もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

なでしこジャパン・長谷川唯選手
スポーツ×ヒューマン「自由とひらめきと泥臭さと~なでしこジャパン 長谷川唯」
みんなの
レビューは
こちら

スポーツ×ヒューマン「自由とひらめきと泥臭さと~なでしこジャパン 長谷川唯」

  • 2019年6月10日(月) 午後8時00分(45分)
  • 2019年6月15日(土) 午後0時00分(45分)
  • 2019年6月20日(木) 午前1時45分(45分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

なかなか鼻っ柱の強そうなお嬢さんだ、小さいころの悪がき話など笑ってしまう。頑張れば澤さんくらいのことはできそう!、といわんばかりの怪気炎が頼もしい。多分、高くなった鼻をへし折られることもあると思うが、絆創膏とか貼ってそしらぬ顔で走り回っていてほしい、そんなことを思ってしまう逸材。

投稿者:マドリー/60代/男性

番組スタッフから

photo

【この番組を企画したきっかけ】 
当初は、サッカー好きのスタッフが集まって何気ない世間話をしているときに「そういえばもうすぐ、なでしこのW杯開幕だね〜」と軽いノリで立ち上がったのがきっかけ。
とはいえ、なでしこの誰を主人公に描くのか!?という話になり、一からなでしこの試合映像を観たり選手たちをリサーチしていると、ずば抜けてすごいプレーをしていたのが長谷川選手だった。
彼女を撮りたい、、、そこから長谷川選手を主人公にこの番組がスタートした。

【制作でこだわった点、もしくは、苦労した点】 
長谷川選手を初めて取材した日、あまりのイメージのギャップに驚かされた。
そこにいたスタッフ全員が「小さい!」正直にそう思った。小柄で細身の体からはボールを蹴る姿すら想像できないほど、どこにでもいる若い女の子という印象だった。けれど、ひとたびボールを持つと体格とは裏腹にそのスケールの大きなプレーに興奮を覚え、撮っていても楽しくて仕方がなかった。
小さな体で大きなビジョンを持ってプレーしている彼女のギャップを描きたいと思って、そこを表現するための画作りを意識した部分がこだわり。

【取材をする中で印象に残った言葉】
一番印象に残っているのは「私がやらなきゃいけない」と、いつも断言していたこと。
立場は違えど自分が22歳だった頃、あんな堂々としていただろうか、常にブレず先を見据える長谷川選手の言葉が素直にかっこよく思えた。
 
(番組ディレクター)

番組内容

スポーツ×ヒューマン「自由とひらめきと泥臭さと~なでしこジャパン 長谷川唯」

6月のサッカー女子W杯で、世界一奪還を目指すなでしこジャパン。その鍵を握るのが、若き司令塔、長谷川唯(22)だ。チーム戦略は、速いパスワークを使った攻撃的なサッカー。長谷川は高い技術と的確な判断力で、チームの核となる。しかし、春に行われた仏など強豪チームとの強化試合では、様々な課題が浮き彫りになる。長谷川たちヤングなでしこは、世界の壁にどう立ち向かい、乗り越えようとするのか。成長の軌跡を見つめる。

出演者ほか

【出演】女子サッカー日本代表…長谷川唯,【語り】黒島結菜

チャンネル

  • 2019年6月10日(月) 午後8時00分(45分)
  • 2019年6月15日(土) 午後0時00分(45分)
  • 2019年6月20日(木) 午前1時45分(45分)

編集部のおすすめ