もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

“伝統”の先にあるものは?
グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ(3)インドネシア 島々の鼓動
みんなの
レビューは
こちら

グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ(3)インドネシア 島々の鼓動

  • 2018年3月24日(土) 午後7時30分(90分)
  • 2018年4月8日(日) 午後2時30分(90分)
  • 2018年8月9日(木) 午前0時45分(89分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

すばらしい内容でした。ビデオを撮り損ねました。

投稿者:石谷孝佑
  • 赤道40000キロを1周する旅 第3弾は多民族が生きるインドネシアへ
  • イスラム教と島の伝統が融合した村 森を守る首狩族の子孫たち
  • “伝統”は人びとを幸せにするのか? “時の旅人”に扮した山田孝之さんが見つめる

どんな番組?

地球には今、75億を超える
人間たちが暮らしている

photo

インドネシア、ここには
さまざまな人種や宗教、文化がある

photo

「私はスリ。
19歳」

家事に仕事…彼女は1日中働き続ける

「私たちはミナンカバウ族の伝統を
守らなければいけません」

photo

祭りの重要な役に抜擢されたスリ
美しい衣装を身にまとう

「私も本当は都会に出てみたい」

photo

自然の恵みで生活する「森の民」
ダヤック・イバン族

彼らの伝統は「森と共に生きる」こと

photo

「私は次のリーダーとして、
伝統と文化を守り続けたい」

人の手が作った“伝統や儀式”
なぜ必死に受け継ごうとするんだろう?

photo

語りは山田孝之さん

photo

バジョは生まれてから死ぬまで海の民
水中を自在に“歩き”魚を獲る

photo

「バジョと海とは切り離せない。
もし切り離したら 人生に意味がなくなる」
海の民バジョの少年

最も太陽の光がふり注ぐ場所“赤道”
人びとの営みをたどる旅

グレートネイチャー・スペシャル
“赤道直下40000キロ 光と影の物語”
第3回「インドネシア 島々の鼓動」
20018年3月24日(土)
午後7時30分放送
BSプレミアム

番組内容

グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ(3)インドネシア 島々の鼓動

赤道直下を東へ、地球をぐるっと一周し、40000キロを行く壮大なシリーズ。青い海に囲まれた“楽園の人々”、深い熱帯林に暮らす“森の民”、氷山と共に生きる男…シリーズでは、自然と共存する人たちを追う。多民族が生きるインドネシアでは、イスラムと島の伝統が融合した祭りで輝く少女、森を守る首狩族の子孫たち、海中を歩く海の民と出会う。語りは俳優の山田孝之。「僕」にふんして人々に寄り添い、暮らしを見つめる。

出演者ほか

【語り】山田孝之

チャンネル

  • 2018年3月24日(土) 午後7時30分(90分)
  • 2018年4月8日(日) 午後2時30分(90分)
  • 2018年8月9日(木) 午前0時45分(89分)

編集部のおすすめ