もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

市役所課長 ハカチョウの涙
ひとモノガタリ「ハカチョウの涙」
みんなの
レビューは
こちら

ひとモノガタリ「ハカチョウの涙」

  • 2019年1月14日(月) 午後6時05分(30分)
  • 2019年3月21日(木) 午前4時30分(30分)
  • 2019年7月4日(木) 午後10時50分(30分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

公務員にこういう人も居るんですね。いい顔しておられますよ。ただ、机の上の山積み書類が気になりました。

投稿者:ヒデさん/70歳以上/男性

映画やドラマよりドラマチックで味わい深い。

投稿者:エヒャイ/40代/男性

とても素晴らしい生き方に感動と、今の世の中で人間としての心を持ち続ける事に共感しました。一生懸命に生きたのに光を見る事が出来ずにいる人は沢山いると思いました。そんな方々の最後には光を見させてあげたいと私が思っていたので…自然な姿で知性のある人間らしく生きる事に応援したいと思いました。北見さん娘は独立しても孤独ではありませんよ?周りには光が沢山だから??

投稿者:ゆきちゃんのママ/60代/女性

奥さんに出て行かれたり定年間近に娘さんが出て行く事になってしまったりと決して幸せな人生とは言えないけど、この人みたいな生き方に羨ましいなと思う自分がいます。
番組を見ていて何故か涙が出ました。

投稿者:ハル/30代/男性

日本は孤独な人が多い国になってしまったんだなーとあらためて感じました
家族のことを一番に考える国にしないとダメなのでは
少子化の原因もそこにあるのではないかなー

投稿者:ぱぴー/50代/男性

これから孤独死は益々増えてゆく。横須賀市役所北見課長の取組は、無くてはならない不可欠のものになるであろう。単に事務的に処理するのではなく、故人の心に寄り添って仕事をしていることに感銘を受けた。

投稿者:eugnosis_japan/70歳以上/男性

今時の役所にこんな人がいたとは驚き???感心して感動しました。
立派な人です。俗に言う 役所仕事 とは対極の人。本当の公僕ですね。このような人が増えると役所から潤いのある人間的地域が広がるかもですね。このような人は 大いに顕彰して広報すべきと思います。

投稿者:大森/60代/男性

私も この年で 独身で 母と 2人で 暮らしてます。
将来を考えると怖くなりますが、一日一日を 大切に
生きていこうと思います。

投稿者:りんご/40代/男性

私の娘は40代看護師ですが結婚しませんこの後どうなるか心配です理由は私と妻の不仲のせいです。

投稿者:きよ爺/70歳以上/男性

イギリス映画『おみおくりの作法』みたいなことをされている公務員が日本に もいたことに感動しました。熱意の理由がご自身の苦い過去の痛みから来ていること を明らかにされていたことから、のっぺらぼうではなく心ある公務労働者の姿を見せていただきました。素晴らしい番組をありがとうございました。

投稿者:キンモクセイ/40代/女性

行政の立場で、此処まで深刻な問題として、職務を全うしてくれる課長が存在することに、驚きました。すばらしい。再放送を是非。

投稿者:宮ちゃん/70歳以上/男性

安倍首相に見てほしい。

投稿者:ガンプ/40代/男性

大変感激して涙が止まりませんでした。公務員の鏡です。再放送を願います。

投稿者:埼玉県 げんさん/60代/男性

すごい人がいる、打ちのめされて、ただ頭をたれる。

投稿者:秋本稔/70歳以上/男性

人間は過去の経験の上に生きていくことを強く感じた
まじめに生きてきた両親が夜逃げをしなければならなかった経験が困った人を見ると捨てておけない原点だと思う
自分も同じ境遇で育ったのでとても共感しました

投稿者:@mari/70歳以上/男性

考えさせられた。身につまされた。課長さんのお気持ちは分かる。やっておられることは素晴らしい。でも『プライバシーにここまで行政が介入する必要があるのか?』『税金、行政サービスの無駄使いでは?』賛否両論あると思う。また、どこの自治体でも横須賀市と同じ事が出来るとも思えない。ただ、少子高齢化、無縁社会、単身独身者の増加…今後、必ず多発する問題である。

投稿者:孤独死予備軍/50代/男性

家族はいるが他人事とは思えない。公務員の身で、親身になって寄り添う、ハカチョウの姿に涙がこぼれた。心がほっこりした。私にも何かできることがあるのではないかと考えさせられた。きっとある。

投稿者:ゆーしーだ/50代/女性
Human

各地で生きる人々の表情、それぞれの生き方。
NHKの数々のドキュメンタリーから生まれた、「ひと」に焦点を当てた動画をお届けします。

HUMAN動画バナー

番組内容

ひとモノガタリ「ハカチョウの涙」

引き取り手のない「無縁遺骨」が次々と運び込まれる神奈川県横須賀市役所。亡き人の境遇に思いをはせ、時に怒り時に涙を流しながら遺骨の帰る場所を探す公務員がいる。人呼んで“ハカチョウ”(墓課長)。出過ぎた事はしないイメージもある役人の世界で、私情を挟み、お節介を焼き、役所内の温度差に四苦八苦しながらも突き進む。定年間際の課長の情熱はどこから沸いてくるのか。年の暮れ、奮闘する課長を追った。語り・吉岡里帆

出演者ほか

【語り】吉岡里帆

チャンネル

  • 2019年1月14日(月) 午後6時05分(30分)
  • 2019年3月21日(木) 午前4時30分(30分)
  • 2019年7月4日(木) 午後10時50分(30分)

編集部のおすすめ