もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

おせっかい不動産
目撃!にっぽん「おせっかい不動産」
みんなの
レビューは
こちら

目撃!にっぽん「おせっかい不動産」

  • 2019年4月7日(日) 午前6時10分(35分)
  • 2019年5月12日(日) 午前6時10分(35分)
  • 2019年5月17日(金) 午後2時05分(35分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

斉藤さんに会ってみたいです。

投稿者:HARU/60代/男性

心温まるドラマ、すばらしかった。
ありがとうございます。

投稿者:わたなべくにひろ/70歳以上

自分が経験して相手の気持ちもわかる。世間のペースについていくのが苦手な人のフォローして活動している。その人達にも自分が助けられている。

投稿者:りえ/50代/女性

途中から放送を見たのですが、人間見のあるすばらしい女性だなと感心しました。一度お会いしたいです。もう一度放送を見たいです。宜しくお願いします。

投稿者:大分の爺やん/60代/男性

とても良かった。不動産を経営してる方の、人に対する接しかたが、私はとても心に響きました。心に染みますね。温かく心のおせっかいは、とてもできることではないので、人と人でお互いに支え合っていくこと。今の世の中大切な事だと思います。すてきなおせっかいで、人がみんな幸せになってゆく、仕事住むところ大事なことつずけてください。応援します。

投稿者:ひまわり/40代/女性

泣けました。おせっかいが、うざいと言われる現代。仕事とは言え、ここまで面倒を見れるなんて凄いです。齋藤瞳さんを応援したくなりました。これからも泣きながら、とても大変だと思いますが頑張ってください。

投稿者:yossy2man/60代/男性

虐待されている女性の部屋の保証人問題。大家さんの立場もわかる行政の方で、昔で言う駆け込み寺みたいな、本人が逃げ込める避難場所を都道府県で設置して欲しいとせつに願います。

投稿者:たまちゃん/60代/女性

他人に寄り添う、なかなかできる事ではない。行政が政治がもっと関わり皆が支え会える地域づくりを目指せたら良いと思う。感心しました。

投稿者:ターさん/60代/男性

こんな若い女性がいることに感動しました。


投稿者:roko/70歳以上/女性

色々な選択がある中で、こういう選択を出来る人が居て救われる。自分は突き放す側にいるが、救う側が具体的にいるのを見て申し訳ないがホッとする。

投稿者:鰹/50代/男性

温かい不動産屋さんですね。
もう一度みたいですね。
終わり際に、見ただけなので…。

投稿者:高橋忠敏/50代/男性

泣けた。

投稿者:I/40代/男性

人の痛みが分かるからこそこういう事が出来るのでしょうね。
自分も人の助けになれたらと思います。齋藤さん頑張れ(^-^)/

投稿者:F-ヒロシ/60代/男性

暗い報道されている中に世の中にこんな方がいらっしゃと思い考えさせられ、泣かされてしまいました。私にも46歳の娘がいますが、統合失調症の閉じこもりの状況で二人で悩んでいます。斉藤さん陰から応援します。

投稿者:終戦っ子の芳ちゃん/70歳以上/男性

おせっかいこそ、日本の文化。温かな話しをありがとうございます。再放送を望みます。茨城県内の不動産屋さんも見て欲しい番組ですね。私は、レディースアパレル小売店舗を経営しております。

投稿者:はとみ としあき/50代/男性

私は74歳で妻と別れ現在77歳になります。一応会社の代表ですが 個人事業者みたいなものです、現在も現役で仕事をしています。40坪の家に住んでいます なにか役にたてるきがします。

投稿者:たかしちゃん/70歳以上/男性

こんな方が増えてほしい。
今日本に一番貴重な場所です。

投稿者:マロン/60代/女性

NHKさんだからこそ、制作出来た番組だと思います。これからもこのような番組をお願いいたします。

投稿者:ゴロー/60代/男性

不動産業の枠を越えた、なかばボランティアのようなお仕事なのに、お客様のために一所懸命奔走される姿に胸を打たれました。過去のご自分の経験も影響しているのだけれど、前向きに困っている方々の力になろうという、見返りを求めない福祉の精神を見たような気がします。是非ともゴールデンタイムの再放送を希望します。

