もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

池澤夏樹 冒険の旅
池澤夏樹と世界の果て「パタゴニア 冒険の旅」
みんなの
レビューは
こちら

池澤夏樹と世界の果て「パタゴニア 冒険の旅」

  • 2018年3月17日(土) 午後6時00分(90分)
  • 2018年5月2日(水) 午後3時30分(90分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

Beyondという人間の性を体現したマゼランと、自然と寄り添って静かな生活を営んでいた原住民の生き方が交錯していたパタゴニア。まるで池澤夏樹氏が書いてきた小説のテーマそのものではないか。

投稿者:Shirayukimaru

圧倒的なスケール。
小説家による豊富な語彙でもって、感じた事を噛み砕いて表現されたナレーションが良い。
その空間に身を置いた時の感動や思索が、しっかりと沁みて来る番組でした。

投稿者:えね

ふだん見ることの出来ないガウチョの食生活や、彼らの人生観や世界観を感じさせられる良い作品でした。

投稿者:Vamosedo

マゼラン海峡に面するパタゴニア、氷河、海、空の美しい青、大地の広大な自然、貴重な映像、池澤夏樹さんの静かな語らいに癒やされました。

投稿者:あきさん

すばらしい映像でした。途中から録画しましたが、世界にこんな自然と人々の生活があるのかと、感動しました。池澤さんの物を見る目、人との接し方に、やはりこの人ならではのクオリティーを感じました。「バイアコンディオス」が「あなたが神とともにありますように」の意味だとは知っていましたが、「良い旅を」の意味で使うらしいことが分かり、いつか使ってみたいと思いました。

投稿者:キャシー

映像と池澤夏樹さんの言葉が溶け合った大変美しいドキュメンタリーに感動!確かな制作意図とすぐれた撮影技術から生み出されたパタゴニアの自然と人々の暮らしの映像から、まるで自分自身があの風景の中にいるような臨場感を味わいました。深い思索をもとに紡ぎ出された池澤夏樹さんの言葉に誘われるように詩情豊かなドキュメンタリーに浸った90分でした。感謝!

投稿者:jyarinko

地の果てで独りで暮らすガウチョに問う.「結婚はしないのか?寂しくないか?」.「しない.女房なんか頭痛の種だ」は印象的.ひとつの境地.地の果てを目指した池澤の心境か?

投稿者:クマさん
  • 世界的文学者・池澤夏樹さん 人と文明、人と自然について執筆してきた
  • 池澤さんが訪れたのは南米大陸の南端パタゴニア 最初の目的地はマゼラン海峡
  • 作家は“世界の果て”で何を思うのか? 圧倒的な大自然の映像ととともに書き下ろした言葉を紡ぐ

どんな番組?

旅と冒険はどこか似ている

photo
photo

作家
池澤夏樹さん
72歳

若い頃から世界を旅してきた
訪れた国と地域は50を越える

photo

「ここが、世界中で一番
日本から遠いところでしょ?」

日本からは飛行機を乗り継ぎ40時間
パタゴニアを旅するのが夢だった

photo

「人間が作ったものは何も見えない。
それがなぜこんなに気持ちがいいのか?」

最初の目的地は「マゼラン海峡」

photo

「マゼラン、きみは不屈の冒険者だった」

山岳地帯にある湖の水源でもある
ペリト・モレノ氷河

photo

「見えるもの以上に聞こえるものが素晴らしい」

何もかもが初めて見る風景

photo

「山と1対1で対面している気がする」

photo

作家はこの地で何を思うのか?

池澤夏樹と世界の果て
「パタゴニア 冒険の旅」
2018年3月17日(土)
午後6時00分放送
BSプレミアム

番組スタッフから

photo

【この番組を企画したきっかけは?】
番組の企画を立ち上げたのは池澤夏樹さん本人です。パタゴニアの風景の中に立ってみたい。その思いが強まり旅を計画。ならばカメラも同行したらどうだろう。という流れです。

番組のプロデューサー、ディレクター、カメラマンの3人は1994年、池澤さんと一緒に素潜りのジャック・マイヨールの映画をつくったことがあり、以後節目節目で顔を合わせる間柄。長いつきあいが作家の背中を押したのかも知れません。

【番組の見どころは?】
池澤さんはテレビ出演が苦手です。極力避けたいと思っている人です。知識人の代表として乞われれば「100年インタビュー」など言葉を発信することはありましたが数は多くありません。そんな池澤さんが自らの発想で自ら望む地を旅し、番組をつくるといういわば初の自発的テレビ出演。
パタゴニア の絶景の見事さはもちろんのことですが、文学ファンにとっては作家池澤夏樹の素顔が、そして書き下ろした言葉が心にしみる89分です。

(番組ディレクター )

番組内容

池澤夏樹と世界の果て「パタゴニア 冒険の旅」

世界的文学者・池澤夏樹が南米大陸の南端・チリとアルゼンチンにまたがるパタゴニアを旅する。72歳、体力の衰えを感じる今がラストチャンスと思い定めた旅だ。パタゴニアはマゼランが初めて大西洋と太平洋をつなぐ海峡を発見したところ、ヨーロッパ文明が先住民を支配した場所でもある。数万年以上かけて形成された氷河、3200年前の先住民による壁画…、圧倒的な大自然の中、池澤が書き下ろした言葉とともに映像記録する。

出演者ほか

【出演】作家…池澤夏樹,【語り】中條誠子

チャンネル

  • 2018年3月17日(土) 午後6時00分(90分)
  • 2018年5月2日(水) 午後3時30分(90分)

編集部のおすすめ