もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

USAビンテージ家具を探す旅 ロサンゼルス
世界はほしいモノにあふれてる▽アメリカンビンテージ家具を探す旅 ロサンゼルス
みんなの
レビューは
こちら

世界はほしいモノにあふれてる▽アメリカンビンテージ家具を探す旅 ロサンゼルス

  • 2019年5月23日(木) 午後10時30分(50分)
  • 2019年5月28日(火) 午前1時10分(50分)
  • 2019年8月20日(火) 午前9時05分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

今度、二人のデュエットが見たい、聞きたい。

投稿者:fuku/50代/女性

いつも楽しく拝見しています。特に今回のビンテージ家具には興味がありました。バイヤーさんおふたりのこだわり、愛情が伝わってきましたし、またJUJUさんと三浦春馬くんのリアクションがさらに楽しく。次回も楽しみにしています。そして、いつかこの番組を書籍化して欲しいです。

投稿者:まろん/60代/女性

50sといえば、アメリカングラフティーの映画を思い出します。豊かなアメリカの時代。ファッションも家具、電化製品もデザイン性に富み、現代でも色褪せない。家具も修理、再生して長く使う事は、地球にも優しい。椅子の張替えも意外と簡単!ジュークボックスもいい味だしてますね。眼鏡男子の春馬さんも素敵でした。

投稿者:LOLA/女性

若い時から北欧やイタリア家具が大好きで、自分の部屋も出来るだけ楽しんでいますが、今回アメリカンビンテージ家具を見て、新たに心が揺れました。新しい発見です。チェックしてみます。

投稿者:おたか/70歳以上/女性

番組スタッフから

バイヤー’sVOICE
株式会社ACME ACME furniture プロダクト事業部 バイヤー・企画 東由香里さん
株式会社ACME ACME furniture プロダクト事業部 バイヤー 設樂真也さん

Q)普段どんなものを買い付けていますか?
A)(東さん) 主にアメリカのインテリア用品。家の中にあるもの。
ヴィンテージは40年代後半から60年代のものが多いです。
A)(設樂さん)主にアメリカのミッドセンチュリー期に造られた、デザイン豊かな家具や照明器具、雑貨品を買付けています。

Q)買い付けのこだわりとその心を一言でお願いします。
A)(東さん)心地よく家で過ごしている暮らしを夢想して買い付けをしています。
そして、モノとは一期一会の出会いなので魅力的に映るものは、即決します。
手の届く価格で提供できること、モノの数年後の状態を想像すること、実用性や快適性と、フィーリングを大切に選んでいます。
A)(設樂さん)Vintageとの出会いは一期一会だと強く感じます。
後悔しない買付けを心がけています。

Q)今回、番組収録に参加してみての感想、見どころをお願いします。
A)(東さん)楽しい収録でした。
作り手のおもいが込められたモノ、大切に受け継がれたモノが海を渡り、JUJUさんと三浦さんの手により息を吹き返すところが見どころです。
アメリカで定着している家で楽しむ文化を通して、ご自身の好みの暮らしのインスピレーションに繋がると嬉しいです。
A)(設樂さん)私たちの普段の業務が番組になるなんて!と、とても驚いています。
収録を通して、この仕事のやりがいや楽しさを改めて感じ気付かせて頂きました。
スタジオ収録で椅子座面の張替えをJUJUさん三浦さんに体験して頂いたのですが、私が手を出すことなく最初から最後までお二人で夢中になってやりきってしまった事にビックリしました!視聴者の皆さまにも是非チャレンジしてもらえたら嬉しいです。

番組内容

世界はほしいモノにあふれてる▽アメリカンビンテージ家具を探す旅 ロサンゼルス

ロサンゼルスで「アメリカンビンテージ家具」を探す旅。インテリアショップの若手バイヤーが狙うのは「ミッドセンチュリー」と呼ばれる1950年代前後に作られたもの。その時代の家具は高級木材がふんだんに使われ、有名デザイナーが手がけた名品ぞろい。その美しさに三浦春馬とJUJUも大興奮!そんなお宝家具を巡って世界のバイヤーたちと争奪戦が!?さらにビンテージ家具を引き立てる日本未上陸の素敵な雑貨も発掘!

出演者ほか

【出演】三浦春馬,JUJU,【語り】神尾晋一郎

チャンネル

  • 2019年5月23日(木) 午後10時30分(50分)
  • 2019年5月28日(火) 午前1時10分(50分)
  • 2019年8月20日(火) 午前9時05分(50分)

編集部のおすすめ