もっとNHKドキュメンタリー もっとNHKドキュメンタリー

元エリート会社員の引きこもり支援
目撃!にっぽん「不器用でもいいじゃない~元エリート会社員の引きこもり支援~」
みんなの
レビューは
こちら

目撃!にっぽん「不器用でもいいじゃない~元エリート会社員の引きこもり支援~」

  • 2018年7月1日(日) 午前6時15分(35分)

みんなのレビュー

あなたが番組を見た感想は

0
面白かった
0
泣けた
0
癒やされた
0
発見が
あった
0
考えさ
せられた

(感想スタンプはどれか1個だけ押せます。)

よかった。やはり人柄ですね。つい相談したくなる。

投稿者:yumetiyo

自分が生かされた御礼、この世の中は、生まれる前より良くなっていて欲しい。
どうぞ、引きこもっている方々が、この世に生まれて面白かったと言える人生を、手に入れられますように。祈りつづけています。

投稿者:マタサブ

途中から見たのですが、出演者の方たちが何だか自分と似ている気がしたのです。
ある部分、私も不器用です。
でも、少し器用な部分もずる賢さもあって、何とか働けてます。無理が重なるとパニックを起こしてしまいます。
「ひきこもり」は誰にでも起こり得る事だと思いわされました。
無理しなくて、自分らしく生きていけばいいよ。と思わされました。見て良かったです。

投稿者:あくび

ご本人、親御さん、支援する方と支援。
不器用で誠実な想いが丁寧に描かれていて、もう少し生きやすい社会を願わずにいられない。

投稿者:ゆか子

年金生活者ですが小生にも43才の引きこもり(?)男子がいます。
番組を拝見して、答えは導き出せませんでしたが考えさせられました。今は本人の気持ちを理解出来るよう考えてみたいと思っています。小生が亡くなり一人になってしまった時の事を考えると今やれる事をやろうと思っています。

投稿者:ぶくすけ

お金の面からアプローチする、視点に感心し、興味を持ちました。
こういう活動をされる方々の素晴らしさを感じるとともに、この方々の生活や精神面は、大丈夫だろうか?と心配も感じました。

投稿者:さと

引きこもりを否定するのではなく、引きこもりの人を肯定して接する姿に引き込まれた。

投稿者:トレント

興味深くみたのは、具体的な金額を示す導き方。それにより月3万くらいの収入で大丈夫ならばと就労に前向きになられた方もある。一方、持ち家でなかったり親の貯金が皆無ならば現実は厳しく、親世代の格差が次世代へ続く事は避けられない。どの人も大事な我が子で、大事な働き手であるはず。出来る事、頼りにされている事を働く喜びに感じられる日のくる事を願う。

投稿者:ななわんこ

自分も病気で引きこもっていた時期があったので、心にしみました。番組に登場された方々がうまく行くことを祈っています。

投稿者:やまだ

時には、保健師や社会福祉士といった専門職ではなくて、阿部さんの様に全く別の仕事をしていた人の視点が、生き辛さを抱えた人々を支えるヒントになるという事がよく分かる35分間でした。
阿部さん、また是非お仕事でご一緒しましょう!

投稿者:Lucy

自分もかつて学生時代にひきこもりになり、また社会人になって職場でもうつ
になりかけたこともあります。阿部さんと阿部さんが支援する方々の両方に共感しました。阿部さんにもっと話を伺いたいなと思いました。

投稿者:石田 恒

番組内容

目撃!にっぽん「不器用でもいいじゃない~元エリート会社員の引きこもり支援~」

カギは“お金”と“愛”。東京・池袋に、ひきこもる人たちを次々と社会復帰させ、多くの当事者や親たちに頼みとされ奮闘を続けている人情派オジサン相談員がいる。「アベタツさん」こと阿部達明さん、56歳だ。かつてはエリートビジネスマンだったが大きな挫折を経験。自らも家に閉じこもった過去がある。人々の悩みと向き合い不安を和らげていくアベタツさん独自の方法とは…。

出演者ほか

チャンネル

  • 2018年7月1日(日) 午前6時15分(35分)

編集部のおすすめ