もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

パラ競技のチカラって?
スポーツドキュメンタリー「沙絵さんと洋子さん~パラが私たちにくれたもの~」
みんなの
レビューは
こちら

スポーツドキュメンタリー「沙絵さんと洋子さん~パラが私たちにくれたもの~」

  • 2019年8月23日(金) 午後10時50分(30分)
  • 2019年8月24日(土) 午前10時55分(30分)
  • 2019年10月5日(土) 午後5時00分(30分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

お互いを思いやる優しい二人とお互いを信頼する力 その力が見てる人にも伝染するいい番組だった。優しい暖かい語りも番組の雰囲気に合っていてすごく良かった。

投稿者:しん/40代/男性

二人の絆が伝わってきました。「どう思われたいかよりどう生きたいか」信を力にパラで悔いの無い戦いをしてもらいたいです。ナレーションの暖かみのある語り口も印象的でした。

投稿者:さすらい/30代/男性

ドキュメンタリーをみて自分の悩みは小さな贅沢な事ですパワーを頂きました。
又、語りのまりもさんなんと素敵なお声でしょう語りに引き込まれて終いました。

投稿者:赤いばら

パラを題材にしていたので、少し重い内容なのかな?と思いながら見はじめたのですが、全くそのようなことを感じることはなく、お二人を静観して撮られた、そしてその映像と語りがしっかり溶け込んで、優しい包み込むような声のトーンで、すっかり映像の中に引き込まれていました。そのせいか、優しい気持ちで観させていただきました。続編、期待しています。

投稿者:ケイコ/60代/女性

健常者とか障害者とか関係なく1つの目標に向かって努力することの大切さを再認識させてくれる良い番組でした。番組最後のほうでナレーター吉江まりもさんの「たとえ結果が出なくても挑戦し続けることに意味がある」という言葉がとても心に響きました。

投稿者:カドマン/30代/男性

紗絵さんと洋子さんの二人三脚な姿に感動しました。応援しています。東京まであと少し一層頑張って下さい。

投稿者:カッキー/50代/女性

感動しました!2人の関係がとてもよくほっこりしました。吉江まりもさんの心のこもった優しいナレーションが心に響きました!周りを気にせず自分の意思で決める大切さ伝わりました。また、まりもさんのナレーションを楽しみにしています。

投稿者:まるもり

「障害があるなしに関わらず、頑張っている人はみんなカッコいい」「健常者でも食べ物に好き嫌いがあるだけでも欠けている」
遅ればせながらも私もこれから、人の目を気にしないで自分のしたい事を信じて生きる生き方をしなければと改めて思わされました。
パラスポーツのみんながんばれ!

投稿者:菊池/50代/女性

吉江まりもさんのナレーターがとても素晴らしかったです。
番組のあたたかい雰囲気とマッチしていました。

投稿者:ばんび/30代/女性

2人の関係性が特別感というかお互いをリスペクトしていたのが印象的だった。
障害者、アスリートと指導者という枠組みを超えた雰囲気が良かった。

投稿者:noah /40代/男性

スポーツだけでなく…
信頼関係の大切さを改めて感じた。
愛情とか努力とか…
言葉だけと思ってたけど形が見えた。
教える側と教えられる側…
何方にも当てはまるストーリーだった。
パラリンピック応援したいと思います!

投稿者:m@s@/40代/男性

吉江まりもさんのナレーションが心がこもっていてすごく良かったです。

投稿者:だい/30代/男性

番組内容はもちろん良かったですし、何より吉江まりもさんの温かく優しい声、そして見ていて映像に邪魔にならないナレーションが更に番組の質を高めていたと思います。ナレーションの吉江まりもさんにも賛辞の拍手を送りたいと思います。そして重本沙絵さんと水野洋子さんをこれからも応援しています。

投稿者:タカ/30代/男性

紗絵さんのパラスポーツに向き合うことや、そこで揺れる気持ちと、洋子さんとの信頼関係と洋子さんが期待している気持ちに、感動しました。
パラスポーツに対する自分の見方が変わりました。
ありがとうございます。

投稿者:ぐうすう/50代/男性

パラリンピック陸上選手と監督の絆を感じる心温まる内容でした。ナレーションがとてもきれいな声で丁寧で聴きやすくこの感動ストーリーに合っていて心に響きました。

投稿者:ハリス/30代/女性

月に一度の料理会は水野さんの提案で始められました事なのでしょうか。お互いに色々とお話が出来ますので信頼関係もより強まるでしょうね。周りの環境に左右されません強いお気持ちで今までの練習されてこられました事がまずはしっかり出せます様に願っています。水野さんと共に頑張って下さい。

