もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

大谷翔平 インタビュー
NHKスペシャル選「メジャーリーガー 大谷翔平~自ら語る 挑戦の1年~」

NHKスペシャル選「メジャーリーガー 大谷翔平~自ら語る 挑戦の1年~」

  • 2018年11月4日(日) 午後9時00分(50分)
  • 2018年11月7日(水) 午前0時40分(50分)
  • 2018年11月23日(金) 午前9時00分(50分)
  • 2018年12月31日(月) 午後3時05分(50分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

番組スタッフから

“野球の神様”ベーブ・ルース以来の“二刀流”選手として、メジャーリーグで歴史を刻んだ大谷翔平選手(24)。投げては160km超の剛速球やフォークで三振の山を築き、打っては150㍍に迫る特大ホームランを打つ。デビューから時を待たずして本場アメリカのファンの心をがっちりつかみました。

そんな野球選手として非の打ちどころがない大谷選手。気になるのは、大谷選手ってどんな人なんだろう?どうやったら投打であの高いレベルに達するのだろう?何を食べているのだろう?などなど。交渉を重ねた末、大谷選手の取材が許され、シーズン終了後にはインタビューにも応じてくれました。
インタビューを行ったのは「トミー・ジョン手術」の2週間後です。大谷選手は私たちの“知りたい”に笑顔も交えて応えてくれました。手術のことから、開幕前の大不振の際、あのイチロー選手の家を訪ね、アドバイスを求めていたこと。そして6月に右ひじのケガで戦列を離れ、姿を消していた時、「引きこもるほど落ち込んでいた」こと。さらにメジャーを代表するバーランダー投手との対決やアメリカでの生活まで明かしてくれました。
番組は、こうした大谷選手の言葉を大切に組み立てました。コメントでリードしてインタビューをはめるのではなく、あえて、使いたいインタビューの前後の言葉ややり取りも入れることで大谷選手の“人柄”や“雰囲気”を表現しようと考えました。
今回の取材で驚いたことがあります。9月5日、「トミー・ジョン手術」を医師から勧告された日のことです。数時間後の練習でカメラが捉えたのは“笑顔”の大谷選手。そしてその日の試合に志願して出場し、2本のホームランを打ったのです。失敗も成功も、そして試練をも自分の成長につなげてしまう大谷選手。あの状況で、笑顔で大活躍する姿を見て、野球の最高峰メジャーリーグでも、きっと“真のスター”になると感じました。
実は、大谷選手は“二刀流”という言葉を使いません。インタビューの時間に限りもあり、そのことを深く聞くことは出来ませんでしたが、おそらく“打って”“投げる”、少年時代の「野球」が今も大谷選手にとって当たり前だからなのだと思いました。

今回の番組は、激動のデビューシーズンを大谷選手自らが語った記録です。「野球がうまくなりたい」と海を渡った“努力する天才”大谷翔平選手の進化の物語はまだ始まったばかり。これからも追い続けます。

(番組プロデューサー 小倉 洋平)

番組内容

NHKスペシャル選「メジャーリーガー 大谷翔平~自ら語る 挑戦の1年~」

投手として4勝、打者としてホームラン22本。あのベーブ・ルース以来の“二刀流”選手として野球の本場・アメリカの常識を覆す活躍を見せた大谷翔平選手。一方で、右ひじのけがによる戦列離脱や打撃不振、シーズン終了直後に手術を受けるなど激動の1年を送った。“野球がうまくなりたい”と最高峰の舞台で挑み続ける姿を取材、さらにインタビューで明らかになる“二刀流”進化の真実。大谷翔平選手のメジャー1年の記録。

出演者ほか

【出演】大谷翔平,【語り】広瀬すず

チャンネル

  • 2018年11月4日(日) 午後9時00分(50分)
  • 2018年11月7日(水) 午前0時40分(50分)
  • 2018年11月23日(金) 午前9時00分(50分)
  • 2018年12月31日(月) 午後3時05分(50分)

編集部のおすすめ