もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

“黒幕”バノンの戦い
“黒幕”バノンの戦い~トランプ政権の舞台裏~

“黒幕”バノンの戦い~トランプ政権の舞台裏~

  • 2017年6月24日(土) 午後10時00分(50分)
  • 2017年7月13日(木) 午後8時00分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

番組スタッフから

【どんな番組ですか?】
5月23日にアメリカの公共放送PBSの系列局で放送され、全米で話題になった番組です。
トランプ政権下で公共放送の予算削減が検討されていた中、”Frontline”と言う1983年から続く”時事問題の最前線”を扱うドキュメンタリー番組枠の制作チームが「こんな時代、公共放送だからこそ伝えられるものがある」と、米国民のみならず、世界中にとって気になる”トランプ政権の舞台裏、政府の黒幕”を取材しています。

番組は、選挙対策本部長としてドナルド・トランプを勝利に導いた男として知られる、スティーブン・バノンとは何者か?に迫ります。政権誕生後、バノン氏は首席戦略官兼上級顧問に就任し、その影響力の大きさから国内のメディアからは「影の大統領」「ダースベイダー」などと称されるバノン氏。
そもそも、彼はどのように育ち、何を生業としてきた人物なのか?
排他的と言われる思想の根源、政治的な野望は何なのか?
米国民の間でも意外に知られていないバノン氏の人物象を明らかにしています。
全米に続き、ヨーロッパ各国でも放送され、”圧巻”と評された番組がBS1に登場します。

【番組の見どころは?】
トランプ大統領から次々と発せられる、大統領令をはじめとする”物議をかもしまくっている政策”は、バノン氏の意見やアドバイスに従った結果…と言われています。
その狙い何なのか?
鍵はバノン氏が育った環境や軍人としての経歴にある、と番組では注目しています。
民主党支持の家庭に生まれた彼が いつから、何故、右派の”排斥主義”になったのか。
右翼系ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」で移民排斥などを訴えてトランプ支持層の拡大に貢献したバノン氏が政界で達成しようとている”真の目的”を探ります。

見どころの一つは、バノン氏が映像プロデューサーとして作った映画の中に見られる独特の重苦しい世界観。「破壊」というキーワードが浮かんできます。
バノン氏の過激な思想のルーツをあぶり出す形で、トランプ政権の行方を示唆しています。

【見てくださる方に一言】
発言失言のみならず、ツイッターでの綴り間違いに至るまで一挙手一投足が注目され、トランプ大統領をテレビニュースで見ない日はない、というほど世界は彼の言動に注目している、或いは注視せざる得ない昨今。
政治家としては奇想天外なトランプ大統領の言動を影で操る男、バノン氏について知る事で、「トランプ支持」の別の側面が見えてくると共に、”アメリカの今”の実情がヒシヒシと感じられます。ぜひご覧ください。

(番組プロデューサー 今井陽子)

番組内容

“黒幕”バノンの戦い~トランプ政権の舞台裏~

選挙対策本部長としてドナルド・トランプを勝利に導き、政権誕生後は首席戦略官・大統領上級顧問に就任したスティーブン・バノン。右翼系ニュースサイト「ブライトバート・ニュース」で移民排斥などを訴えてトランプ支持層の拡大に貢献した。民衆を扇動することに長け、トランプ大統領はしばしば彼のアドバイスに従っているとされる。トランプ政権はどこへ向かうのか―?バノン氏の経歴と過去の戦略を読み解き、真の目的をさぐる。

出演者ほか

チャンネル

  • 2017年6月24日(土) 午後10時00分(50分)
  • 2017年7月13日(木) 午後8時00分(50分)

編集部のおすすめ