もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

関係性が浮かびあがる、文章のチカラ
ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。「真梨幸子とマリモとモナミ」
みんなの
レビューは
こちら

ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。「真梨幸子とマリモとモナミ」

  • 2019年2月25日(月) 午後11時00分(25分)
  • 2019年3月3日(日) 午後6時30分(25分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

多頭飼いあるある、猫目線ではこうなんだな・・とちょっとせつなくなりました。
ウチの猫への声かけは絶やしてはいけないと反省しました。

投稿者:みとひ/40代/女性

途中から見始めたのですが一気に引き込まれました。
男女の三角関係にも似た猫と飼い主との関係。
先住猫のマリモちゃんの胸の内の朗読を菜々緒さんがされていたので、ついつい「おんな城主直虎」の瀬名を重ね合わせて見てしまいました。
今度はきちんと録画したいので再々放送を希望いたします。

投稿者:ぶり/40代/女性

マリモさんがいじらしかった。真梨さんもっと優しくしてあげて...。

投稿者:ChiyoTheCat/50代/女性

喧嘩のシーン笑っちゃいました。
真梨さんの歌声も!
相性ってありますよね!

投稿者:マリカ/50代/女性

マリモとモナミ、それぞれが個性的で可愛かったです。今はスリリングな関係ですが、まだ一緒に暮らして一年足らず、どんなふうになってゆくのか、また見られたら、と思います。

投稿者:雪柳ユキ/40代/女性

やんちゃな若猫が大人猫にちょっかい出し続けたり、両方に「1番可愛い」と言ってみたり、猫を多頭飼育しているものにとって「わかるー」というシーンが多くて、楽しかった。猫はみんな違うし、みんな可愛い。

投稿者:ゆべし/40代

マリモちゃんが先住猫で暮らしてたのに、モナミちゃんがやってきて・・・マリモちゃんがストレスを感じているようでちょっとかわいそうでした。

投稿者:なあよ/50代/女性

菜々緒さんのマリモちゃん目線の語りが、とても哀愁漂ってて聞き入ってしまいました。
イヤミス版、わたくしはマリモであるみたいな!
お母様が亡くなられて心配でしたが、マリモナミちゃん達が支えになってるので安心しました?

投稿者:あお/40代/女性

綺麗なインテリアと綺麗な猫たちが素敵でした。真梨さんが我を忘れて猫撫で声を出してて痛々しいな、と思ったけど、まんま自分もそうだなと。そんな猫の力を思い知って、しかも真梨さんの猫は2匹とも女の子。作品に大いに生きてきそうだと楽しみになりました。

投稿者:ミルコ/50代/女性

どんな番組?

photo

イヤミスの女王
とも呼ばれる
小説家
真梨幸子さん

photo

ともに暮らすのは2匹のメス猫
1歳モナミと3歳のマリモ

photo

気ままな一人暮らしだったはずが
今やすべて猫中心に

photo

すったもんだの女たちの生活とは?

ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。
「真梨幸子とマリモとモナミ」
2019年2月25日(月)午後11時00分放送
Eテレ

著名人レビュー

朗読 菜々緒さん
朗読 菜々緒さん

関係性が浮かびあがる、文章のチカラ

声優など声のお仕事は最近多いのですが、作家の方の文章を読ませていただくのは、ほぼ初めてでした。ただ、わたしもネコを飼っていたことがあったので、飼い主の心情もネコちゃんたちの気持ちもすごくよくわかって、読んでいてうるっときちゃいました。
真梨さんの普段書いてらっしゃる小説がわりとドロドロした内容のものだとお聞きしてすごく意外でした。今回の書き下ろしの文章は、日常の場面だけど、こまやかな描写もあって、ネコちゃんたちへの愛情もあふれていて、作家という方の書く文章はさすがだな、と。

普段、ミステリなどの小説を手に取る機会は少ないのですが、お芝居でセリフを言うときと比べると、自分が言葉で発するものと読むときでは温度差があって、文章の力みたいなものを感じました。読んでいると真梨さんとマリモちゃんとモナミちゃんの映像が頭にぱっと浮かぶんですよね。マリモちゃんはネコらしいネコ、モナミちゃんはワンちゃんよりなんじゃないかな、と勝手に分析したり。飼い主である真梨さんと二匹のネコの間にはいろいろな関係性があるんだけど、お互いを思いあっている姿にぐっときました。

飼い主と飼い猫の間にある家族の絆とか愛情がぎゅっとつまった作品になっていると思いますので、ネコ好きの方にぜひご覧いただきたいですね。

番組内容

ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。「真梨幸子とマリモとモナミ」

真梨幸子さんは、後味の悪い結末のミステリーで人気を博し、通称“イヤミスの女王”とも呼ばれる小説家。マリモ(3歳)とモナミ(1歳)の2匹のメス猫に出会い、その日常は一変したという。気ままな一人暮らしだったはずが今やすべて猫中心に。執筆の邪魔をされるからと仕事場を借り、青森への出張も日帰りにするという。だが真梨さんの思いを知ってか知らずか、2匹はケンカばかり。すったもんだの女性ばかりの生活の結末は?

出演者ほか

【出演】真梨幸子,【朗読】菜々緒,【語り】小郷知子

チャンネル

  • 2019年2月25日(月) 午後11時00分(25分)
  • 2019年3月3日(日) 午後6時30分(25分)

編集部のおすすめ