賭けている若者に大きな拍手を送りたい。

投稿者:毘沙門天/60代/男性

牛田君の演奏を聴いたことがありますし、本も読んだのでとても興味を持って見ました。大変おもしろかったです。録画しなかったので再放送を待っています。

投稿者:はる/70歳以上/女性

若者の姿に、音楽に、ただただ泣けました。

投稿者:ねこ/60代/女性

小説「蜜蜂と遠雷」が実際のコンクールに見事にリンクしていて、若きピアニストたちの心情が伝わってきた。クラシック音楽をほとんど聴かない私でも楽しむことができた。

投稿者:さんかっき/40代/女性

すでにプロとして何度も舞台を経験してきている彼にとっては、いわば「座長」としての責任が毎回あったのであろう。コンクールでは大勢のコンテスタントのうちの一人として、自分の音楽に没頭出来たというのが興味深い。とはいえ知名度が高いが故のプレッシャーもあったはず。若者の瑞々しい人生ドラマこれからも応援したい。

投稿者:KN/40代/女性

とても中身の濃い1時間でした。
牛田さんのピアノに純粋に向かう姿勢に涙が出ました。
心の支えの中村紘子さんの存在にも。

投稿者:atsuco/60代/女性

12歳でデビューした当初の牛田さんとはうってかわり、本当に成長した、でもこれからまだまだ伸びていくだろう19歳の姿を見て感動しました。これからも中村先生の言葉を胸に演奏を続けてください。他のコンテスタントの姿も見たいので、2時間くらいのドキュメントで再放送お願いします。

投稿者:Marinesnow/40代/女性

感動しました。
コンテスタントの皆さんには今後も頑張ってほしいです。
日本全体でこのコンクールを盛り上げていかなくては、と思うので地上波のゴールデンタイムに再放送していいだき認知度を高めてほしいです。

投稿者:Mio/女性

偶然みました。すばらしいドキュメンタリーで、一時間があっという間でした。ぜひ再放送してください。

投稿者:よーらん/50代/女性

すばらしかった! 是非、地上波での全国放送をお願いいたします。

投稿者:青山/50代/男性

番組内容

「蜜蜂と遠雷」 若きピアニストたちの18日

2017年の直木賞と本屋大賞をダブル受賞した、恩田陸の小説『蜜蜂と遠雷』。あるピアノコンクールに挑む4人の若き演奏家が、コンクールという厳しい現実に押しつぶされそうになりながらも成長していく姿を描いた青春群像劇だ。小説のモデルは、楽器の町・浜松市で3年ごとに開かれる「浜松国際ピアノコンクール」。番組では、2018年11月に開かれた大会に密着。小説の朗読も交え、ピアノと向きあう若者たちの姿を伝える。

出演者ほか

【朗読】中川大志

チャンネル

  • 2019年1月14日(月) 午後3時00分(60分)
  • 2019年4月14日(日) 午後2時30分(60分)

編集部のおすすめ