もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

いま自分のいる場所に気づく作品
グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ(1)アフリカ大陸 楽園の人々
みんなの
レビューは
こちら

グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ(1)アフリカ大陸 楽園の人々

  • 2018年1月20日(土) 午後7時30分(90分)
  • 2018年2月11日(日) 午後3時00分(90分)
  • 2018年8月7日(火) 午前0時45分(90分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

トランプ現象などで混迷する現代社会の問題点を文明論の視点で良くとらえている。
何が幸せか多くの若者に考えてもらう一助になればと思う。
NHKでなければ不可能な番組。更なる健闘を祈る!

投稿者:rick

すてきな番組をありがとうございます

投稿者:ハマさん
  • 赤道40000キロを1周する旅へ! 全6回のシリーズ第1弾
  • アフリカ大陸の西に浮かぶ島国からスタート 人びとの“幸せ”とは?
  • 語りは山田孝之さん 大絶景と人間のエネルギーに満ちた赤道の “光と影の物語”

どんな番組?

photo

この地球で最も太陽の光が強く輝き、
影も濃い場所“赤道”

photo

赤道直下、大西洋の島国
サントメ・プリンシペ民主共和国
ここは“楽園”と呼ばれている

photo

「食べ物は何かしら手に入るからね。
よそに住みたいとは思わないよ」
漁師のトイ

集落には、仕事も学校もない
舗装道路も、車もない

photo

集落のすぐ隣にできた豪華なリゾートホテル

観光客から見せつけられる
もうひとつの“楽園”

photo

赤道をさらに東へ!
ガボン共和国の首都 リーブルビル

アフリカ有数の都市には
“豊かさ”を求めて人びとが集まってくる

photo

この街で、どのくらいの人間たちが夢を叶え
豊かさを手にしたのだろう?

photo

語りは山田孝之さん

photo

自然が作り出す大絶景と
そこで生きる人びとのエネルギーにふれる旅

グレートネイチャー・スペシャル
“赤道直下40000キロ 光と影の物語”
第1回「アフリカ大陸 楽園の人々」
1月20日(土)午後7時30分放送
BSプレミアム

著名人レビュー

山田孝之さん 
山田孝之さん 

いま自分のいる場所に気づく作品

【ナレーションを担当して】
楽しかったです。いつものナレーションとはちょっと違っていて、あるキャラクターの気持ちで語っていくんです。
その目線が一人の人間と言うわけではなくて、特殊な設定だったので楽しかったです。

【赤道の人々の暮らしぶりについて】
彼らの生き方は違和感なくすーっとはいってくるというか、そういう生き方もありだなと思います。
自分が生きる場所はここだと思ってますけど、もしこの状態じゃなければ僕はナイフ1本持って自給自足が出来れば理想的だなと思っていたので。

【番組の見どころは?】
この番組は、ドローンなどを使ったすごくきれいな世界中の景色が見られますし、リラックスできるというか、見ていて心が安らぐ作品です。
なにより赤道に住むいろいろんな人たちの生活や考え方などが見られて、とても楽しいというか刺激になりました。旅行で行っただけでは見られない部分があると、感じました。

いま、現代を生きていると視野が狭くなってしまう時もあると思うんですが、世界にはいろんな人たちがいて、さまざまな生き方をしているところを見て頂けたら、自分が今いる場所で生きているってことの喜びや、何が足りないのかっていうことにも、気がつけるんじゃないかと思います。

番組内容

グレートネイチャーSP 赤道直下40000キロ(1)アフリカ大陸 楽園の人々

赤道直下をひたすら東へ、地球をぐるっと一周し、4万キロを進む壮大なシリーズだ。青い海に囲まれた“楽園の人々”、深い熱帯林に暮らす“森の民”、消えゆく氷山とともに生きる男…シリーズでは自然と共存する人たちを追う。さらに、貧困・紛争・格差などグローバル化の波の中で必死に生きる人たちに出会う。ドローンカメラが捉えた絶景の下で、知られざる光と影の物語に迫る。【語り】俳優・山田孝之

出演者ほか

【語り】山田孝之

チャンネル

  • 2018年1月20日(土) 午後7時30分(90分)
  • 2018年2月11日(日) 午後3時00分(90分)
  • 2018年8月7日(火) 午前0時45分(90分)

編集部のおすすめ