投稿者:渡辺/40代/男性

現在二児の子育て真っ最中です。
監督の「子供は五体満足でいてほしいという願いがあったので障害者と聞いて戸惑った」「でも、ほんの一部が欠けているだけで、人はみんな何かが欠けているのだから同じだ」という言葉に考えさせられました。
東京パラリンピックを今までとは違った視点で観られるのではないかと思います。
沙絵さん、監督、二人三脚で頑張って下さい。応援してます。

投稿者:ハピこ/30代/女性

パラスポーツにすすむ葛藤も素直にお話しされていて、お強い方だなぁと思いました。ナレーションも、やさしいけど、はっきりとした感じが、お二人の優しさと強さにあっていました。

投稿者:むうまま/30代/女性

ふたりの絆と信頼関係により、これほどまでにさえさんの潜在能力が高まり更なる高みへ少しずつ近づいていけるのですね。素晴らしい!更にナレーションの吉江さんの優しく温かな語りに癒されました。

投稿者:まり/60代/女性

パラスポーツをされている方の、生きる目標を持った姿勢が伝わってきて本当にまぶしく見えました。
ナレーションの染み込むような話し方とともに感動しました。

投稿者:いちじく/60代/男性

番組スタッフから

photo

私の父は、生前ソウルパラリンピック(1988)にコーチとして出場していました。父が情熱を注いだのはどんな世界だったのか。私はリオ大会からパラスポーツの取材を続けてきました。

私はいわゆる“健常者”。パラの選手たちと付き合うのは、はじめは正直戸惑いの連続でした。例えば、今回取材した選手の重本沙絵さん(右腕が肘まで)と一緒に食事をすることになった時のこと。スプーンとフォークの2本を使って取り分けるサラダは、一緒に沙絵さんの分も取り分けた方がいいのか、はたまた取り分けようとするその行為が「できないでしょ?」という風なメッセージに見えて失礼にあたらないか、いやそもそもこんなことを考えてしまっている時点で失礼ではないか・・・。食事を終えた時には、胃袋は満たされたものの、逆に脳はガソリン切れになっていたのを今でも覚えています。でも、実は答えは簡単でした。どうすればいいかな、と迷った時は「どうしてほしい?」と素直に聞けばよかったのです。人と人の関係は、コミュニケーションひとつで変わるものだな、とあらためて気づかされました。それと同時に、自分がいかに“型”にはまった人間だったか、思い知らされた気がします。

今回の番組は、沙絵さんの目線だけでなく、健常者である監督の水野洋子さんの視点もクロスさせて作りました。洋子さんは4年前にはじめてパラの世界に飛び込んだ人。それまで障害がある人と接したことはなく、はじめは私と似たような戸惑いがあったようです。しかし、その先に待っていたのは、価値観を大きく変える新たな気づきと、これまでにない居心地の良さ。洋子さんは今、「パラ陸上に人生を大きく変えてもらった」と話します。

一方、今や世界で活躍する選手の沙絵さんも、実は最初パラの世界には入りたくなかったんだそうです。それでも、洋子さんと出会い自分を磨くうちに、当初の思いはいつのまにか消え去り、自分が生きるのはこの世界だ、と確信を持ったと言います。

沙絵さんと洋子さん、ふたりはパラリンピックの世界から何を得たのか。東京パラリンピックまであと1年のタイミングで、ふたりの姿をじっくり見つめてみました。

(ディレクター 濱田悠歩)

番組内容

スポーツドキュメンタリー「沙絵さんと洋子さん~パラが私たちにくれたもの~」

「パラ陸上が、まさか私たちをこんなに変えてくれるなんて」。そう笑顔で語るのは、リオパラリンピック陸上の銅メダリスト・重本沙絵選手(24)とその監督水野洋子さん(50)。元々パラ競技には関心がなく、障害者の世界とは“距離を置いて”生きてきた2人。人に勧められ、半信半疑で飛び込んだパラ陸上の世界で出会い、二人三脚で始めた競技生活の中で2人は居心地の良さを見つけていく。パラ競技のチカラっていったい何?

出演者ほか

【語り】吉江まりも

チャンネル

  • 2019年8月23日(金) 午後10時50分(30分)
  • 2019年8月24日(土) 午前10時55分(30分)
  • 2019年10月5日(土) 午後5時00分(30分)

編集部のおすすめ