もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

最後の講義 生物学者 福岡伸一
最後の講義「生物学者 福岡伸一」
みんなの
レビューは
こちら

最後の講義「生物学者 福岡伸一」

  • 2018年8月19日(日) 午前0時00分(50分)
  • 2018年9月1日(土) 午後2時00分(50分)
  • 2018年9月21日(金) 午後7時00分(50分)
  • 2018年12月7日(金) 午前9時00分(50分)
  • 2019年2月2日(土) 午後1時00分(50分)
  • 2019年5月6日(月) 午前1時39分(49分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

非常に興味深く、またワクワクしながら 見てしまいました。再度視聴したいのと、著書等に興味を持った次第です。

投稿者:長考70時/60代/男性

疑問や違和感を分かりやすく提唱されていて、すばらしい気付きの時間でした

投稿者:あめご/30代/女性

「おもしろかった」夜中にもかかわらず、思わず感激。自分はセラピストであるが、日々、答えを求めてもがいている。学ばされた学問は、どうやらウソばかりで真実はマイノリティーなセラピーであり、批判が絶えない。常識とされる知識は多数の出来ないセラピスト達の都合のいい言い訳として重宝される。こんなすばらしい先生に出逢いたかった。考え方や質問の答えにうならされる。

投稿者:悩めるPT/40代/男性

生命に対しての考え方が、今まで思っていた事の更に上塗りをしてもらったような気がします。細胞が常に入れ替わる事により、その生命が連面と繋がっていることの不思議さをもっと知りたくなりました。

投稿者:吉田顕三/70歳以上/男性

もう一度じっくり見たいのです。
オンデマンドあるかな。

投稿者:マツケンランナー/60代/男性

生命はどこから来てどこへ向かうのか、脳始、脳死とかわかったところもあれば、?なところもあり、久しぶりに考えさせられた(°_°)
フェルメールの絵が出てきたり楽しい講義でもありました=(^.^)=

投稿者:たっ君/70歳以上/男性

大変興味深く、命をまた、考えなおした時間でした。

投稿者:タイガー/40代/女性

生き物をどうとらえるかという視点で大変勉強になり、また、わが意を得たりとの感で拝見しました。遺伝子操作の危険性やきわどさを批判するための強力な論拠を頂いたと思います。

投稿者:井上駿/70歳以上/男性

脳死と脳始の説明は衝撃でした。動的平衡も利害関係に似ていると思いました。社会の発展、成長には何かが失われることも深く考えたい。講義には先生の人柄と今までの研究の深さを感じます。

投稿者:motoくん/60代/男性

生物とは?人の死とは?
個人的には倫理的に許される医療といち生物として人が本当に得るべき医療とは?と深く考えさせられた。

投稿者:生物とは?/40代/男性

基礎化学と医学のつながりが、より明確に進むことを望みます。ゲノム解析、再生医療と予防医学に重点を置き、病気にならない健康な生活を送りたいものです。
福岡先生は、生物学者を通り越して、現代物理学者に精通する深い精神をお持ちです。原子力工学など無策な考えを改める、社会に重要な講義でした。

投稿者:ノブリン/60代/男性

本当は難しいはずなのに、わかりやすい語り口のおかげで、すっと溶けるように 頭に入り込んだ。
もっと氏の講義を聞きたい

投稿者:patina/50代/男性

目からウロコとはこの事。マイケルサンデル越えです。固体ではなく流体!

投稿者:satoshi/60代/男性

いろいろと考えさせらえるお話でした。
特に「脳死」が「脳始」につながるということには、納得できました。

投稿者:石井です。/70歳以上/男性

番組内容

最後の講義「生物学者 福岡伸一」

「人生最後だったら、何を語り残すのか?」。アメリカの有名大学で行われる「最後の講義」が日本にも登場。今回は「生物と無生物のあいだ」などベストセラー著書で知られる生物学者・福岡伸一さん。「生命とは?生物とは何か?」を問い続けて数十年。「1年前の自分と今は別人。実は完全に入れ替わっている…」固定概念を揺さぶる目からウロコの刺激的なメッセージの連発。福岡ハカセと「生命」を考える知的エンターテインメント!

出演者ほか

【出演】青山学院大学教授…福岡伸一,【語り】阿川佐和子

チャンネル

  • 2018年8月19日(日) 午前0時00分(50分)
  • 2018年9月1日(土) 午後2時00分(50分)
  • 2018年9月21日(金) 午後7時00分(50分)
  • 2018年12月7日(金) 午前9時00分(50分)
  • 2019年2月2日(土) 午後1時00分(50分)
  • 2019年5月6日(月) 午前1時39分(49分)

編集部のおすすめ