もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

激論の“トリエンナーレ”~作家と市民の75日~
目撃!にっぽん「激論の“トリエンナーレ”~作家と市民の75日~」
みんなの
レビューは
こちら

目撃!にっぽん「激論の“トリエンナーレ”~作家と市民の75日~」

  • 2019年11月17日(日) 午前6時10分(35分)
  • 2019年12月20日(金) 午後2時05分(35分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

時系列に沿って、参加作家に焦点を当てた内容が分かりやすかった。snsや電凸などで、みんなが反日などの同じ言葉を使う様がしんどかったので、参加作家たちの人の温度が感じられる言葉が聞けて嬉しかった。作家が対話の場を作ったこと、そしてこの現象を取り上げてくださったことに希望を感じます。

投稿者:あい/女性/30代

今日の目撃にっぽんは、見る気がしませんでした。
まぁ、しょうがないから観ましょうぐらいで見ていました。
昭和天皇の写真を焼き灰を踏みつけらしいですね、大変不快です。誰の写真でも同じです。

投稿者:あきちゃん/男性/50代

怖気づかず議論を起こし、その渦中に入りよく聴き、よく伝えようとするアーティストをはじめとした人たちに尊敬の念を抱きました。
すぐに分かり合えるものではないし、分かり合えないままであることもあるけど、そのことに触れることを避ける必要はないし、相手にひどいことを言う必要もなく、考え方が一つではないことを知り、自分の立場について改めて考えてみたりできるといい。

投稿者:GC/男性/20代

中止してほしい視点からの番組も是非放送して下さい

投稿者:なな/女性

番組内容

目撃!にっぽん「激論の“トリエンナーレ”~作家と市民の75日~」

波紋を広げた「表現の不自由展・その後」の中止。「日本をおとしめる展示は撤去を」「公共の場だからこそ、さまざまな表現を可能にすべき」―激しい議論が巻き起こる中、アーティストたちは、誰でも自由に発言できる“対話の場”を開いた。交わらないように見えたそれぞれの主張。その中で、作家たちは厳しい批判を受け止め、作り手としてのあり方を自問自答した。作家と市民が本音でぶつかり合った75日を追った。

出演者ほか

【語り】ayako_HaLo

チャンネル

  • 2019年11月17日(日) 午前6時10分(35分)
  • 2019年12月20日(金) 午後2時05分(35分)

編集部のおすすめ