投稿者:ケンケンママ

おせっかいをする側の気持ち、される側の気持ち、合致した時のうれしさ、しなかった時のがっかり感、よく感じとれました。再放送を望みます。

投稿者:たくみ/50代/男性

感動した。
おせっかい?福祉貢献だと思う。

投稿者:マチ/女性

偶然、見ましたが、始まってすぐ、引き込まれました。とても考えさせられる、よい番組でした。本当に必要なことを、今すぐ必要な人に。きっと斎藤さんは、そういう危機感を自分の肌感覚で察知して動ける方なのでしょう。すばらしいと思いました。今日は選挙の投票日、「政治を変えて社会を変えて」を待つ余裕のない方々の存在を思いつつ、私も何が自分にできるのか考えながら。

投稿者:milk/60代/女性

たまたま朝早く目が覚めたので、蒲団の中で見ていたら、紹介されたすばらしい取り組みに感動しました。是非再放送が見たいので、よろしくお願いします。

投稿者:なのに/60代/男性

おせっかい不動産の番組を見せて頂き、当社と同じ様な不動産屋さんがあるんだなぁと思って見ておりました。本当に色々な事情を抱えている方がいる中、なんとかしなければと、いつもいつも考えて行動をしております。娘には、母さん、いい加減に自分の事を考えてね。と言われっぱなしです。あたわった性格なのでしょうか。とにかく、ほっとけないのです!

投稿者:ニッチ/60代/女性

泣きました。人と関わるのが好き。私もかなぁと。でも泣いても良いんだよと。斎藤さん(社長)言われたとこ。お父さんに逢いに行くか悩んで相談した時まず、やるかやらないか悩んだらやって後悔、やらないと始まらない、まず、やって見る事、なるほどと。

投稿者:まちゃみ/50代/女性

番組スタッフから

photo

【番組の見どころは?】
不動産屋の女性の「おせっかい」は、次々と人に変化を生み出していきます。かつて生活保護を受けていた男性は働くことに生きがいを見つけ、虐待といじめで引きこもっていた少年は外に出るきっかけを掴みます。そして生き別れた父親の姿を知らずに生きてきた40代の男性は…?
どんな相談にも応えようと「おせっかい」を焼き続け、奔走してきた不動産屋の女性。涙を流し、初めて弱気を見せた理由とは…?

【制作で苦労したことは?】
番組を作ったのは、3月末まで新人だった、女性ディレクター。去年10月、「おはよう首都圏」でこの不動産屋をリポート。以降、コツコツ通いながら取材を深めていきました。様々な事情を抱える人たちの取材は、決して簡単に進むものではありませんでしたが、人の人生を取材させてもらうことの覚悟を学びながら、体当たりの取材で作りました。

【今回のナレーター紹介】
ナレーターは、女優の石橋菜津美さん。今年1月~3月に放送されて話題になったNHKドラマ「ゾンビが来たから人生を見つめ直した件の主人公を演じたあの女優さんです。ドキュメンタリー番組を見るのが好きで、ずっとNHKのドキュメンタリーのナレーションをやりたかったとのこと。今回が念願の初ナレーションです。

【ナレーター石橋さんの感想は?】
さまざまな事情を抱えた人たちが出てきますが、それぞれの人生があることを感じられる番組でした。生き別れていた父子の40年ぶりの再会のシーンがリアルで印象的でした。

(番組プロデューサー)

Human

各地で生きる人々の表情、それぞれの生き方。
NHKの数々のドキュメンタリーから生まれた、「ひと」に焦点を当てた動画をお届けします。

HUMAN動画バナー

番組内容

目撃!にっぽん「おせっかい不動産」

横浜にちょっと変わった不動産屋がある。客のほとんどは生活保護受給者やDV被害者など事情を抱えた人たち。家賃滞納などのリスクから、他の不動産屋では部屋を紹介してもらえず駆け込んできた。代表の齋藤瞳さんはそうした人たちのために、大家に手紙を書いたり直接訪問して契約にこぎつける。そして、入居後も見回りや交流会をして、孤独を抱える人たちを支えようとしている。齋藤さんの仕事に密着した。

出演者ほか

【語り】石橋菜津美

チャンネル

  • 2019年4月7日(日) 午前6時10分(35分)
  • 2019年5月12日(日) 午前6時10分(35分)
  • 2019年5月17日(金) 午後2時05分(35分)

編集部のおすすめ